“梨花シャンプー”の広告につられ購入したら 2023.3.2(木)

コクハク編集部
更新日:2023-03-02 06:00
投稿日:2023-03-02 06:00

白髪対策でハイライトをはじめました

ケラスターゼの「バン ルミエール」を使用。ハイトーンやハイライトヘア用のシャンプーですが、洗っている最中からきしむ感じが…(C)コクハク
ケラスターゼの「バン ルミエール」を使用。ハイトーンやハイライトヘア用のシャンプーですが、洗っている最中からきしむ感じが… (C)コクハク

 40代半ば、白髪対策としてハイライトを入れています。ハイライトヘアは髪の毛をブリーチ剤で脱色させ、色素が抜けたところに新たに色を乗せるため、髪の毛へのダメージは避けられません。

 白髪が目立たなくなり、白髪と上手に付き合える人気のカラースタイルではありますが、白髪が目立たない代わりにパサつきが目立つのでは本末転倒……。

 少しでも髪の毛の良好な状態をキープするには、「毎日のホームケアがキモっす」と、2カ月に一度、お世話になっているサロンの美容師さんから口を酸っぱくして言われています。

白髪、ハイライト、激太り

 というわけで、日頃からヘアケアには関心があり、とりわけ「白髪」や「ハイライト」のキーワードには敏感で、それに関する情報を見つけるとチェックしているのですが、モデルの梨花さん(49)のSNSを紹介したスポーツ紙のネット記事を見てからというもの、「激太り」のキーワードも加わって……。

 気が付けば、わたしのPCやスマホには、“梨花シャンプー”の広告がこれでもか! と表示されるようになりました。

 で、まんまとつられ(?)、広告のバナーをクリックすると、定期初回限定でシャンプーとトリートメントの2本セットが、「約70%オフの2800円」で購入できると紹介されています。

 このシャンプー、発売当初から気になってたしなー、何より2800円で試せるのなら“失敗”しても、せんべろ2回我慢すればなんとかなるかなーと思い、ポチっと。

「薬用の医薬部外品」にも惹かれた

シャンプーとトリートメントは各300mlとたっぷりの容量。パンフレットまでおしゃれ(C)コクハク
シャンプーとトリートメントは各300mlとたっぷりの容量。パンフレットまでおしゃれ (C)コクハク

“梨花シャンプー”の正式なブランド名は、「AKN/R(アクニー)」。イングリウッド社が、梨花とタッグを組み、彼女をブランドファウンダー(創業者などの意)に迎えて作ったトータルセルフケアブランドです。

 第1弾として発売されたシャンプーやトリートメント、スカルプブラシといったヘアケアアイテムを皮切りに、今後さまざまな商品の展開が予想されますが、そのトップバッターとして「ヘアケア」が選ばれたのは、梨花世代の関心が高いからでしょう。そして、ブランドの看板を担う決意の表れですよね。

 それに、

・シャンプー、トリートメントともに薬用の医薬部外品
・加齢による髪の悩み(ハリ、コシ、うねり、くせ等)にアプローチする
・頭皮ケアができる
・毛根を活性化し育毛を促す5つの有効成分入り

 といったセールスポイントも購買欲を刺激します。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...
「髪の毛の分け目」どっちにする問題 意外と知らない似合うほうの決め方
 毎朝、髪の毛をスタイリングする時に「左右、どっちの分け目にしたらいいんだろう?」と困ることがありますよね。実際には、な...
美肌の40女性に聞いた!加齢の鼻の周りの赤み対策に“ちょい足し”3品
 年齢サインが出るのは鼻の周りの赤みだよねーー。20歳の頃にアルバイト先のお姉様にそう言われてから、早10年。鼻の周りの...