「恋人」「同棲」に見せかけた支配の檻 美沙さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:06
投稿日:2019-05-25 06:00
 二人分の生活費をまかなうため、仕方なく風俗店でバイトしていた美沙さん。健斗には隠していたのに、ある夜突然、源氏名で呼ばれて……!

楽しくてはじめた同棲生活だったのに

いつの間にか感情が動かなく…(写真:iStock)
いつの間にか感情が動かなく… (写真:iStock)

悲しみも嫉妬もわかず何も望まなくなった

 健斗は美沙さんのスマホのパスワードを破り、検索履歴やメールを調べまくっていたのです。お店との連絡LINEから源氏名を把握していました。

 もうダメだ、もう誤魔化せない――。

 翌朝、平気な顔で朝食を食べている健斗に、美沙さんはおそるおそるたずねました。

「怒ってないの?」

「怒る? なんで?」

「だって……風俗の……」

「あのさ、お前なんか勘違いしてる? 彼女が売春してました、だったらショックだよね。でも、ちがうから。根本からちがうから!」

 美沙さんは耳を疑いました。「嫉妬に怒り狂って殴ってくれたほうがマシでした。初めて体験する、最悪に不快な気持ち。彼女ですらない、じゃあ私は何なのか、と思うと吐き気がして、ほんとうに酸っぱい胃液が上がってきて……」。

 言うだけ言うと、健斗はバイトに出かけてしまいました。でも、その日以降も美沙さんが作った料理を食べ、家事をさせ、光熱費も家賃も払わせつづけました。

 さすがに美沙さんも気づいたのです。「これって、奴隷なのかも……」。

 健斗が美沙さんのアパートに入りこんできたのは春、そのころは「生まれてはじめての同棲」が楽しくて仕方なかった。それなのに、夏も過ぎるころには威圧的な洗脳のせいで、何があっても何を言われても、悲しいともイヤだとも思わなくなっていました。

 源氏名の件以降、健斗はどこかに外泊してくる日がありました。女ができたのかも、と思うのに嫉妬も悲しみも湧いてきません。

 家事と会社とデリヘルで疲れはて、愛されることも自由に出かけることも望まなくなり、ただ過ぎていくだけの毎日。いつの間にか感情が動かなくなっていたのです。

ラブ 新着一覧


FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ