離婚後も嫌がらせを…男が頭を抱える「元鬼嫁の悪あがき」

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-22 06:00
投稿日:2019-04-22 06:00
 鬼嫁と晴れて離婚に至ったとしても、別れたあとに、想定外の「悪あがき」に遭うこともあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな体験をした男性たちに、話を聞きました。

1:卒業アルバムの落としもの…

自業自得なのに復縁を迫る心理とは(写真:iStock)
自業自得なのに復縁を迫る心理とは (写真:iStock)

「年上元妻は、結婚後に豹変した鬼嫁タイプで、家のことも雑で、妻らしいことは何もしない女性でした。
僕から離婚を切り出し、すったもんだの揚げ句に、なんとか協議離婚が成立。

 一緒に暮らしていた家を引き払おうとしたときに、なんと妻の卒業アルバムの忘れものが出てきました。

 他のものなら知らん顔して捨てるんですが、さすがにコレは勝手に捨てるわけにはいかないかなと思い、渋々元妻に連絡。

 すると『待ってました!』とばかりに復縁を迫られ、散々な目に遭いましたよ。

 アルバムを宅急便で送ろうとする僕に、元妻は『大事なものだから、会って渡せ。輸送中に万が一のことがあったらどうしてくれるんだ』の一点張り。

 要するに、復縁を迫るための“仕込み”だったようです。こういう悪知恵が働くところが嫌いで別れたのに、最後にまた、とんでもない目に遭いました……」(42歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 復縁チャンスを見越して、家にわざと忘れ物をするあたり、計算高い鬼嫁というニオイがします……。

2:「1万3,400円を返して」

微妙な金額なところがまた…(写真:iStock)
微妙な金額なところがまた… (写真:iStock)

「感情的で怠惰な鬼嫁系元妻と離婚し、すっきりとした気分で暮らしていたのに、いきなりLINEで『1万3,400円、返して』と連絡がきました。

 離婚時にきっちり財産分与は済ませたし、最初は何のことだかわからなかったんですが、元妻いわく4年前に何かの支払いで立て替えた分を精算していなかったと言うんです。

 金額も小さいし拒むような話でもないので払うことにしましたが、その連絡を機に、離婚への一方的な恨みつらみが散々LINEで届き、あいかわらずの鬼嫁っぷりに、本気でウンザリでしたね」(40歳男性/製造)

  ◇  ◇  ◇

 元サヤに戻りたい相手に口実を作って連絡をするのは、よくあるお話。夫から三行半を突きつけられた鬼嫁の中には、無理やり口実を作って言いたい放題のLINEを送りつける人もいるみたいです。

3:約束の日に出て行かず…

連絡無視で半年間居座る図太さ(写真:iStock)
連絡無視で半年間居座る図太さ (写真:iStock)

「妻の数々の暴挙や暴言に限界を迎えた僕が家を出て、鬼嫁と協議離婚をしました。

 話し合いの中で、元妻は1カ月後に出て行くと約束し、僕はそれまでマンスリーマンションで暮らすことに。

 ところが、元嫁は約束の期日がきても一向に出て行かず、居座りを続け、本気で参りました。

 マンスリー契約のマンションなので予想外の出費がかさむし、財産分与後なので貯金も心細いのに、元妻は住居費がかからないのをいいことに、僕からの連絡を無視して、半年ほど居座り続けてましたね。

 家賃でも請求してやろうかと思ったんですが、関わるとまた不快な思いをすると思ったので、ぐっとこらえて出て行くのを待ちましたが、鬼嫁は最後まで鬼嫁なんだなぁと妙に納得しました」(44歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 離婚すれば、文字どおり“赤の他人”。それなのに、元妻の立場をフル活用して居座りを続ける鬼嫁も。「少しでも得をしたい」「相手を困らせたい」などの心理があるのかもしれませんが、かなりの迷惑行為です。

「やっと鬼嫁と離れられた!」と心機一転、前向きな人生を歩み始めた男性に、予期せぬ悪あがきをぶつける鬼嫁もいるみたいです。ヨリを戻したい一心であっても、逆効果でしかありません……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ