目移りして選べない ホストクラブで指名を迷わず決める方法

内藤みか 作家
更新日:2019-04-16 06:00
投稿日:2019-04-16 06:00
 初めてホストクラブに行くと、大勢のホストがテーブルに挨拶に訪れ、名刺を置いていってくれます。これは「自分を指名してくださいね」という意味。そして店を出る際にスタッフから「送りは誰にしますか?」と聞かれます。その日会話したなかで一番好みのホストが見送ってくれるものなのですが、イケメンが大勢いすぎて1人に決められず苦しむ人が必ず出ます。サクっと決められるコツを、20年もホストクラブに通っている私からお伝えいたします。

個人的やり取りのスタート

連絡先を聞いてくるのは「仕事」だから(写真:iStock)
連絡先を聞いてくるのは「仕事」だから (写真:iStock)

 送りのホストは1人しか選べません。つまり、一番気に入ったホストを選ぶ、いうことになります。選ばれたホストはとても喜びます。なぜなら「次にあなたを指名する可能性がとても高いですよ」ということだからです。なので必ず「連絡先を教えて」と聞いてきます。LINEなどでメッセージ交換を続け、また店に来てもらおうとしているからです。

 ここでひとつ注意したいのは「ホストが私に連絡先を聞いてきたわ!」「ホストが電話していい?って私に囁いていたわ!」と舞い上がってしまうこと。「彼、私のことが好みなのかしら!?」という思い込みをしてしまっているのですが、それは違います。彼らは仕事でホストをしているので、恋に落ちたわけではなく、売り上げが欲しいだけ。送り指名をしてくれた女性には必ず連絡先を聞いているものだ、ということは、しっかりと認識しておきましょう。

店に来た理由を思い出す

どんなタイプのホストを望んでた?(写真:iStock)
どんなタイプのホストを望んでた? (写真:iStock)

 私が女友達を連れてホストクラブに行くと、しばしば送り指名を迷い、何分も苦しむ女性が出ます。右も左もかっこいいイケメンばかりで、1人に決めかねてしまうのです。何しろ彼らのキャラはいろいろ。体育会系なオラオラもいれば、目がキラキラのアイドル風もいるし、クールなモデル系もいれば、お笑い担当も。どのホストも楽しかったので、誰を選べばいいのかわからなくなってしまうのです。

 けれど、話は簡単です。店に行く前の自分の気持ちに戻ってみればいいだけ。どんなホストがいたらいいな、と想像していたか思い出してみましょう。たとえば「今日は友達と一緒に行くし、面白いホストがいてみんなを笑わせてくれたらいいなあ」と考えていたのなら、送りホストもお笑い系の人を選べばいいのです。きっと気の利いた言葉でご機嫌に送り出してくれることでしょう。

想定外のこともある

お金の使い過ぎには気をつけて(写真:iStock)
お金の使い過ぎには気をつけて (写真:iStock)

 とはいえ想定外のこともあります。「まさかこんな素敵な人がいるとは思ってもいなかった!」という嬉しい誤算です。たとえば「大好きな芸能人に似ている!」とか「初恋の男性に似ている!」などという、無条件で大好きなタイプがホストをしている場合です。もちろんそうした思いがけない喜びをもたらしてくれたホストだったらその人を送りにしてもいいでしょう。

 けれど、あまりにも好みだった場合は、気をつけましょう。そんなどストライクな人とLINEの交換をしたら、本当に好きになってしまうかもしれませんよね。そしたらまた彼に会いたくなって、今度はひとりでホストクラブに行ってしまうかもしれません。そして彼のためならと高いボトルを入れるような、貢ぐ人生が始まってしまうかもしれないのです。もちろん「そんな堕ちる人生を実は私、望んでいたの」なんていう人もいるので、ケースバイケースなのですが、好みすぎるホストを送りにするのは、ある程度の覚悟が必要かもしれません。

 ホストクラブはひとりで行ってもみんなで行っても楽しいところ。この楽しい気持ちが続くような、そんなホストを選べば間違いはありません。時々「彼はとても頑張ってくれていたから」とか「彼は新人で指名の人が誰もいないと言っていたから」などと同情で送りのホストを選ぶ人もいますが、そういう人は後になって「やっぱり好みの人を呼べばよかった〜」と悔やむことも。やはり自分の気持ちに素直になって、ホストを選ぶのがベストだと思います。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
TwitterInstagram

関連キーワード

エロコク 新着一覧


コスパ感も◎! 小さなボディに似つかわしくないハイパワー
 昨年から続く物価高。何もかもが値上がりしていて、お買い物に慎重になっている人は多いと思いますし、私もその例に漏れません...
桃子 2023-02-05 06:00 エロコク
ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク