「恋人」「同棲」に見せかけた支配の檻 美沙さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-04 09:46
投稿日:2019-05-25 06:00
 二人分の生活費をまかなうため、仕方なく風俗店でバイトしていた美沙さん。健斗には隠していたのに、ある夜突然、源氏名で呼ばれて……!

楽しくてはじめた同棲生活だったのに

いつの間にか感情が動かなく…(写真:iStock)
いつの間にか感情が動かなく… (写真:iStock)

悲しみも嫉妬もわかず何も望まなくなった

 健斗は美沙さんのスマホのパスワードを破り、検索履歴やメールを調べまくっていたのです。お店との連絡LINEから源氏名を把握していました。

 もうダメだ、もう誤魔化せない――。

 翌朝、平気な顔で朝食を食べている健斗に、美沙さんはおそるおそるたずねました。

「怒ってないの?」

「怒る? なんで?」

「だって……風俗の……」

「あのさ、お前なんか勘違いしてる? 彼女が売春してました、だったらショックだよね。でも、ちがうから。根本からちがうから!」

 美沙さんは耳を疑いました。「嫉妬に怒り狂って殴ってくれたほうがマシでした。初めて体験する、最悪に不快な気持ち。彼女ですらない、じゃあ私は何なのか、と思うと吐き気がして、ほんとうに酸っぱい胃液が上がってきて……」。

 言うだけ言うと、健斗はバイトに出かけてしまいました。でも、その日以降も美沙さんが作った料理を食べ、家事をさせ、光熱費も家賃も払わせつづけました。

 さすがに美沙さんも気づいたのです。「これって、奴隷なのかも……」。

 健斗が美沙さんのアパートに入りこんできたのは春、そのころは「生まれてはじめての同棲」が楽しくて仕方なかった。それなのに、夏も過ぎるころには威圧的な洗脳のせいで、何があっても何を言われても、悲しいともイヤだとも思わなくなっていました。

 源氏名の件以降、健斗はどこかに外泊してくる日がありました。女ができたのかも、と思うのに嫉妬も悲しみも湧いてきません。

 家事と会社とデリヘルで疲れはて、愛されることも自由に出かけることも望まなくなり、ただ過ぎていくだけの毎日。いつの間にか感情が動かなくなっていたのです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM