目移りして選べない ホストクラブで指名を迷わず決める方法

内藤みか 作家
更新日:2019-04-16 06:00
投稿日:2019-04-16 06:00
 初めてホストクラブに行くと、大勢のホストがテーブルに挨拶に訪れ、名刺を置いていってくれます。これは「自分を指名してくださいね」という意味。そして店を出る際にスタッフから「送りは誰にしますか?」と聞かれます。その日会話したなかで一番好みのホストが見送ってくれるものなのですが、イケメンが大勢いすぎて1人に決められず苦しむ人が必ず出ます。サクっと決められるコツを、20年もホストクラブに通っている私からお伝えいたします。

個人的やり取りのスタート

連絡先を聞いてくるのは「仕事」だから(写真:iStock)
連絡先を聞いてくるのは「仕事」だから (写真:iStock)

 送りのホストは1人しか選べません。つまり、一番気に入ったホストを選ぶ、いうことになります。選ばれたホストはとても喜びます。なぜなら「次にあなたを指名する可能性がとても高いですよ」ということだからです。なので必ず「連絡先を教えて」と聞いてきます。LINEなどでメッセージ交換を続け、また店に来てもらおうとしているからです。

 ここでひとつ注意したいのは「ホストが私に連絡先を聞いてきたわ!」「ホストが電話していい?って私に囁いていたわ!」と舞い上がってしまうこと。「彼、私のことが好みなのかしら!?」という思い込みをしてしまっているのですが、それは違います。彼らは仕事でホストをしているので、恋に落ちたわけではなく、売り上げが欲しいだけ。送り指名をしてくれた女性には必ず連絡先を聞いているものだ、ということは、しっかりと認識しておきましょう。

店に来た理由を思い出す

どんなタイプのホストを望んでた?(写真:iStock)
どんなタイプのホストを望んでた? (写真:iStock)

 私が女友達を連れてホストクラブに行くと、しばしば送り指名を迷い、何分も苦しむ女性が出ます。右も左もかっこいいイケメンばかりで、1人に決めかねてしまうのです。何しろ彼らのキャラはいろいろ。体育会系なオラオラもいれば、目がキラキラのアイドル風もいるし、クールなモデル系もいれば、お笑い担当も。どのホストも楽しかったので、誰を選べばいいのかわからなくなってしまうのです。

 けれど、話は簡単です。店に行く前の自分の気持ちに戻ってみればいいだけ。どんなホストがいたらいいな、と想像していたか思い出してみましょう。たとえば「今日は友達と一緒に行くし、面白いホストがいてみんなを笑わせてくれたらいいなあ」と考えていたのなら、送りホストもお笑い系の人を選べばいいのです。きっと気の利いた言葉でご機嫌に送り出してくれることでしょう。

想定外のこともある

お金の使い過ぎには気をつけて(写真:iStock)
お金の使い過ぎには気をつけて (写真:iStock)

 とはいえ想定外のこともあります。「まさかこんな素敵な人がいるとは思ってもいなかった!」という嬉しい誤算です。たとえば「大好きな芸能人に似ている!」とか「初恋の男性に似ている!」などという、無条件で大好きなタイプがホストをしている場合です。もちろんそうした思いがけない喜びをもたらしてくれたホストだったらその人を送りにしてもいいでしょう。

 けれど、あまりにも好みだった場合は、気をつけましょう。そんなどストライクな人とLINEの交換をしたら、本当に好きになってしまうかもしれませんよね。そしたらまた彼に会いたくなって、今度はひとりでホストクラブに行ってしまうかもしれません。そして彼のためならと高いボトルを入れるような、貢ぐ人生が始まってしまうかもしれないのです。もちろん「そんな堕ちる人生を実は私、望んでいたの」なんていう人もいるので、ケースバイケースなのですが、好みすぎるホストを送りにするのは、ある程度の覚悟が必要かもしれません。

 ホストクラブはひとりで行ってもみんなで行っても楽しいところ。この楽しい気持ちが続くような、そんなホストを選べば間違いはありません。時々「彼はとても頑張ってくれていたから」とか「彼は新人で指名の人が誰もいないと言っていたから」などと同情で送りのホストを選ぶ人もいますが、そういう人は後になって「やっぱり好みの人を呼べばよかった〜」と悔やむことも。やはり自分の気持ちに素直になって、ホストを選ぶのがベストだと思います。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 大収穫~! カラフルな野菜が勢ぞろい……ではなく、新作のローター&バイブレーターです。  野菜を挿入って官能小説...
桃子 2020-01-19 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2020-01-16 18:00 エロコク
FILM
 男性にどんな女性が好きか聞くと「優しい性格」「おっとりした人」「笑顔が素敵な人」なんて答えが返ってきます。でも、なんだ...
FILM
 電マって、女性人気がいまひとつ。気持ち、わかります。大きなヘッドと強すぎる振動がコワイんですよね。  一方、電マ...
桃子 2020-01-12 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 コーンの上にのったストロベリー味のソフトクリームにしか見えない「サティスファイヤー レイヨン スイートテンプテーション...
桃子 2020-01-05 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2019-12-30 18:00 エロコク
FILM
 クリスマスも終わり、年末年始の計画をたてている方も多いことでしょう。令和初の年末年始、愛するパートナーとのセックスにも...
蒼井凜花 2019-12-27 07:00 エロコク
FILM
 女友達が扉一枚向こうにいるというのに、私の寝床に入ってきたG。  以前から、私のブログ用の取材写真に、特徴のある...
FILM
 さて、出逢い系では積極的に、恋人とはできないようなアヴァンギャルドなプレイを試みていこうと決めた私。次に考えたのは、私...
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 私のもとに寄せられる相談で多いのが「彼女にバイブをプレゼントしたいのですが何がいい?」というもの。海外ドラマなどでよく...
桃子 2019-12-21 03:33 エロコク
FILM
 しばらくセックスをしていない「ご無沙汰オトナ女子」にとって、クリスマスや年末年始は「その時」が訪れるかもしれないチャン...
蒼井凜花 2019-12-18 20:09 エロコク
FILM
 ラブグッズは年中新作が出るので季節感などは特にないと思われがちですが、冬にオススメしたいバイブがあります。 「ス...
桃子 2019-12-15 11:05 エロコク
FILM
 1960年代生まれのGの憧れのキャラクターは、『ベルサイユのばら』のロザリーでした。皆から愛され、大切にされる存在。特...
FILM
「だれにでもオススメできるラブグッズ」って、ありそうでないものです。でも、今回紹介する「iroha RIN+」はそれにか...
桃子 2019-12-10 05:28 エロコク