あなたの避妊は一回いくら?#3…海外より選択肢が少ない日本

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-08-28 08:16
投稿日:2019-04-17 06:00

出産するのも中絶するのも女性。それなのに…

日本の避妊事情は遅れてる?(写真:iStock)
日本の避妊事情は遅れてる? (写真:iStock)

 3月23日に開かれた『第1回 大人の性教育勉強会』(後援:コクハク)。NPO法人ピルコン理事長・染矢明日香さんから最先端の性教育について、#なんでないのプロジェクト代表・福田和子さんから海外の避妊事情について、筆者・神田つばきからは更年期障害について話をしました。

日本にはなんでもあると思っていたけれど

 スウェーデンに1年間留学した福田さんが驚いたこと。それは日本にはない避妊法がたくさんあり、それらが安価だったり無料だったりすることでした。 “避妊インプラント”“避妊注射”“避妊シール”など、いずれも日本では聞いたこともありません。

(資料提供:#なんでないのプロジェクト)
(資料提供:#なんでないのプロジェクト)

 スウェーデンだけが進んでいるのではありません。
支援の必要な国の女性に製薬会社がインプラントを半額提供した実績もありますし、現在、海外から働きに来ている女性の中には日本では避妊方法が少なくて困っている人も多いと聞きます。

 単純にどの避妊法がいちばん良い、この避妊法は時代遅れだ、ということではなく、選択肢がたくさんあって手に入れやすい価格になれば、誰もが自分のライフスタイルに合った避妊法を選べます。

若い人だけの問題ではない“避妊の失敗”

年代別の人工妊娠中絶実施率
年代別の人工妊娠中絶実施率

 私は30代でIUD(子宮内避妊用具)を入れました。避妊に失敗して人工妊娠中絶手術を受け、その病院で「もう失敗したくない」と相談したのです。でもこれ、よく考えたら順番が逆というか、逆だったら中絶手術はしないで済んだはず!

 人工妊娠中絶手術は健康保険適用外です。基本的に入院しない日帰り手術ですが、検査代などをふくめると12万円~14万円ぐらいかかります。避妊に失敗することで、精神的にもつらい思いをしながら、まとまったお金が必要になるのです。

 厚生労働省が平成30年10月に発表した『平成29年度衛生行政報告例の概況』をもとに、年代別の人工妊娠中絶実施率をグラフ化してみました。

 避妊の失敗は10~20代の若い人だけの問題ではないことがわかります。私が望まない妊娠をした経緯も、産後からセックスレスになり、旅行にコンドームを持っていかなかったことが原因でした。

 コンドームは性病の感染予防や、セックスの経験のない子が常備しておくのに向いているというメリットがあります。その一方で、“使ってもらえるかどうか”は男性の意志次第、という点が問題です。

 出産するのも中絶するのも女性なのですから、女性主体の避妊方法が多くなってほしいと思います。

避妊にまつわる女性の負担を軽減するために

避妊にまつわる女性の負担が軽減されますように(写真:iStock)
避妊にまつわる女性の負担が軽減されますように (写真:iStock)

失敗したら中絶手術するしかないの?

 

 避妊に失敗してしまった―そんなときの、次の月経が来るまでの不安な気持ちは女性にしかわからないものでしょう。このまま来なかったら中絶手術しかない……と恐怖に苦しむ人もいます。
そこで、アフターピル(緊急避妊薬)というホルモン避妊薬を飲むことで、受精卵の着床をふせぐ方法があります。手術より負担も小さいですが、

・避妊効果は80%前後
・吐き気など、多少の副作用の可能性
・行為から72時間以内に服用する
・医師の診断により処方する
・価格は10000円前後

 などの注意すべき点があります。

 アフターピルの効き目(避妊成功率)は時間とともに減少していきます。夜間や休日に必要が生じると、すぐに手に入らず手遅れになってしまうかも知れません。

 福田さんによれば、「アフターピルは世界86か国で市販されていて、価格も数百円から数千円なのです」とのこと。福田さんと染矢さんはアフターピルが市販で買えるように(OTC化)、署名や院内勉強会などの活動をしています。

 3月29日に厚生労働省は「緊急避妊薬のオンライン診療での処方」について検討会を開いたとのこと。この議論はまだまだこれからですが、肉体的にも精神的にもそして経済的にも、避妊にまつわる女性の負担が一日も早く軽減されてほしいものです。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


射精だけがすべてではない…トラウマを乗り越えた女性の告白
 近頃は、セックスはコミュニケーションであり、“挿入”と“射精”ばかりがセックスではないということもよく言われています。...
大泉りか 2021-07-29 06:00 エロコク
バイブの“背”を使った唯一無二の刺激♡中と外の同時イキも
 カナダのブランド「ウィーバイブ」は、カップルで楽しむラブグッズを日本に教えてくれた立役者のひとつ。けれどこの新作バイブ...
桃子 2021-07-27 15:35 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#4
 Wさん(46歳・外資系IT)の体にまたがった奥さんは、「もう我慢できない」と猛り立つ勃起を握り、自身の女陰に導いた。人...
蒼井凜花 2021-07-23 06:17 エロコク
小型でも振動が重く細やかで上質!クリに当てると恥骨まで♡
 電マは大きいし振動が強すぎるし、ちょっと怖い……というみなさんに朗報です。全長9センチ、重さ40グラムの超小型電マ「パ...
桃子 2021-07-18 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#3
 いよいよ「夫婦交換のセックス」が始まった。Wさん(46歳・外資系IT)は、相手の奥さんに誘(いざな)われるまま、ベッド...
蒼井凜花 2021-07-16 06:00 エロコク
敏感部分を押しながらこする…今まで経験したことがない愛撫
 話題のブランド「ローラディカルロ」の中でも、挿入部と吸引部が一体化した「オセ2」は、最も上級者向けのモデルです。 ...
桃子 2021-07-11 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#2
 皆さんは「夫婦交換」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。  外資系IT企業に勤めるWさん(46歳・妻子アリ)は、...
蒼井凜花 2021-07-09 06:06 エロコク
5WAYのスティック型ローラーで、確実にエクスタシーを提供
「ザロ」ブランドは、以前はロココ調の愛らしい系、現在は大人っぽいエレガント系と、唯一無二の世界観で人気です。ひと目惚れで...
桃子 2021-07-04 06:00 エロコク
細身でも滑らかな動きで威力十分♡挿入タイプ初心者にも
 ラブグッズを愛する私ですが、指で楽しむときもあります。原点に返る気分。グッズは振動や吸引といった、人体では不可能な動き...
桃子 2021-06-27 06:00 エロコク
“秒でいく”は本当?女性向けラブグッズ「マイメアリープラス」の口コミレビュー♡ひとりにもカップルにもおすすめな理由
 あなたは、ラブグッズを持っていますか? 「彼と試した経験がある!」という人は多そうですが、自分で購入するとなるとハード...
ラブグッズはセックスレスに効果的!男性の意外な本音とは
 セクシュアルコンタクトが1か月以上ないことをセックスレスと呼びます。こうなると男性は「女性はしたい日としたくない日の差...
神田つばき [PR] 2021-06-25 16:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#5
 既婚者合コンで知り合った男性・Aさん(48歳・銀行マン)との逢瀬を続けていたウォーキング講師のI子さん(42歳)。 ...
蒼井凜花 2021-06-25 16:16 エロコク
いろんなプレーに応用可能!男女どちらの愛撫にも使える♡
 ラブグッズを購入する際、無視できないのがコストです。コロナ禍になって以降、通販での購入も増えていて、実際に手に取って質...
桃子 2021-06-20 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#4
 既婚者合コンで知り合った男性AさんとホテルでベッドインしたI子さん(42歳・ウォーキング講師)は、彼の練達した指づかい...
蒼井凜花 2021-06-18 06:00 エロコク
クリ刺激派へ!指での刺激が楽しくなる植物由来の興奮ジェル
 ここのところ、クリトリス刺激グッズがアツいと感じています。多様化&細分化で商品が増えているからではありますが、巣ごもり...
桃子 2021-06-13 06:13 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は...
蒼井凜花 2021-06-11 06:00 エロコク