吉野家待望の親子丼 不適切発言にマジ切れした40女の食ルポ

コクハク編集部
更新日:2022-04-23 17:58
投稿日:2022-04-23 06:00

親子丼をどうぞ

親子丼です (C)コクハク
親子丼です (C)コクハク

 はい、突然ですがここで親子丼をどうぞ。

 どうですか、鮮やかな玉子の黄色がおいしそうでしょう? ネギの緑も美しいでしょう?

 鶏肉と玉子で「親子丼」だなんてよく言ったもんですよ。見習いたい、そのセンス。

アレな発言がアレしたアノ店

あの発言にはドン引きですわ…(C)日刊ゲンダイ
あの発言にはドン引きですわ… (C)日刊ゲンダイ

 実はこちら、牛丼チェーン大手の吉野家が4月19日から発売を開始した新メニューなんです。って、記事タイトルを見ればわかりますね。すみません。

 なんでもこの親子丼、開発に10年かかった超大作なのだとか。本来ならば、発表会を開いたり、にこるんこと藤田ニコルさんを起用したテレビCMもあったというのに、なんとも寂しい門出になってしまいました。

 ほんま「生娘をシャブ漬け」普通出てこない例えやで。どういう性癖しとんねん。ええ大人の男が言うことちゃうぞ! えらい華々しい経歴やのに、何を勉強してきはったんですかねえ。ドン引きですわ。

 とはいえ、食べ物には罪はない! さっそく吉野家に足を運んだ次第です。生娘ちゃうけどな。ごめんやで(怒)。

改めて、親子丼です

とろとろ玉子は正義! (C)コクハク
とろとろ玉子は正義! (C)コクハク

 では改めて、吉野家の親子丼の説明をば。公式HPによると

とろりなめらかな玉子、ぷりっとした鶏肉、シャキっとした玉ねぎ、それぞれの食感を楽しめる吉野家特製たれをたっぷりと使った一品です。

 とのこと。

 確かに! 玉子がとろっとろなんですよ。頑張ってお箸で食べたけど、スプーンにすればよかった。

 玉子がね、輝いてんの。もう神々しいわ。

 甘しょっぱいたれの香りがまた、食欲をそそるんだな。

存在感アピールに余念のない鶏肉さん (C)コクハク
存在感アピールに余念のない鶏肉さん (C)コクハク

 鶏肉もがっつり! 存在感を発揮しています。

 この大きさですが、柔らかくてとってもジューシー。たれと肉汁が口いっぱいにあふれて、うーん至福♡

いい色に染まったタマネギさん (C)コクハク
いい色に染まったタマネギさん (C)コクハク

 そしてこのあめ色のタマネギよ。クタクタかと思いきや、ちゃんと食感を残しています。お見事! さらにお米もべちゃべちゃしておらず、最後までおいしくいただけました。

 アラフォー女でも並盛をペロっと完食。しかも22時頃食べたのに、翌朝の胃もたれゼロでした! これなら、飲みのシメにもいけるな……なんて思っちゃいましたよ。ダイエットは明日から!

 このクオリティで税込437円(並盛)っていうのはかなりお得! 10年間の開発の重みと、おいしさへの執念を感じました。もっと華々しくデビューしたかっただろうよ……。筆者でさえそう思うのに、開発さんや広報さんのお気持ちたるやいかばかりか。

 ほんま、口は災いの元やで。恐ろしいこっちゃ。

おわりに

ケチがついてしまったけど、味は間違いない! (C)コクハク
ケチがついてしまったけど、味は間違いない! (C)コクハク

 と思ったら、なんとTwitter上で「吉野家の親子丼が売り切れだった」という報告が多くあがっているとのこと。

 確かに、筆者が店内で食べている時もひっきりなしに「親子丼」の注文が入っていました。この騒動が、みんなの関心を集めたのかもしれません。興味がある方は、早めに食べることをおススメします!

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...