自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?

コクハク編集部
[PR]
更新日:2022-10-26 23:20
投稿日:2022-09-26 11:50

日本人女性が生涯に患う最も多いがんは「乳がん」

(C)アストラゼネカ株式会社
(C)アストラゼネカ株式会社

 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全乳がん患者の約9割が早期乳がんとして診断されています(※1、2)。

 日本でもここ数年、アメリカ発祥の「ピンクリボン」をシンボルマークとした乳がんの早期発見を啓発するイベントや運動が積極的に行われるようになりました。ですが、欧米に比べるとまだまだ課題が残されており、「正しい情報の取得」もそのひとつといえるでしょう。

 実は、乳がんとひとくくりにいっても、その発症や進行には遺伝子の変異など様々な原因が背景にあることをご存知でしょうか。もし乳がんを発症してしまった場合、がんの進行状態に加え、サブタイプと呼ばれる乳がんの種類や遺伝子変異が関連しているかで治療が大きく異なるようです。

 自分に一番あっている治療を見極めるには、まず自分の乳がんがどのような種類であるのかについて知ることも大切になるのです。

 たとえば、乳がんの中には通常よりも若い年齢で発症しやすい「HBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)」と呼ばれる遺伝による乳がんがあります(※3)。このHBOCは血縁関係のあるご家族にも影響する可能性のある乳がんであることから、ご自身の治療選択においてはもちろんのこと、ご家族を含めたサポートが必要な場合があります。

 現代のネット社会において、乳がんに関するさまざま情報があふれている中、自分にとって、知っておくべき、確かな情報にたどり着くのは決して容易なことではありません。

 女性にとって大変身近な病気といえる乳がん。その乳がんから、自分のカラダを守るために、まずは正しい情報を知り、備えることから始めてみませんか。

乳がんの最新情報などが得られるLINEアカウント

 10月25日(火)には、専門医の講演や乳がんサバイバーによるトークセッションを通じて乳がんにまつわる課題や最新情報について学べるイベントが、オンラインで開催されます。

【オンラインイベント】「わかる乳がん」~わたしにあった治療の見つけ方~の申し込みはこちら

 早期発見と適切な治療を受けることが何よりも重要とされるがんにおいて、乳がんは比較的早期発見しやすいといわれています。

 女性にとって誰もが当事者になり得る乳がんについて、毎日の生活の中でより手軽に、自分が知りたいタイミングで、治療や生活に役立つ幅広い情報が得られたらいいですよね。その際に役立てたいのが、LINEアカウント「わかる乳がん」です。

【LINEアカウントを利用中の方】
LINEアカウント「わかる乳がん」のお友達登録はこちら

【LINEアカウントを利用していない方】
お持ちのスマートフォンやパソコンにLINEアカウントをインストールいただいた後、こちらよりLINEアカウント「わかる乳がん」のお友達登録を

(C)アストラゼネカ株式会社
(C)アストラゼネカ株式会社

「わかる乳がん」は、乳がん患者や乳がんの不安を感じている際に必要とする情報を簡単に入手できることを目的に、アストラゼネカ社が、公益財団法人がん研究会 有明病院の監修のもと、開発・提供を始めたLINEアカウントです。

 乳がんに関する正しい知識を得て、女性として健康的な未来を築いていきたいですね。

【LINEアカウント「わかる乳がん」】
・治療や生活に役立つ幅広い情報
└精密検査の内容を解説
└乳がんの特徴や基本的な治療などを解説
└患者さんが抱きやすい疑問について、チャットボット形式のFAQ
└診断から治療まで患者さんの体験談を掲載
・解説記事と動画でわかりやすい
・スマホがあればどこでも見られる

※「アカウントはこちらから」のリンクより、友達登録すると利用可能です。

(※1)Cardoso F, et al. Locally recurrent or metastatic breast cancer: ESMO Clinical Practice Guidelines for diagnosis, treatment and follow-up. Ann. Oncol. 2012;23:vii11-9.

(※2)Asselain B, et al. Long-term outcomes for neoadjuvant versus adjuvant chemotherapy in early breast cancer: meta-analysis of individual patient data from ten randomised trials. Lancet. Oncol. 2018;19(1):27-39.

(※3)Colleoni M, et al. Annual Hazard Rates of Recurrence for Breast Cancer During 24 Years of Follow-Up: Results From the International Breast Cancer Study Group Trials I to V. J Clin Oncol. 2016;34(9):927-935.

【提供】
アストラゼネカ株式会社

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...