恋愛マスターは何を語る? くじら式恋活パーティーに潜入!

コクハク編集部
更新日:2019-04-24 10:37
投稿日:2019-04-23 16:30
 4月某日、コクハクで「#ザン恋」を連載中の田中絵音さんから連絡があり、「うちの日本合コン協会主催でちょっと面白いイベントをやるので、遊びに来てください!」とのお誘いが。なんでも、お笑い芸人で恋愛マスターとしても大活躍中の“くじら”さんがプロデュースする合コンパーティーが開催されるとのこと。これは取材必至です!

女性から絶大な支持を受けるくじら式

恋愛マスターくじらさん(C)コクハク
恋愛マスターくじらさん (C)コクハク

 恋愛マスターくじらさんといえば、「くじらの恋愛相談LINE@」登録者数1万7000人以上、アメブロの月間アクセス数は140万PVと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ぶり。

 著書も2冊あり、Amazon恋愛本ランキング1位を獲得するなど、主に女性から絶大なる支持を受けているカリスマです。

 “あわよくば、くじらさんに連載を頼めないかな……”なんて下心もありつつ(笑)、イベントに潜入してきました。

男女総勢40人の期待とドキドキ

 会場は、東京・渋谷のBAR JACK。土曜ということで、昼15時からの開催です。こりゃ二次会にも余裕で行ける時間帯だな〜。

 開始15分前に到着するも、準備でドタバタしている絵音さんには、フライング気味の参加者と勘違いされていたらしく、なかなか気づいてもらえない……なんてハプニングもありつつ(笑)、男女総勢40人がほぼ時間通りに大集合。

 さらに、このイベントには男性陣の応援隊長として「男磨き研究所」代表の川瀬智広さんも来ていました。奥手な男性にアドバイスをして肩を押してくれるそうです。

 参加者たちの期待とドキドキが記者にも伝わってきます!

合コン前に、くじら式恋愛プチ講座開講!

田中絵音さんが司会進行(右)/(C)コクハク
田中絵音さんが司会進行(右) /(C)コクハク

 絵音さんが司会進行を務め、合コンに先立ち「くじら式恋愛講座」がスタートしました。

 くじらさんが参加者に語った熱いトーク内容を一部ご紹介します!

くじら式・出会いの奥義

 くじらさん曰く。

「一般的な出会いのイベントって、男性の方が会費が高くて女性の方が安いのが相場なんだけど、それっておかしいなと思っていて。

 男が選ぶ側で女が選ばれる側、女の人が愛される側とか、常に女の人が受け身、というのは良くないでしょう。男女どちらも同額で、男女どちらも選ぶ側でいいじゃん。

 選ばれることに身を委ねていると、自分の力ではどうにもならないことが起きていって、恋愛自体がどんどん苦しくなってきちゃうんです。

 恋愛は、自分でつかみに行くものだと思う。

 それに、結婚は男性にだって苦しいことが沢山あるんです。

 プロポーズ、結婚指輪、新婚旅行、結婚式代など……急に結婚ってだけで何百万円もかかるのが現状。

 でも、本当はどっちからプロポーズしてもいいし、費用も折半でいいとなれば、“気軽に結婚しようよ”という男性が増えるかもしれない。

 今日のくじら式恋活パーティーは、どっちも選ぶ側で出会いを楽しんで欲しいなって思うんです」

恋愛講座が熱すぎる!(C)コクハク
恋愛講座が熱すぎる! (C)コクハク

 くじらさんの恋愛講座はさらに続きます。

本当にモテる人の共通点とは?

「毎日すごい数の恋愛相談を受けている中で感じるのは、やっぱり“モテる人”っている。

 じゃ、どういう人がモテるのかというと、共通点があるんだよね。

 恋愛相談を受けてると、“モテてモテてしょうがない、仕事をしたいのに言い寄られて困ってる”と、ちょっと自慢に聞こえるような相談(笑)。

 そういう人って、どういう人か?

 すごく美人、イケメンじゃないの?と思うかもしれないけど、モテる人たちって自己肯定感がすごく高いんです。自分のことが好きで、やりたいことやビジョンを明確に持っていて、自分を受け入れて愛せるから、人のことも愛せる。

 自己肯定感が高い人と高くない人との差は何か?

 自分のことを好きな人は、そこに根拠がない。“なんかよくわからないけど、自分のこと好きなんですよね”と、楽観的に考えている。

 逆に、自分に自信がない人は過去の実績を気にしている。“あのときこう言われた”“こんなことがあったから私はダメなんだ”と。

 自尊心って子供のころは高いけど、大人になると“ここがダメなんじゃないか”と自分で自尊心を傷つける。

 今日はそういうのを一切やめてもらって、“自分は存在しているだけでパーフェクト”という気持ちでやってください。

 “私はこういう人にアプローチしたら断られるんじゃないかな”とか思うのは、それは勝手に自分で自分のことを下げているだけなんで、他人から見たらどっちが良いとかないから。

 自分がいいなと思ったら、思う存分アプローチして欲しい。

 今日は自分を下げず、自分がこの人と恋愛したいなと思う人と、存分に話してほしいなと思います」

結婚観について

「最後に、結婚観の話。

 結婚っていう制度ができたのは今から100年くらい前。寿命が今の半分くらいの時にできたものなんです。

 人生60年くらいで、二十歳で結婚して、そこから20年子育てして、四十歳になったらあとは老後みたいな。人生の中でしっくりくるシステムだった。

 でも、昨今は人生100年とも言われ、寿命はずっと右肩上がり。四十歳であなた老後ですね、と言われても、いやまだまだ現役ですよと。結婚が人生の長さに合ってない制度になってきてるから、まあこれだけ離婚が増えるというのも当然だと思う。

 だから結婚して一生添い遂げるというような重苦しい感じじゃなくて、もうちょっとカジュアルにとらえていいんだと思う。

 今日みたいな出会いを利用して、“一緒にいる”ことがお互いの目標だと思うので。

 恋愛は何かを失うものじゃない。一緒にいられる時間が1秒でもあれば感謝でしかないと。

 そういう時間を、今日の出会いの中から作っていただけたらと思います」

  ◇  ◇  ◇

 いかがですか? このトークだけで胸がアツくなった人も多いのでは?

 実際に会場で聞いていた参加者は、その何倍も勇気をもらい、合コンに挑めたのは言うまでもありませんね。

いよいよ合コンがスタート!

LINEグループを作って盛り上がる参加者たち(C)コクハク
LINEグループを作って盛り上がる参加者たち (C)コクハク

 出会いに対するボルテージが高まる中、続いて合コンタイムがスタート!

 男女5人ずつのテーブルで合コンが行われ、時間ごとに女性陣のみがテーブルを移動して席替えをしていきます。

 一般的に、席替えは男性が移動するパターンが多いらしいのですが、「女性が積極的になるように」と、くじらさんのリクエストで女性が動くことになったそうです。

 また、この席替えシステムにより、参加した異性20人全員と話す機会があって、かつ異性全員とLINEグループでつながれるというのがスゴい……さすが、くじら式!

 ちなみに、合コンイベントは自己紹介だけで時間を費やしてしまうことが多いのですが、くじら式合コンの会話は、くじらさんが出すお題について話すのがルール。

「カラオケでは1曲目に何を歌う?」
「新元号の『令和』を気に入った?」
「生まれ変わるなら男女どっち?」

 などなど、誰もが話したくなるような絶妙なお題が次々と出て、盛り上がっていました。さすが芸人さんですね!

フリータイムはさながら騎馬戦!

いざ、出陣!(C)コクハク
いざ、出陣! (C)コクハク

 こうして席替えが全て終了したら、いよいよフリータイム。

 その前に、男女別れて激励タイムです。女性陣はくじらさんの周りに、男性陣は川瀬さんの周りに大集合。エールをもらって、それぞれ意気高々といざフリータイムへ出陣! まるで騎馬戦のような雰囲気です(笑)。

 すぐに6組の男女がツーショットとなり、そこに「ちょっと待った!」とばかりに男性が割って入ったり、会場のあちこちで男女のグループができて、会話が始まったり……。

 最後に、前日誕生日だったくじらさんに、ケーキのサプライズがあってみんなでお祝い! ハッピーなムードで終了となりました。

 果たして、カップルは何組誕生したのか? 幸せ報告が楽しみでなりません!

何人のカップルが誕生する?
何人のカップルが誕生する?

◆ NEWS ◆
 もし、カップルになれなかったというアナタ……自分も参加してみたいという方……そんな皆さんに朗報です。好評につき「くじら式恋活パーティーvol.2」の開催が決定。前回はチケット即日完売だったので、ご興味ある方はお早めに!
※詳細・お申込はコチラ↓
https://quddila-party02.peatix.com/

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ