なぜ私の邪魔するの?才色兼備な実姉を恨んで生きてきた #1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2022-07-01 14:05
投稿日:2022-06-24 06:00
実の姉の夫と…(写真:iStock)
実の姉の夫と… (写真:iStock)

「不倫」という言葉ができて、どれくらい経つのだろう。いまや石を投げれば「婚外恋愛者」に当たることなど珍しくない。

 しかし、その不倫相手が身内だったら――。

 しかも、実の姉の夫だったら――。

 今回、取材に応じてくれたのはH子さん(27歳クラブホステス/独身)だ。

 丁寧に巻かれたロングヘアと、目鼻立ちの整ったエキゾチックな美貌がひときわ目を引くグラマラス美女だ。鮮やかなブルーのミニワンピースから伸びた脚も美しい。

 しかし、彼女には幼少期からの深い悩みがあった。

 それは他でもない、2つ年上の姉の存在である。

 清楚で優美、才色兼備の姉の存在のせいで、H子さんはどれほど傷ついてきたか数知れないと唇を噛みしめる。

 一人っ子だったら……いや、せめて異性の兄弟ならば、ここまで比較されることはないだろうというほど、姉と比べられた人生だったという。

 容姿、性格、成績、そして恋――そんなH子さんが、長年の復讐ともいえる「姉の夫との不倫の実態」を語ってくれた。

姉はおとなしい品行方正な少女だった

2つ年上の姉は自分とは真逆のタイプだった(写真:iStock)
2つ年上の姉は自分とは真逆のタイプだった (写真:iStock)

――まずは、子供時代の姉妹のエピソードなどお聞かせください。

「姉とは容姿も性格もまったく逆ですね。私は目鼻立ちのくっきりした派手めの顔立ち。性格も勝ち気でサバサバ系、体育会系の活発な感じでしょうか。近所の男の子たちとも、平気でケンカをしていましたし(笑)。

 一方の姉は、子供の頃から読書やクラシック音楽が好きで、おとなしい品行方正な少女。学校の成績もいいので、先生たちからのウケも良かったですね。

 ルックスも、『深窓の令嬢』的な雰囲気です。サラサラの黒髪に、色白の肌と涼し気な瞳が、妹の私から見ても印象的。ファッションだって、私のような派手な格好はせず、白や紺のロングワンピースが多かったでしょうか。

 大人になっても雰囲気は変わらず、音大でピアノを専攻したせいか、エレガントでノーブルなオーラがほとばしっていましたね。卒業後、自宅でピアノ教室を始めた際も、両親は『親孝行な娘だ』と、とても喜んでいましたよ」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...