不倫サレ夫の僕は悟った、女はシタタカで自立した生き物だと

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-06-12 16:36
投稿日:2022-05-31 06:00
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻に2回も不倫(しかも同一人物)され離婚→その後シングルマザーの「tumugi」と出会い、再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らしています。
 不倫サレ離婚&ステップファミリーとなった私が経験してきた問題は「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、tumugiとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

別居をしてのびのびと生活をしている(元)妻

娘と面会し、メスティンでご飯を炊いた際の1枚です(写真:ひでまる)
娘と面会し、メスティンでご飯を炊いた際の1枚です (写真:ひでまる)

 皆さんこんにちは。緊急事態宣言も解除され、夜の街にも活気が戻りつつある今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。在宅勤務にすっかり慣れてしまった僕としては、そろそろ会社から「毎日出勤せよ命令」が発令されるのではなかろうかと、日々戦々恐々としています。

 さて、前回の記事では別居に関する費用面についてお話ししました。それでは別居中の生活はどのようなものだったのでしょうか。今回は、別居から離婚に至るまでの過程と心境について書いていきたいと思います。

別居生活をも楽しんだ人懐っこい元妻

 2度の不倫が明るみになり、半ば反抗期の子供のように家を飛び出した妻でしたが、結局そのまま隣駅の集合住宅のようなマンションを借り、別居生活がスタートしました。

 その後聞いた話によると、事情を話すうちに大家さんと懇意になり、仕事が遅くなった時には子供の面倒を見てもらうなど、生活面などでいろいろと助けてもらっていたそうです。僕のことはさぞ、ボロクソに伝えていたことでしょう(笑)。

 人懐っこくコミュニケーション能力も高い妻にとっては、ようやく重い雰囲気から解放され、のびのびと生活できていたのかもしれません。別居後初めて面会した時も、驚くほどケロっとしていたことを覚えています。

初めての一人暮らしで寂しさを感じる

洗濯ってどうやるの?(写真:iStock)
洗濯ってどうやるの? (写真:iStock)

 一方、2LDKの社宅に一人取り残された僕は、人生初めての一人暮らしの生活に戸惑う日々が続きました。炊事・洗濯・掃除、いずれもこれまで自分でロクにしたことがなかったため、食事はコンビニ飯ばかり。洗濯に至っては洗濯機の使い方も分からずググる始末です。

 一人暮らしを始めたことであらためて、妻や母の偉大さに気付かされるのでした。

 とはいえ、一人暮らしの期間が2カ月も経てば基本的な生活はこなせるようになり、近所のスーパーで割引シールが貼られるタイミングを覚えたり、Tシャツを素早くたたむ裏技を身につけたり、たまに簡単な料理にも挑戦するようになったりと、できることが増えていきます。

“一人ポツン”の寂しい気持ちも薄れて…

 心境も、別居当初は広い家に一人ポツンと取り残されたような感覚に寂しさを覚え、妻の不倫が原因にもかかわらず子供と離ればなれになってしまったことに憤りを感じていました。

 しかし、日常生活が安定してきたことや一人でいることの気軽さから、僕自身の心境もラクになっていったのです。

 仕事は相変わらず忙しい毎日でしたが、当時の上司は理解のある方で、家庭の話しをした際も、「親権を取って男手一つで育てることになったとしても、その時は業務量を調整するから何も心配はするな」と言ってくださいました。

 男気溢れるその言葉に胸を打たれたと同時に、「親権」というワードが頭の片隅にちらつくきっかけになったことを覚えています。

tumugi・ひでまる
記事一覧
ツレ婚夫婦ライター
10代で結婚、20代で離婚した3人の子を持つ占い師ライターtumugiと、元妻に2回も不倫サレてバツイチとなった会社員のひでまるが出会い、ステップファミリー(子連れ再婚)に。夫婦ともにFPの資格を所持し、保険会社勤務の経歴を持つ。自らの体験から『ステップファミリーの本音』をテーマに情報発信をしている。ステップファミリーを目指す方の背中を押すべく占い×実体験のアドバイスを用いて活動中!
ブログYouTubeXInstagram公式LINE
◆相談はこちら

ラブ 新着一覧


「不倫の第一歩」突然の雨、幼稚園、職場…当事者たちが振り返る瞬間5つ
 いけない恋愛だと分かっていながらも不倫に足を踏み入れてしまう男女。そもそもの出会いやきっかけはなんなのでしょうか? 不...
恋バナ調査隊 2024-03-04 06:00 ラブ
彼の“最初で最後の女”になれる♡ 結婚相手に「童貞クン」を選ぶメリット
 彼氏が童貞だと知ったらあなたはどう思いますか?「女性に慣れていないから不安」「今までの反動で結婚してから浮気しそう」な...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
「良好だけど円満ではない」冷え切っていても妻を抱く48歳男の虚無感
「冷酷と激情のあいだvol.184〜女性編〜」では、結婚8年目を迎えた夫が「40代の女性は性欲が旺盛」と思い込んでいるこ...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
私は家政婦兼風俗嬢?「40女は性欲旺盛」を信じる夫に疲れた43歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
なぜ妻が妊娠中に女遊びしたの? サイテーな夫たちの言い訳と末路
 妻の妊娠中に女遊びをする男性は多い模様。妻としては「一番大変な時期にどういうつもり?」と怒りたくなるでしょう。  身...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
電車同様、彼氏の乗り換えにもコツが必要!?  男女の“つら修羅場”回避術
 彼氏がいながらも、他に好きな人ができる場合もあるでしょう。今回はそんなときの“彼氏を乗り換えるコツ”をご紹介。 電車の...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
体の相性が良すぎるって何で判断するの? 運命の相手を感じた男女の話
「体の相性がめちゃくちゃいい!」なんて声をたまに耳にしますが、なにをもって「相性が良い」と感じるのか疑問を抱いている人も...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
春のアプリデビューで幸せを掴む人、掴めない人に3つの違い
 すっかり世の中に浸透した感のあるマッチングアプリ。もうすぐ春なので、マッチングアプリデビューする人も少なくありません。...
内藤みか 2024-02-29 06:00 ラブ
既婚者合コンの怖~い話 行かなきゃ良かったを回避するためにすべきこと
 すでに結婚している男女が交流する“既婚者合コン”に興味がある人もいるのではないでしょうか? 「友達がほしい」「社会と...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
婚活は「同時進行」が当たり前 運命の出会いに制限かける必要はない!
 あなたはどんな婚活の仕方をしていますか? 「彼がダメだったら次の出会いを探そう」と、1人ずつに丁寧に向き合っている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
夫の無題外泊=浮気とは限らないらしいけど、その言い分信じていいの?
 夫が無断外泊したら「女と遊んでるんだ」と浮気を疑ってしまいますよね。ですが、必ずしも浮気とは限らないようです。  事...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
男女カップルに聞いた! 自宅のお風呂に一緒に入るのはアリorナシ?
 あなたは彼氏と一緒にお風呂に入りますか? 恥ずかしさから抵抗がある人もいれば、一緒に入ることが当たり前になっている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ