専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…

コクハク編集部
更新日:2022-08-12 11:58
投稿日:2022-08-12 06:00
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過ごしていると、漠然とした不安を感じる人は多いのではないでしょうか。
 そこで今回は、専業主婦が抱える不安と解消方法をご紹介します。

あなただけじゃない! 専業主婦が抱える5つの不安

自分のモノを買うのに抵抗がある(写真:iStock)
自分のモノを買うのに抵抗がある (写真:iStock)

 専業主婦というと「働かずにいられていいな」なんて、周りの友達から羨ましがられる人も多いでしょう。しかし、専業主婦には専業主婦なりの不安を抱えている人も多いようです。

1. お金への不安

 毎日どんなに家事や育児をこなしても、専業主婦にお給料が入ることはありません。夫のお給料だけで暮らしている現状にお金への不安が募り、「私は稼がなくて良いのかな……」と思う人も少なくないようです。

 隙間時間を使って、パートなどをしたほうが良いのか葛藤する女性は多いです。

2. なにもしていないという不安

 専業主婦は、家事や育児が仕事のようなもの。いつも時間に追われてヘトヘトなのに、収入を得ていない後ろめたさからか「なにもしていない」と不安になる人も多いです。

 また、専業主婦は家族以外の人と接する機会が少ないため、どんどん視野が狭くなり、自分自身を追い詰めてしまう人もいます。

3. 仕事復帰への不安

前みたいに働けるのか不安(写真:iStock)
前みたいに働けるのか不安 (写真:iStock)

 専業主婦の人の中には「子供がある程度大きくなったら仕事復帰しよう」と考えている人も多いです。

 しかし、ブランクが開けば開くほど「本当に仕事復帰できるのだろうか?」と不安になる人も。どんなにスキルがあっても、専業主婦になって自信を失ってしまう人は多いでしょう。

4. 社会とつながっていない不安

 専業主婦が普段接するのは、夫や子供だけ。そのため、社会とつながっていないという疎外感を感じ、不安に思う人もいます。

 もちろん、実際には専業主婦だって社会とちゃんとつながっています。しかし、相談相手や話し相手がいないことで、孤独に陥ってしまうケースも多いのです。

5. 漠然とした将来への不安

ずっと先のことを考えてしまう(写真:iStock)
ずっと先のことを考えてしまう (写真:iStock)

 子育ては、永遠に続くわけではありません。今は育児に追われている専業主婦も、いずれ子供は手が離れます。そのため、将来を考えた時「子供が巣立ったら、私になにが残るのだろう?」と漠然とした不安を抱える人も。子供がいない生活が想像つかず、戸惑う人も多いでしょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


メルカリで“コピー品”を買ってしまった…? 2022.9.29(木)
 不要になった物を出品したり、探していた物を購入したり。上手に活用すれば便利で楽しく使えるメルカリですが、基本的には個人...
美少年にゃんこの品性と“たまたま”のワイルドさにキュン♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ワレモコウって漢字で書くと? “超絶短い秋”をおセンチに♡
 すっかりあやふやになった日本の四季。特に春と秋はメッチャ曖昧になってきたなぁと感じる今日この頃。極端な話、体感できる秋...
あなたは受け恋?追い恋? 9月26日~10月2日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”君の気になる恋の行方!すれ違いざまに猛アピール
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
インフルエンサーの案件自慢にモヤっとするのはバカバカしい
 SNS上に“生息”するインフルエンサーっぽい人たち。何かと自慢が多く、心の奥でなんだかモヤモヤする……。そんな時の対処...
脱ボトルなるか「詰め替えそのまま」の実力 2022.9.25(日)
 ずっと気になっているけれど、値段がネックとなって購入するのを躊躇していたものが、コレ。「詰め替えそのまま」です。シャン...
デキる大人が警告! 自信のない人が直すべきは“時間の浪費癖”
 自信がつくためには、あとどのくらい頑張ればいいんだろう? 最近そんなことをよく考えます。時間がかかるのは分かっているの...
悪霊退散にゃ!“たまたま”の強いまなざしに幽霊もタジタジ?
 きょうは、見えないナニかを察知し、警戒するにゃんたま君。  猫には当たり前のように見えているらしいです……幽霊が...
実家が「結婚」にうるさくなったらどうする?  取るべき対処法
 ある程度の年齢になっても独身だと、周りから「結婚は?」と聞かれることが増えますよね。特に、うるさく言ってくるのが実家の...
高額初期投資でも損なし!? リピート続出のスーパートレニア
 決して愚痴ではないですよ。愚痴ではないし、仕入れたものが完売するわけでもないのですが、まあ、お商売というものは難しいで...
貴重品を守る“ジッパークリップ”の使い勝手 2022.9.21(水)
 最近、通勤時にリュックを背負っている人多いですよね。パソコンなど重いモノを入れても片手持ちの鞄よりは身体への負担が軽く...
OL時代はお弁当タイムがつらかった…自分を守るためのルールを
 仕事でたまたま、数時間一緒に過ごした人。年に数回しか会わない、他社の人。友達の友達。絶妙な距離感の人と会話をする時、ど...
涼しくなると寂しくなるにゃ…“たまたま”の夏休みの思い出
 きょうは、にゃんたま君に夏休みの思い出を聞きました。  友達と毎日、探検ごっこにプロレス、昆虫採集をしていたそう...
行きたくなくてもいいじゃない! 同窓会の上手な断り方5選
 数年に一度届く、同窓会のお便り。でも「懐かしい!」と歓喜する人ばかりではないんです。「あんまり行きたくないんだけどな…...
あなたは受け恋?追い恋? 9月19日~9月25日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...