激安で激ウマ!三ノ輪の「しらすどんどん」2022.4.19(火)

コクハク編集部
更新日:2022-04-19 06:00
投稿日:2022-04-19 06:00

行列のできる「しらす」が名物の干物専門店

決して広いとは言い難い小屋のようなお店です(C)コクハク
決して広いとは言い難い小屋のようなお店です (C)コクハク

 お散歩の気持ちいい季節。前々から気になっていた東京・三ノ輪にある「餃子専門 さかい食品」を目指し、てくてくしてきたのですが、その途中で行列のできているお店が一軒……。並んでいる方々は見るからに地元民、ご近所さんです。

 軒先には藍色の暖簾に「しらすや」の文字、しらす専門店? 食いしん坊としては、そのまま通り過ぎるなんて……できません!

 看板らしきものが見当たらず、聞けば「しらすどんどん」という店名だそう。しらす以外にも、アジの干物やうるめ丸干し、辛子明太子などを取り扱っているとなれば……「朝食のお供」「晩酌のお供」に強いってやつや。

 列の最後尾に並ぶこと、10分。入店します……といっても、とても小さなお店です。商品の陳列された棚を挟んで、店主とお客さんが向かい合うカウンター形式。目線の先のホワイトボードには、しらすだけでも3種類の用意があるときた。

・岡山 うま味(サービス品)100
・淡路 特上うすしお 150
・徳島 ふっくら太白しらす 130

 数字の単位は100gあたりの価格。100gでどのくらいのボリュームなのか、いまいち想像がつきませんでしたが、それでも、お手頃なのは間違いないんじゃない?

ただものではない感の漂う店先

都電荒川線三ノ輪橋駅のすぐ近く(C)コクハク
都電荒川線三ノ輪橋駅のすぐ近く (C)コクハク

 3月の平日夜に伺ったのですが、サービス品のしらすは、すでに売り切れ。130円か150円の二択です。

 ご店主「どちらにしましょ?」

 筆者「130円と150円のしらすの違いってなんですか? 20円高い方がやっぱり、おいしいんですか??」

 ご店主「いやあ、単純に仕入れ価格が違うんですよ。あとね、身の大きさが違うの。淡路のものは本当に薄味で身が小さくてね。徳島は身が大きくて、食べ応えがありますよ。どちらがおいしいというより、好みですね」

 そんな具合に丁寧に説明いただき、現物のサンプルまで見せてくださいました。

 ご店主「温かいご飯はもちろんだけど、お客さんに聞いたら、冷や奴にしらすを乗せて、オリーブオイルをひと回りかけたらおいしかったって言ってたよ!」

(ゴックン……)←筆者の生唾を飲む音(失礼をいたします)

 大ぶりのしらすを豪快にいただく夢のような晩酌シーンが目に浮かび、130円のしらすを200グラム分購入しました。260円ナリ。

 200グラム? 相当な量でした。透明なビニール袋にたーっぷり。両手で受け取ると、「おお♡」と思わず笑みがこぼれるぐらいのボリュームです。

 新鮮なしらすが良心的な価格で買えるとなれば、人気店なのも頷けますね。

市場直送のしらすの素晴らしさよ

いくらでも食べれるー!(C)コクハク
いくらでも食べれるー! (C)コクハク

 この日は軽く塩もみしておいた新にんじんが冷蔵庫にあったので、そちらを器に盛り、上からたっぷりとしらすと白ごまを乗せ、オリーブオイルをかけていただきました。

 ぱくっ。ふっくらと柔らかく炊かれたしらすは瑞々しく、口の中にふわっと旨みが広がります。

 これ、ハマるやつだ……。というわけで、リピート決定です!

(編集O)

お目当てだった「餃子専門 さかい食品」(写真左)に寄り、銭湯「改栄湯」で軽くひとっぷろ♪(C)コクハク
お目当てだった「餃子専門 さかい食品」(写真左)に寄り、銭湯「改栄湯」で軽くひとっぷろ♪ (C)コクハク

address:「しらすどんどん」東京都荒川区南千住1丁目13

※徒歩10分圏内に「下町のラグジュアリー銭湯」をコンセプトとした「改栄湯」あり。コンセプトに偽りなし! こちらもおすすめです。

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...