離婚後も嫌がらせを…男が頭を抱える「元鬼嫁の悪あがき」

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-22 06:00
投稿日:2019-04-22 06:00
 鬼嫁と晴れて離婚に至ったとしても、別れたあとに、想定外の「悪あがき」に遭うこともあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな体験をした男性たちに、話を聞きました。

1:卒業アルバムの落としもの…

自業自得なのに復縁を迫る心理とは(写真:iStock)
自業自得なのに復縁を迫る心理とは (写真:iStock)

「年上元妻は、結婚後に豹変した鬼嫁タイプで、家のことも雑で、妻らしいことは何もしない女性でした。
僕から離婚を切り出し、すったもんだの揚げ句に、なんとか協議離婚が成立。

 一緒に暮らしていた家を引き払おうとしたときに、なんと妻の卒業アルバムの忘れものが出てきました。

 他のものなら知らん顔して捨てるんですが、さすがにコレは勝手に捨てるわけにはいかないかなと思い、渋々元妻に連絡。

 すると『待ってました!』とばかりに復縁を迫られ、散々な目に遭いましたよ。

 アルバムを宅急便で送ろうとする僕に、元妻は『大事なものだから、会って渡せ。輸送中に万が一のことがあったらどうしてくれるんだ』の一点張り。

 要するに、復縁を迫るための“仕込み”だったようです。こういう悪知恵が働くところが嫌いで別れたのに、最後にまた、とんでもない目に遭いました……」(42歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 復縁チャンスを見越して、家にわざと忘れ物をするあたり、計算高い鬼嫁というニオイがします……。

2:「1万3,400円を返して」

微妙な金額なところがまた…(写真:iStock)
微妙な金額なところがまた… (写真:iStock)

「感情的で怠惰な鬼嫁系元妻と離婚し、すっきりとした気分で暮らしていたのに、いきなりLINEで『1万3,400円、返して』と連絡がきました。

 離婚時にきっちり財産分与は済ませたし、最初は何のことだかわからなかったんですが、元妻いわく4年前に何かの支払いで立て替えた分を精算していなかったと言うんです。

 金額も小さいし拒むような話でもないので払うことにしましたが、その連絡を機に、離婚への一方的な恨みつらみが散々LINEで届き、あいかわらずの鬼嫁っぷりに、本気でウンザリでしたね」(40歳男性/製造)

  ◇  ◇  ◇

 元サヤに戻りたい相手に口実を作って連絡をするのは、よくあるお話。夫から三行半を突きつけられた鬼嫁の中には、無理やり口実を作って言いたい放題のLINEを送りつける人もいるみたいです。

3:約束の日に出て行かず…

連絡無視で半年間居座る図太さ(写真:iStock)
連絡無視で半年間居座る図太さ (写真:iStock)

「妻の数々の暴挙や暴言に限界を迎えた僕が家を出て、鬼嫁と協議離婚をしました。

 話し合いの中で、元妻は1カ月後に出て行くと約束し、僕はそれまでマンスリーマンションで暮らすことに。

 ところが、元嫁は約束の期日がきても一向に出て行かず、居座りを続け、本気で参りました。

 マンスリー契約のマンションなので予想外の出費がかさむし、財産分与後なので貯金も心細いのに、元妻は住居費がかからないのをいいことに、僕からの連絡を無視して、半年ほど居座り続けてましたね。

 家賃でも請求してやろうかと思ったんですが、関わるとまた不快な思いをすると思ったので、ぐっとこらえて出て行くのを待ちましたが、鬼嫁は最後まで鬼嫁なんだなぁと妙に納得しました」(44歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 離婚すれば、文字どおり“赤の他人”。それなのに、元妻の立場をフル活用して居座りを続ける鬼嫁も。「少しでも得をしたい」「相手を困らせたい」などの心理があるのかもしれませんが、かなりの迷惑行為です。

「やっと鬼嫁と離れられた!」と心機一転、前向きな人生を歩み始めた男性に、予期せぬ悪あがきをぶつける鬼嫁もいるみたいです。ヨリを戻したい一心であっても、逆効果でしかありません……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「ひとりが楽」って本心?1mmでも結婚したいならすべきこと
 おひとり様生活が長いと、心地よいライフスタイルが確立しますよね。「やっぱりひとりが楽!」なんて思いながらも、心のどこか...
恋バナ調査隊 2022-12-06 06:00 ラブ
婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ