「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-05-21 06:00
投稿日:2022-05-21 06:00
冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟をお届けしました。
 すでに離婚への準備を進めているという仁美さんに対し、今もパパ活をやめていないというヒロノブさん。家庭が壊れる寸前まできている今、ヒロノブさんは家族やパパ活についてどう思っているのでしょうか。

何がいけないのかさっぱりわからない

若い子とたまのデートをしてるだけ(写真:iStock)
若い子とたまのデートをしてるだけ (写真:iStock)

「正直なことを言えば、パパ活のパパをすることの何がいけないのかさっぱりわかりません。だって、女の子とはただ食事をして、ちょっとしたプレゼントを買ってあげるくらいの関係です。

 カラダの関係はもっていないので、浮気にも不倫にもならないじゃないですか? それなのに妻は、僕のパパ活に目くじらを立てて怒るので、家庭は居心地が悪いったらないですよ」

 パパ活については、悪びれる様子が一切ないヒロノブさん。それどころか「そんなことで怒る妻に対して、理解できない」と首をかしげます。

「僕は会社員ですので、パパ活って言っても、使っているお金なんてかわいいものですよ。経営者をしている友人なんかは、パパ活にかなりのお金を使っているらしいですし。

 それでも、彼らからは妻に怒られたなんて話は聞いたことがありません。ウチの妻はどうしてここまで心が狭いのかなって思いますね」

妻が離婚を選ぶとは思えない

ひとりで生きていけるタイプの女じゃない(写真:iStock)
ひとりで生きていけるタイプの女じゃない (写真:iStock)

 ヒロノブさんのパパ活が家庭に発覚したのをきっかけに、妻との仲は冷え切っており、今では家庭に「1ミリの居場所もない」と語るヒロノブさん。

 しかし妻は、自分と今すぐに離婚することはできないだろうと読んでいるそうです。

「まず妻は、結婚後にはパート以外に仕事をしたことがないので、今のご時世だとまともに就職するのは難しいと思いますからね。

 年齢的にもキャリアもスキルもない妻みたいな女性を、積極的に採用してくれる企業は少ないんじゃないのって気がします。

 それに、ウチの娘はまだ中学生ですから、これからまだまだ父親の存在が必要な年頃じゃないですか。そんなときに保守的な妻が、あえて離婚を選ぶとは思えませんね。

 え? たかを括りすぎじゃないかって? うーん、確かにそうかもしれないけれど、でも現実論として妻が僕と離婚して自活できるとは思えないですよ。それほどのパワーがある女性じゃないしね。

 だから妻は、僕のパパ活なんて“かわいい遊びだ”程度に目を瞑るべきなのに、最近では『あなたがパパ活をやめないなら、私にも考えがある』とかって脅しのような言葉も吐くのが不愉快ですね。

 まぁ、やれるものならやってみれば? って感じです。肉体関係のあるパパ活ではないので、不倫の慰謝料とかも取れないと思いますし。

 騒ぐだけ妻の損だと思いますけどねぇ」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。

 少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。

 まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...