「3食昼寝付き」の勝ち組主婦が一瞬で負け組に転落したお話

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-16 06:00
投稿日:2019-04-16 06:00
「3食昼寝付き」で、勝ち組結婚を果たしたように見える主婦でも、ひょんなことから負け組に転落するケースもあります。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな女性たちが、あっという間に負け組に転落したエピソードを2選ご紹介します。

1:昼寝どころか夕寝をしている妻に、夫からの三下り半が…

いくらなんでもだらけ過ぎ(写真:iStock)
いくらなんでもだらけ過ぎ (写真:iStock)

「私の知っている40代半ばの女性は、専業主婦をしていることに、どこか自慢げでした。
 今どき、夫の稼ぎだけで優雅に暮らしている人は少ないし、確かに勝ち組だったのかもしれないけれど。

 たまに会うと『私なんて、昼寝付きどころか夕寝付きよ。子供もいないし、夫には、食事を外で済ませてきてもらうようにして、夕方にも昼寝をするの〜』なんて得意げに話していましたね。

 でもある日、そんな妻にウンザリしたご主人が家出をし、離婚を申し出たそう。
ご主人の意思は固く、協議の際には『家に帰っても、家事もせずいつでも寝ているだけの君に、本気でウンザリだったしもう愛情も感じない』と、はっきり言われたそうです。

 40代半ばで、たいしたキャリアもない女性が、離婚後にまともな暮らしを送れるわけもなく。

 今では学生が暮らすような6畳ワンルームのボロいアパートで、パートをしながら細々と暮らしています。

 散々自慢されてきたので、なんだか私までスカッとしたんですが、私って性格悪いですかね?」(38歳女性/ルート営業)

  ◇  ◇  ◇

 妻としての務めを放棄し、昼寝(夕寝)ざんまいな暮らしを送っていれば、夫はいつしか、結婚生活に意義を見出せなくなることでしょう。

 昼寝生活を自慢し、永遠の勝ち組でいられると思っていたら、大誤算となるケースもあるようです。

2:自慢げなパート主婦に自業自得な天罰が…

周囲を見下すような発言はダメ(写真:iStock)
周囲を見下すような発言はダメ (写真:iStock)

「職場にいるパートの女性は、いつも夫の自慢と、自分がいかに楽をして生きているかの自慢話ばかりで、私は本気で鬱陶しく思っていました。
『夫の稼ぎで暮らしているから、本当は働く必要なんてないの』、『パート代は全部、私のお小遣い』、『パートがない日は、家でテレビを見てお昼寝しているだけ』などと、フルタイムで働いている私たちを見下すかのような発言が多くて、同僚からも不評でした。

 ところがあるとき、その女性が、正社員での勤務を希望してきたとのニュースが。さらには名字が変わっていて、離婚したのは明白でした。

 でも、正直仕事ができるタイプでもないし、社はその人を正社員として雇用せず、契約社員として雇うことに。

 今では、私たちと同じ仕事をしながらも、安い給料でボーナスもなく福利厚生も劣る環境で、大変そうだし、噂では夜のバイトもかけもちしているみたい。

 散々自慢されてきたので、同僚たちとは『バチが当たったんだろうね』と話しています」(39歳女性/印刷)

 周囲を敵にまわす発言をしていた既婚女性が、離婚によって苦境に立たされても、同情するどころか、スカッとするのも女性の本音でしょう。

 自業自得とはいえ、なんとも因果応報なエピソードです。

  ◇  ◇  ◇

 結婚の有無で女性を「勝ち組」「負け組」でくくるわけではありませんが、身近な独身女性を小馬鹿にするかのような既婚女性が身近にいれば、不快になる人も多いはず。

 一見「勝ち組」に見えても、長い人生においては、そうそう楽な話ばかりが続くとは限らないのも世の常です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ