不倫サレ夫の僕は悟った、女はシタタカで自立した生き物だと

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-06-12 16:36
投稿日:2022-05-31 06:00
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻に2回も不倫(しかも同一人物)され離婚→その後シングルマザーの「tumugi」と出会い、再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らしています。
 不倫サレ離婚&ステップファミリーとなった私が経験してきた問題は「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、tumugiとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

別居をしてのびのびと生活をしている(元)妻

娘と面会し、メスティンでご飯を炊いた際の1枚です(写真:ひでまる)
娘と面会し、メスティンでご飯を炊いた際の1枚です (写真:ひでまる)

 皆さんこんにちは。緊急事態宣言も解除され、夜の街にも活気が戻りつつある今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。在宅勤務にすっかり慣れてしまった僕としては、そろそろ会社から「毎日出勤せよ命令」が発令されるのではなかろうかと、日々戦々恐々としています。

 さて、前回の記事では別居に関する費用面についてお話ししました。それでは別居中の生活はどのようなものだったのでしょうか。今回は、別居から離婚に至るまでの過程と心境について書いていきたいと思います。

別居生活をも楽しんだ人懐っこい元妻

 2度の不倫が明るみになり、半ば反抗期の子供のように家を飛び出した妻でしたが、結局そのまま隣駅の集合住宅のようなマンションを借り、別居生活がスタートしました。

 その後聞いた話によると、事情を話すうちに大家さんと懇意になり、仕事が遅くなった時には子供の面倒を見てもらうなど、生活面などでいろいろと助けてもらっていたそうです。僕のことはさぞ、ボロクソに伝えていたことでしょう(笑)。

 人懐っこくコミュニケーション能力も高い妻にとっては、ようやく重い雰囲気から解放され、のびのびと生活できていたのかもしれません。別居後初めて面会した時も、驚くほどケロっとしていたことを覚えています。

初めての一人暮らしで寂しさを感じる

洗濯ってどうやるの?(写真:iStock)
洗濯ってどうやるの? (写真:iStock)

 一方、2LDKの社宅に一人取り残された僕は、人生初めての一人暮らしの生活に戸惑う日々が続きました。炊事・洗濯・掃除、いずれもこれまで自分でロクにしたことがなかったため、食事はコンビニ飯ばかり。洗濯に至っては洗濯機の使い方も分からずググる始末です。

 一人暮らしを始めたことであらためて、妻や母の偉大さに気付かされるのでした。

 とはいえ、一人暮らしの期間が2カ月も経てば基本的な生活はこなせるようになり、近所のスーパーで割引シールが貼られるタイミングを覚えたり、Tシャツを素早くたたむ裏技を身につけたり、たまに簡単な料理にも挑戦するようになったりと、できることが増えていきます。

“一人ポツン”の寂しい気持ちも薄れて…

 心境も、別居当初は広い家に一人ポツンと取り残されたような感覚に寂しさを覚え、妻の不倫が原因にもかかわらず子供と離ればなれになってしまったことに憤りを感じていました。

 しかし、日常生活が安定してきたことや一人でいることの気軽さから、僕自身の心境もラクになっていったのです。

 仕事は相変わらず忙しい毎日でしたが、当時の上司は理解のある方で、家庭の話しをした際も、「親権を取って男手一つで育てることになったとしても、その時は業務量を調整するから何も心配はするな」と言ってくださいました。

 男気溢れるその言葉に胸を打たれたと同時に、「親権」というワードが頭の片隅にちらつくきっかけになったことを覚えています。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...