恋愛マスターは何を語る? くじら式恋活パーティーに潜入!

コクハク編集部
更新日:2019-04-24 10:37
投稿日:2019-04-23 16:30
 4月某日、コクハクで「#ザン恋」を連載中の田中絵音さんから連絡があり、「うちの日本合コン協会主催でちょっと面白いイベントをやるので、遊びに来てください!」とのお誘いが。なんでも、お笑い芸人で恋愛マスターとしても大活躍中の“くじら”さんがプロデュースする合コンパーティーが開催されるとのこと。これは取材必至です!

女性から絶大な支持を受けるくじら式

恋愛マスターくじらさん(C)コクハク
恋愛マスターくじらさん (C)コクハク

 恋愛マスターくじらさんといえば、「くじらの恋愛相談LINE@」登録者数1万7000人以上、アメブロの月間アクセス数は140万PVと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ぶり。

 著書も2冊あり、Amazon恋愛本ランキング1位を獲得するなど、主に女性から絶大なる支持を受けているカリスマです。

 “あわよくば、くじらさんに連載を頼めないかな……”なんて下心もありつつ(笑)、イベントに潜入してきました。

男女総勢40人の期待とドキドキ

 会場は、東京・渋谷のBAR JACK。土曜ということで、昼15時からの開催です。こりゃ二次会にも余裕で行ける時間帯だな〜。

 開始15分前に到着するも、準備でドタバタしている絵音さんには、フライング気味の参加者と勘違いされていたらしく、なかなか気づいてもらえない……なんてハプニングもありつつ(笑)、男女総勢40人がほぼ時間通りに大集合。

 さらに、このイベントには男性陣の応援隊長として「男磨き研究所」代表の川瀬智広さんも来ていました。奥手な男性にアドバイスをして肩を押してくれるそうです。

 参加者たちの期待とドキドキが記者にも伝わってきます!

合コン前に、くじら式恋愛プチ講座開講!

田中絵音さんが司会進行(右)/(C)コクハク
田中絵音さんが司会進行(右) /(C)コクハク

 絵音さんが司会進行を務め、合コンに先立ち「くじら式恋愛講座」がスタートしました。

 くじらさんが参加者に語った熱いトーク内容を一部ご紹介します!

くじら式・出会いの奥義

 くじらさん曰く。

「一般的な出会いのイベントって、男性の方が会費が高くて女性の方が安いのが相場なんだけど、それっておかしいなと思っていて。

 男が選ぶ側で女が選ばれる側、女の人が愛される側とか、常に女の人が受け身、というのは良くないでしょう。男女どちらも同額で、男女どちらも選ぶ側でいいじゃん。

 選ばれることに身を委ねていると、自分の力ではどうにもならないことが起きていって、恋愛自体がどんどん苦しくなってきちゃうんです。

 恋愛は、自分でつかみに行くものだと思う。

 それに、結婚は男性にだって苦しいことが沢山あるんです。

 プロポーズ、結婚指輪、新婚旅行、結婚式代など……急に結婚ってだけで何百万円もかかるのが現状。

 でも、本当はどっちからプロポーズしてもいいし、費用も折半でいいとなれば、“気軽に結婚しようよ”という男性が増えるかもしれない。

 今日のくじら式恋活パーティーは、どっちも選ぶ側で出会いを楽しんで欲しいなって思うんです」

恋愛講座が熱すぎる!(C)コクハク
恋愛講座が熱すぎる! (C)コクハク

 くじらさんの恋愛講座はさらに続きます。

本当にモテる人の共通点とは?

「毎日すごい数の恋愛相談を受けている中で感じるのは、やっぱり“モテる人”っている。

 じゃ、どういう人がモテるのかというと、共通点があるんだよね。

 恋愛相談を受けてると、“モテてモテてしょうがない、仕事をしたいのに言い寄られて困ってる”と、ちょっと自慢に聞こえるような相談(笑)。

 そういう人って、どういう人か?

 すごく美人、イケメンじゃないの?と思うかもしれないけど、モテる人たちって自己肯定感がすごく高いんです。自分のことが好きで、やりたいことやビジョンを明確に持っていて、自分を受け入れて愛せるから、人のことも愛せる。

 自己肯定感が高い人と高くない人との差は何か?

 自分のことを好きな人は、そこに根拠がない。“なんかよくわからないけど、自分のこと好きなんですよね”と、楽観的に考えている。

 逆に、自分に自信がない人は過去の実績を気にしている。“あのときこう言われた”“こんなことがあったから私はダメなんだ”と。

 自尊心って子供のころは高いけど、大人になると“ここがダメなんじゃないか”と自分で自尊心を傷つける。

 今日はそういうのを一切やめてもらって、“自分は存在しているだけでパーフェクト”という気持ちでやってください。

 “私はこういう人にアプローチしたら断られるんじゃないかな”とか思うのは、それは勝手に自分で自分のことを下げているだけなんで、他人から見たらどっちが良いとかないから。

 自分がいいなと思ったら、思う存分アプローチして欲しい。

 今日は自分を下げず、自分がこの人と恋愛したいなと思う人と、存分に話してほしいなと思います」

結婚観について

「最後に、結婚観の話。

 結婚っていう制度ができたのは今から100年くらい前。寿命が今の半分くらいの時にできたものなんです。

 人生60年くらいで、二十歳で結婚して、そこから20年子育てして、四十歳になったらあとは老後みたいな。人生の中でしっくりくるシステムだった。

 でも、昨今は人生100年とも言われ、寿命はずっと右肩上がり。四十歳であなた老後ですね、と言われても、いやまだまだ現役ですよと。結婚が人生の長さに合ってない制度になってきてるから、まあこれだけ離婚が増えるというのも当然だと思う。

 だから結婚して一生添い遂げるというような重苦しい感じじゃなくて、もうちょっとカジュアルにとらえていいんだと思う。

 今日みたいな出会いを利用して、“一緒にいる”ことがお互いの目標だと思うので。

 恋愛は何かを失うものじゃない。一緒にいられる時間が1秒でもあれば感謝でしかないと。

 そういう時間を、今日の出会いの中から作っていただけたらと思います」

  ◇  ◇  ◇

 いかがですか? このトークだけで胸がアツくなった人も多いのでは?

 実際に会場で聞いていた参加者は、その何倍も勇気をもらい、合コンに挑めたのは言うまでもありませんね。

いよいよ合コンがスタート!

LINEグループを作って盛り上がる参加者たち(C)コクハク
LINEグループを作って盛り上がる参加者たち (C)コクハク

 出会いに対するボルテージが高まる中、続いて合コンタイムがスタート!

 男女5人ずつのテーブルで合コンが行われ、時間ごとに女性陣のみがテーブルを移動して席替えをしていきます。

 一般的に、席替えは男性が移動するパターンが多いらしいのですが、「女性が積極的になるように」と、くじらさんのリクエストで女性が動くことになったそうです。

 また、この席替えシステムにより、参加した異性20人全員と話す機会があって、かつ異性全員とLINEグループでつながれるというのがスゴい……さすが、くじら式!

 ちなみに、合コンイベントは自己紹介だけで時間を費やしてしまうことが多いのですが、くじら式合コンの会話は、くじらさんが出すお題について話すのがルール。

「カラオケでは1曲目に何を歌う?」
「新元号の『令和』を気に入った?」
「生まれ変わるなら男女どっち?」

 などなど、誰もが話したくなるような絶妙なお題が次々と出て、盛り上がっていました。さすが芸人さんですね!

フリータイムはさながら騎馬戦!

いざ、出陣!(C)コクハク
いざ、出陣! (C)コクハク

 こうして席替えが全て終了したら、いよいよフリータイム。

 その前に、男女別れて激励タイムです。女性陣はくじらさんの周りに、男性陣は川瀬さんの周りに大集合。エールをもらって、それぞれ意気高々といざフリータイムへ出陣! まるで騎馬戦のような雰囲気です(笑)。

 すぐに6組の男女がツーショットとなり、そこに「ちょっと待った!」とばかりに男性が割って入ったり、会場のあちこちで男女のグループができて、会話が始まったり……。

 最後に、前日誕生日だったくじらさんに、ケーキのサプライズがあってみんなでお祝い! ハッピーなムードで終了となりました。

 果たして、カップルは何組誕生したのか? 幸せ報告が楽しみでなりません!

何人のカップルが誕生する?
何人のカップルが誕生する?

◆ NEWS ◆
 もし、カップルになれなかったというアナタ……自分も参加してみたいという方……そんな皆さんに朗報です。好評につき「くじら式恋活パーティーvol.2」の開催が決定。前回はチケット即日完売だったので、ご興味ある方はお早めに!
※詳細・お申込はコチラ↓
https://quddila-party02.peatix.com/

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...