加齢たるたるのあるある<2>お尻の下のそれはマイナーな悩み

新井見枝香 書店員・エッセイスト・踊り子
更新日:2022-09-19 06:00
投稿日:2022-09-19 06:00
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ(?)月イチ連載です。
「加齢たるたるのあるある」第2弾は、マイナーだからこそ厄介な「お尻の下のたるみ」について――。

「ちょんちょろりん」問題

水着は長袖長ズボン!(写真:新井見枝香)
水着は長袖長ズボン! (写真:新井見枝香)

 同僚の指と指の間にあるタコ、とも言えぬ小豆大の突起。取れそうで取れないそれを、私は「ちょんちょろりん」と心の中で呼んでいた。

 ちょんちょろりんは赤くも黒くもなく、数年経っても育つわけでもなければ、消えてなくなるわけでもなかった。しかし、「それどうしたの?」と訊ねることはなぜかできなかった。

 本人がそのちょんちょろりんのことをどう思っているのか、わからないからだ。嫌だったら病院で取るだろうとも思うし、取らないから気にしてないとも限らない。

 その場合、他の同僚とちょんちょろりんを話題にしたら、本人にとっては悪口になるかもしれず、うっかり誰かと共有することもできなかった。

お尻「の」下「の」たるみ「の」シワ

ほうれい線が改善すると有名な美容液。悩んでないので効果はよくわからない(写真:新井見枝香)
ほうれい線が改善すると有名な美容液。悩んでないので効果はよくわからない (写真:新井見枝香)

 そういう、誰もが気になっているけど、口にはしない身体のこと。私の尻の下のたるみのシワもそうだった。尻の下のたるみのシワ。こうやってたくさん「の」を使う言い回しが大変嫌いだが、「ほうれい線」のようにひとことで言い表せないところからしてもう、ムカつく。

 細かく説明しないと伝わらないということは、マイナーな悩みということだ。ほうれい線ぐらいメジャーなら、ちょっとググれば専用のパックや美容液、改善のためのマッサージなどが、いくらでも見つかる。

 しかし尻の下について調べても、うーん、そういうことじゃないんだけどな、という的外れな情報にしか行き当たらないのだ。

 日常生活において、尻の下にシワがあっても、人の目に触れることは滅多にない。お尻が半分出るようなショートパンツをはかず、水着は日焼け対策も兼ねて長袖長ズボン。セックスはしなければいいし、どうしてもしたいなら、シワの1本まで愛してくれる人を選べばいいだけだ。

人の視線がもたらす効果を期待していたが…

おめでとう私たち♡(小説家の千早茜さんと)/(写真:新井見枝香)
おめでとう私たち♡(小説家の千早茜さんと) /(写真:新井見枝香)

 しかし踊り子はそうもいかない。最後の最後まで全裸にならずにお客を楽しませるストリップもあるが、いつも頑なに腰巻きを取らずに終われば、尻にコンプレックスがあるのかと邪推される。

 気になるところはどんどん出せ、とも言う。私はあえてお尻丸出しのまま踊り、人の視線による引き締め効果を期待した。しかしその効果を実感する前に悲劇は起きたのである。

 私のステージを観た人が、Twitterでひとしきり褒めた最後に「ただお尻の下のシワが残念でした」と添えたのだ。

 うわぁ、あらためて指摘されるとしんどい。心が折れるわぁ。なんでそういうこと言うん?

 こういう商売だから、身体のことをあれこれ言われることは覚悟していた。ただ、昭和の時代じゃあるまいし、なんとなく言っちゃあかんっぽいことってあるでしょう。

ブルドッグと一緒

 私の尻の下には、皮膚が余ってたるんだことによる深いシワが幾重にも刻まれている。加齢というより、私の人体構造上、仕方のないシワであり、乾燥によって生じる小ジワとは全く別物であることを、一目見ればわかってもらえるはずだ。

 ここにいくら水をかけ油を塗ったところで、手触りは変わっても、形状は変わらない。ブルドッグの人相が変わらないのと一緒である。

 お尻を引き上げるエクササイズや、セルフマッサージに励んだこともあったが、思わしい効果は得られずにいる。

 目の下のたるみも然り。前回の記事を読んだお客さんに「目の下のたるみといえば津川雅彦だよなあ!」と言われ、うまい返しができなかったことを悔やむ自分がかわいそうでならない。

 それ全然面白くないし。もう、自分を変えずに世界を変えてやりたい。

嵐の二宮和也、なんかイイ

ドーラン知らず?(C)日刊ゲンダイ
ドーラン知らず? (C)日刊ゲンダイ

 デリカシーのないおっさんのことは忘れて、かっこいい男の話をしよう。

 楽屋で女性が5、6人集まれば、好きな男性タレントの話題で盛り上がる。その時はたまたまジャニーズ好きが多く、松田龍平、と正直に答えるのもつまらない。

 うーん、嵐の二宮和也かな。なんかこう、手触りがあって心に引っかかる顔をしているから。聞くと彼は、ドーランを塗っていないらしい。吹き出物を隠すのではなく、それを含めて楽しんでほしいという意味で、すっぴんを貫いているそうなのだ。

 なるほど、能面のようなツルリとした顔ではないからこその、引っかかりだったわけか。

 それで私という女が「なんかイイ…」と思うのだから、二宮氏の戦略は成功している。

 どのみち尻の下にファンデーションを塗っても、肌がなめらかに見えるだけで、溝が深いシワには何の効果もない。

明石家さんま、所ジョージ、二宮和也に続くのは…

 二宮氏のように「シワも楽しんでよ」というスタンスでいれば、やがて世界が私に付いてくるかもしれない。なにしろ芸能界でドーランを塗らないのは、明石家さんまと所ジョージと二宮和也の3人らしいから。

 全員、大成功である。4人目に名を連ねるのは、私かもしれない。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...
“垂れ乳”は断固拒否! 簡単バストケアで40代でもふっくら美胸をキープ
 40代頃からだんだん、バストのハリが弱くなってきたと感じる人が増えてくるとか……。このまま50代になり、しょぼしょぼに...
輪郭すっきりで5歳若見え! 超簡単セルフ小顔マッサージ4選
 40代になると、だんだん顔がふっくらしてきたり、たるみが目立ってきたりと、フェイスラインの変化を実感しはじめますよね。...
美容オイルで保湿!アラフォーで凄さを実感、ガチ使い3品♡
 30代半ばまで肌のハリを気にしたことがなかったのですが、最近気になりだしました……。そこで乳液をオイルに変えたところ、...
疲れやすい、眠りにくい!“幸せホルモン”不足を解消するには
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...