離婚後も嫌がらせを…男が頭を抱える「元鬼嫁の悪あがき」

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-22 06:00
投稿日:2019-04-22 06:00
 鬼嫁と晴れて離婚に至ったとしても、別れたあとに、想定外の「悪あがき」に遭うこともあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな体験をした男性たちに、話を聞きました。

1:卒業アルバムの落としもの…

自業自得なのに復縁を迫る心理とは(写真:iStock)
自業自得なのに復縁を迫る心理とは (写真:iStock)

「年上元妻は、結婚後に豹変した鬼嫁タイプで、家のことも雑で、妻らしいことは何もしない女性でした。
僕から離婚を切り出し、すったもんだの揚げ句に、なんとか協議離婚が成立。

 一緒に暮らしていた家を引き払おうとしたときに、なんと妻の卒業アルバムの忘れものが出てきました。

 他のものなら知らん顔して捨てるんですが、さすがにコレは勝手に捨てるわけにはいかないかなと思い、渋々元妻に連絡。

 すると『待ってました!』とばかりに復縁を迫られ、散々な目に遭いましたよ。

 アルバムを宅急便で送ろうとする僕に、元妻は『大事なものだから、会って渡せ。輸送中に万が一のことがあったらどうしてくれるんだ』の一点張り。

 要するに、復縁を迫るための“仕込み”だったようです。こういう悪知恵が働くところが嫌いで別れたのに、最後にまた、とんでもない目に遭いました……」(42歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 復縁チャンスを見越して、家にわざと忘れ物をするあたり、計算高い鬼嫁というニオイがします……。

2:「1万3,400円を返して」

微妙な金額なところがまた…(写真:iStock)
微妙な金額なところがまた… (写真:iStock)

「感情的で怠惰な鬼嫁系元妻と離婚し、すっきりとした気分で暮らしていたのに、いきなりLINEで『1万3,400円、返して』と連絡がきました。

 離婚時にきっちり財産分与は済ませたし、最初は何のことだかわからなかったんですが、元妻いわく4年前に何かの支払いで立て替えた分を精算していなかったと言うんです。

 金額も小さいし拒むような話でもないので払うことにしましたが、その連絡を機に、離婚への一方的な恨みつらみが散々LINEで届き、あいかわらずの鬼嫁っぷりに、本気でウンザリでしたね」(40歳男性/製造)

  ◇  ◇  ◇

 元サヤに戻りたい相手に口実を作って連絡をするのは、よくあるお話。夫から三行半を突きつけられた鬼嫁の中には、無理やり口実を作って言いたい放題のLINEを送りつける人もいるみたいです。

3:約束の日に出て行かず…

連絡無視で半年間居座る図太さ(写真:iStock)
連絡無視で半年間居座る図太さ (写真:iStock)

「妻の数々の暴挙や暴言に限界を迎えた僕が家を出て、鬼嫁と協議離婚をしました。

 話し合いの中で、元妻は1カ月後に出て行くと約束し、僕はそれまでマンスリーマンションで暮らすことに。

 ところが、元嫁は約束の期日がきても一向に出て行かず、居座りを続け、本気で参りました。

 マンスリー契約のマンションなので予想外の出費がかさむし、財産分与後なので貯金も心細いのに、元妻は住居費がかからないのをいいことに、僕からの連絡を無視して、半年ほど居座り続けてましたね。

 家賃でも請求してやろうかと思ったんですが、関わるとまた不快な思いをすると思ったので、ぐっとこらえて出て行くのを待ちましたが、鬼嫁は最後まで鬼嫁なんだなぁと妙に納得しました」(44歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 離婚すれば、文字どおり“赤の他人”。それなのに、元妻の立場をフル活用して居座りを続ける鬼嫁も。「少しでも得をしたい」「相手を困らせたい」などの心理があるのかもしれませんが、かなりの迷惑行為です。

「やっと鬼嫁と離れられた!」と心機一転、前向きな人生を歩み始めた男性に、予期せぬ悪あがきをぶつける鬼嫁もいるみたいです。ヨリを戻したい一心であっても、逆効果でしかありません……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ