「恋人」「同棲」に見せかけた支配の檻 美沙さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-05-25 06:00
投稿日:2019-05-25 06:00
 二人分の生活費をまかなうため、仕方なく風俗店でバイトしていた美沙さん。健斗には隠していたのに、ある夜突然、源氏名で呼ばれて……!

楽しくてはじめた同棲生活だったのに

いつの間にか感情が動かなく…(写真:iStock)
いつの間にか感情が動かなく… (写真:iStock)

悲しみも嫉妬もわかず何も望まなくなった

 健斗は美沙さんのスマホのパスワードを破り、検索履歴やメールを調べまくっていたのです。お店との連絡LINEから源氏名を把握していました。

 もうダメだ、もう誤魔化せない――。

 翌朝、平気な顔で朝食を食べている健斗に、美沙さんはおそるおそるたずねました。

「怒ってないの?」

「怒る? なんで?」

「だって……風俗の……」

「あのさ、お前なんか勘違いしてる? 彼女が売春してました、だったらショックだよね。でも、ちがうから。根本からちがうから!」

 美沙さんは耳を疑いました。「嫉妬に怒り狂って殴ってくれたほうがマシでした。初めて体験する、最悪に不快な気持ち。彼女ですらない、じゃあ私は何なのか、と思うと吐き気がして、ほんとうに酸っぱい胃液が上がってきて……」。

 言うだけ言うと、健斗はバイトに出かけてしまいました。でも、その日以降も美沙さんが作った料理を食べ、家事をさせ、光熱費も家賃も払わせつづけました。

 さすがに美沙さんも気づいたのです。「これって、奴隷なのかも……」。

 健斗が美沙さんのアパートに入りこんできたのは春、そのころは「生まれてはじめての同棲」が楽しくて仕方なかった。それなのに、夏も過ぎるころには威圧的な洗脳のせいで、何があっても何を言われても、悲しいともイヤだとも思わなくなっていました。

 源氏名の件以降、健斗はどこかに外泊してくる日がありました。女ができたのかも、と思うのに嫉妬も悲しみも湧いてきません。

 家事と会社とデリヘルで疲れはて、愛されることも自由に出かけることも望まなくなり、ただ過ぎていくだけの毎日。いつの間にか感情が動かなくなっていたのです。

女性を洗脳支配するゲームの依存症

モラハラ男からの解放(写真:iStock)
モラハラ男からの解放 (写真:iStock)

私はATMに過ぎないんだと気づいた日

 10月のある日、美沙さんは出版社を解雇されました。デリヘルでバイトしていることがバレたのです。

 身バレしないよう、お店のキャスト紹介ページには首から下の写真しか写していませんでした。それなのに、会社の誰がどんな目的で見たのか、服とおしゃれなネイルが美沙さんのものだとわかってしまったのです。

 驚いたのは健斗の反応です。解雇と聞くと、怒るでも責めるでもなく、値踏みするような目でジーッと美沙さんを見つめました。

「優良企業だったのにもったいないな。それで、どうすんの? すぐ就職すんの? それともバイトの日数ふやす?」

 畳みかける事務的な口調に、美沙さんは心が底から冷えてくるのを感じました。「私のクビなんて、この人にとってはATMの故障でしかないんだなあ……。あれっ、私は何のために頑張ってきたんだろう……?」。

 言葉で抗議はできない。でも、何とかして健斗に意地悪を言いたい、思い通りになんかならないんだぞって思い知らせたい。美沙さんの口から、嘘が飛び出しました。

「36歳だからね、次は当分決まらないと思うよ」

「じゃあデリヘルの日数ふやせば?」

「無理。よほどの売れっ子じゃないかぎり、毎日なんて入れてくれないよ」

「えっ。じゃあ、お前どうすんの? ここの家賃払えるの?」

利用価値のなくなった女を演じてみせる

 次が決まるまであなたが払ってよ、とふつうの恋人どうしなら言うでしょう。いや、ふつうの恋人どうしだったら、そもそもこうはなっていなかったはず……。

「払えないかも……再来月、家賃の更新なんだよね。どうしよう……更新料払えないから、一時的に実家に戻ろうかな」

「えっ、お前、なに勝手に決めてんの?」

「ううん、健斗が決めて。なんなら健斗も実家に来る? 狭いけど、親たち喜ぶよ」

「やだよ……俺は、行かない」

 美沙さんを洗脳しながら、美沙さんに依存していた健斗という男。“優良企業のOL”という価値を失ったと理解すると、あっさり美沙さんを手放して消えました。

 美沙さんが実家に引き揚げる日、健斗は外泊して顔を合わせることもありませんでした。解約日の前に美沙さんが掃除に行くと、いつの間にか健斗の私物は消えていました。

 健斗にとっての利用価値がなくなったフリをして、美沙さんは救われたのです。実家に帰った今は、夜のバイトをやめ、失業保険の給付を受けながら求職活動中。

 身も心も元気をとりもどしていますが、一つだけ気になっていることが……。

「健斗は両親のことが許せないので、実家には帰っていないはず。泊まりに行ってた女のところに転がりこんだんじゃないかと……」

 その女性も、自分と同じことをされている可能性がある、と美沙さんは言います。健斗のようなモラハラ男は、女性が洗脳され、言いなりになっていく過程が面白くてやめらません。自分より弱い立場の女性を支配するゲームの依存症なのです。

 “恋人”“同棲”という隠れみのの中でどんなモラハラが行われていても、周囲の人間には見えにくく、当の女性も自分を被害者だと意識できなくなっています。おかしいと思ったらすぐに逃げ出せるように、女性の皆さんには、モラハラ男の狡猾な手口を知っておいてほしいと心から願います。

モラハラ男の体験コクハクをお寄せください

 ※登場人物はすべて仮名です。また、取材相手の個人情報が特定されたり、登場する男性の恨みを受ける恐れがある場合、別のエピソードを入れるなどの変更を加えています。

 モラハラ男から被害を受けた体験のある方、エピソードをコクハクしたい方、teamコクハクの質問・相談・その他のご依頼はこちらから、執筆者で“神田つばき”を選択して体験談をお寄せください。お待ちしております!

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM