「3食昼寝付き」の勝ち組主婦が一瞬で負け組に転落したお話

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-16 06:00
投稿日:2019-04-16 06:00
「3食昼寝付き」で、勝ち組結婚を果たしたように見える主婦でも、ひょんなことから負け組に転落するケースもあります。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな女性たちが、あっという間に負け組に転落したエピソードを2選ご紹介します。

1:昼寝どころか夕寝をしている妻に、夫からの三下り半が…

いくらなんでもだらけ過ぎ(写真:iStock)
いくらなんでもだらけ過ぎ (写真:iStock)

「私の知っている40代半ばの女性は、専業主婦をしていることに、どこか自慢げでした。
 今どき、夫の稼ぎだけで優雅に暮らしている人は少ないし、確かに勝ち組だったのかもしれないけれど。

 たまに会うと『私なんて、昼寝付きどころか夕寝付きよ。子供もいないし、夫には、食事を外で済ませてきてもらうようにして、夕方にも昼寝をするの〜』なんて得意げに話していましたね。

 でもある日、そんな妻にウンザリしたご主人が家出をし、離婚を申し出たそう。
ご主人の意思は固く、協議の際には『家に帰っても、家事もせずいつでも寝ているだけの君に、本気でウンザリだったしもう愛情も感じない』と、はっきり言われたそうです。

 40代半ばで、たいしたキャリアもない女性が、離婚後にまともな暮らしを送れるわけもなく。

 今では学生が暮らすような6畳ワンルームのボロいアパートで、パートをしながら細々と暮らしています。

 散々自慢されてきたので、なんだか私までスカッとしたんですが、私って性格悪いですかね?」(38歳女性/ルート営業)

  ◇  ◇  ◇

 妻としての務めを放棄し、昼寝(夕寝)ざんまいな暮らしを送っていれば、夫はいつしか、結婚生活に意義を見出せなくなることでしょう。

 昼寝生活を自慢し、永遠の勝ち組でいられると思っていたら、大誤算となるケースもあるようです。

2:自慢げなパート主婦に自業自得な天罰が…

周囲を見下すような発言はダメ(写真:iStock)
周囲を見下すような発言はダメ (写真:iStock)

「職場にいるパートの女性は、いつも夫の自慢と、自分がいかに楽をして生きているかの自慢話ばかりで、私は本気で鬱陶しく思っていました。
『夫の稼ぎで暮らしているから、本当は働く必要なんてないの』、『パート代は全部、私のお小遣い』、『パートがない日は、家でテレビを見てお昼寝しているだけ』などと、フルタイムで働いている私たちを見下すかのような発言が多くて、同僚からも不評でした。

 ところがあるとき、その女性が、正社員での勤務を希望してきたとのニュースが。さらには名字が変わっていて、離婚したのは明白でした。

 でも、正直仕事ができるタイプでもないし、社はその人を正社員として雇用せず、契約社員として雇うことに。

 今では、私たちと同じ仕事をしながらも、安い給料でボーナスもなく福利厚生も劣る環境で、大変そうだし、噂では夜のバイトもかけもちしているみたい。

 散々自慢されてきたので、同僚たちとは『バチが当たったんだろうね』と話しています」(39歳女性/印刷)

 周囲を敵にまわす発言をしていた既婚女性が、離婚によって苦境に立たされても、同情するどころか、スカッとするのも女性の本音でしょう。

 自業自得とはいえ、なんとも因果応報なエピソードです。

  ◇  ◇  ◇

 結婚の有無で女性を「勝ち組」「負け組」でくくるわけではありませんが、身近な独身女性を小馬鹿にするかのような既婚女性が身近にいれば、不快になる人も多いはず。

 一見「勝ち組」に見えても、長い人生においては、そうそう楽な話ばかりが続くとは限らないのも世の常です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:17 ラブ
FILM
 離婚で陥りがちな最も怖いことってなんだと思いますか? 経済不安? 世間体? 色々あるとは思いますが、何年も苦しむような...
七味さや 2020-10-16 06:00 ラブ
FILM
「最近、彼の様子がおかしい」と感じても、浮気かどうかを判断する明確な定義はないので難しいですよね。実際、男女で浮気のボー...
恋バナ調査隊 2020-10-16 06:00 ラブ