「3食昼寝付き」の勝ち組主婦が一瞬で負け組に転落したお話

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-16 06:00
投稿日:2019-04-16 06:00
「3食昼寝付き」で、勝ち組結婚を果たしたように見える主婦でも、ひょんなことから負け組に転落するケースもあります。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな女性たちが、あっという間に負け組に転落したエピソードを2選ご紹介します。

1:昼寝どころか夕寝をしている妻に、夫からの三下り半が…

いくらなんでもだらけ過ぎ(写真:iStock)
いくらなんでもだらけ過ぎ (写真:iStock)

「私の知っている40代半ばの女性は、専業主婦をしていることに、どこか自慢げでした。
 今どき、夫の稼ぎだけで優雅に暮らしている人は少ないし、確かに勝ち組だったのかもしれないけれど。

 たまに会うと『私なんて、昼寝付きどころか夕寝付きよ。子供もいないし、夫には、食事を外で済ませてきてもらうようにして、夕方にも昼寝をするの〜』なんて得意げに話していましたね。

 でもある日、そんな妻にウンザリしたご主人が家出をし、離婚を申し出たそう。
ご主人の意思は固く、協議の際には『家に帰っても、家事もせずいつでも寝ているだけの君に、本気でウンザリだったしもう愛情も感じない』と、はっきり言われたそうです。

 40代半ばで、たいしたキャリアもない女性が、離婚後にまともな暮らしを送れるわけもなく。

 今では学生が暮らすような6畳ワンルームのボロいアパートで、パートをしながら細々と暮らしています。

 散々自慢されてきたので、なんだか私までスカッとしたんですが、私って性格悪いですかね?」(38歳女性/ルート営業)

  ◇  ◇  ◇

 妻としての務めを放棄し、昼寝(夕寝)ざんまいな暮らしを送っていれば、夫はいつしか、結婚生活に意義を見出せなくなることでしょう。

 昼寝生活を自慢し、永遠の勝ち組でいられると思っていたら、大誤算となるケースもあるようです。

2:自慢げなパート主婦に自業自得な天罰が…

周囲を見下すような発言はダメ(写真:iStock)
周囲を見下すような発言はダメ (写真:iStock)

「職場にいるパートの女性は、いつも夫の自慢と、自分がいかに楽をして生きているかの自慢話ばかりで、私は本気で鬱陶しく思っていました。
『夫の稼ぎで暮らしているから、本当は働く必要なんてないの』、『パート代は全部、私のお小遣い』、『パートがない日は、家でテレビを見てお昼寝しているだけ』などと、フルタイムで働いている私たちを見下すかのような発言が多くて、同僚からも不評でした。

 ところがあるとき、その女性が、正社員での勤務を希望してきたとのニュースが。さらには名字が変わっていて、離婚したのは明白でした。

 でも、正直仕事ができるタイプでもないし、社はその人を正社員として雇用せず、契約社員として雇うことに。

 今では、私たちと同じ仕事をしながらも、安い給料でボーナスもなく福利厚生も劣る環境で、大変そうだし、噂では夜のバイトもかけもちしているみたい。

 散々自慢されてきたので、同僚たちとは『バチが当たったんだろうね』と話しています」(39歳女性/印刷)

 周囲を敵にまわす発言をしていた既婚女性が、離婚によって苦境に立たされても、同情するどころか、スカッとするのも女性の本音でしょう。

 自業自得とはいえ、なんとも因果応報なエピソードです。

  ◇  ◇  ◇

 結婚の有無で女性を「勝ち組」「負け組」でくくるわけではありませんが、身近な独身女性を小馬鹿にするかのような既婚女性が身近にいれば、不快になる人も多いはず。

 一見「勝ち組」に見えても、長い人生においては、そうそう楽な話ばかりが続くとは限らないのも世の常です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-12 06:00 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ
好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信...
恋バナ調査隊 2021-04-11 06:00 ラブ
こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で...
山崎世美子 2021-04-10 12:39 ラブ
「運命かも…」不倫相手の妊娠で離婚を決めた元夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.35〜女性編〜」では、コロナ禍でも浮気をやめなかった夫と離婚したものの、その浮気や離婚にまつ...
並木まき 2021-04-11 06:00 ラブ
不倫相手は妊娠まで…元夫の浮気の真実を知りたい女性の悲痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-04-10 06:16 ラブ
男性より女性が稼ぐ「逆パワーカップル」がうまくいくコツ
 あなたは、自分より稼ぎの少ない男性との同棲を考えられますか? 昔ながらのイメージだと「男性は女性より稼いでいるもの」で...
ミクニシオリ 2021-04-09 06:00 ラブ
彼氏から大切にされる彼女の特徴6つ&男性がそう思う瞬間♡
せっかく大好きな男性とお付き合いできても、大切にされている実感がないと不安な気持ちになってしまいますよね。そこで今回は、...
恋バナ調査隊 2021-04-09 06:00 ラブ
イケメンはなぜイケメンとカップリングするのか考察してみた
 いわゆるBLものでは、イケメン同士が恋愛することが多く、その様子を女性たちはうっとりと見つめている。そして実は、現実世...
内藤みか 2021-04-08 06:00 ラブ
価値観が合うと恋愛がうまくいく理由♡5つのチェックポイント
 彼氏ができれば、当然「関係を長続きさせたい」と思うもの。しかし、交際がスタートしてから、「こんな人だったんだ……」と気...
恋バナ調査隊 2021-04-08 06:00 ラブ
カレを傷つけない!焦らしてモテちゃう“夜の断りテクニック”
 カレのことは好きだけど、今日はなんだか疲れているし、気分じゃない……。でもカレはやる気満々だし、どうしよう〜。そんな時...
若林杏樹 2021-04-07 06:00 ラブ
このまま独身? 女性が結婚に焦る6つの瞬間&上手な対処方法
 結婚に憧れている女性は多いでしょう。しかし、結婚願望があるのに、なかなか叶えられずにいると不安になってしまうもの。でも...
恋バナ調査隊 2021-04-07 06:00 ラブ