パリピ男子に港区おじさん…令和に振り返る平成のドン引き男

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-05-12 06:00
投稿日:2019-05-12 06:00
 平成が終わり、令和がスタートして10日余り。年号は変わっても女性をドン引きさせて止まないクズ男は不滅です。というわけで、今回は「平成のドン引き男」を振り返り、令和にはこうした男性には決して引っかからないよう、気を引き締めていきましょう!

サブカルクソ野郎

「サブカルクソ野郎」の毒牙にかかると…(写真:iStock)
「サブカルクソ野郎」の毒牙にかかると… (写真:iStock)

 さて、まずノミネートしたいのが「サブカルクソ野郎」です。得意なサブカル知識をひけらかしつつ、ピンポイントに食いついてきた女性を食い散らかす。

 自分の趣味の赴くままに愛人をランキングした“愛人リスト”が流出するなど、その闇っぷりを存分に世間に知らしめてくれたケースもありました。

パパ活オジサン

パパ活オジサンも港区おじさんも単なるATM(写真:iStock)
パパ活オジサンも港区おじさんも単なるATM (写真:iStock)

 お次は、最近の新ネタともいえるパパ活オジサン。平成初期を彩った援助交際オジサンが、平成最後にパパ活オジサンとしてリニューアルして復活!

 体の関係にお金を払う援助交際に対し、お食事だけでもお金を払うパパ活オジサン。こんなところにまで草食化の波が訪れたのか?と感じさせる、平成最後を彩るにふさわしいオジサンです。

港区おじさん

 続いては、みんな大好き、港区おじさん!

 西麻布をこよなく愛し、ゆるキャラのような存在!?女子会の終了間際にさっそうと現れ、お会計だけを支払い続ける姿は、もはや悟りを開いた仙人のよう。

 平成末期に現れた港区おじさんは、時代とともに去っていく都市伝説のような存在なのかもしれません。

パリピ男子

「ウェイ」って言っていればだいたいOK(写真:iStock)
「ウェイ」って言っていればだいたいOK (写真:iStock)

 語彙が「ウェイ」「飲もうよー」「盛り上がってる?」の3パターンくらいしかない、異常なまでのボキャブラリーのなさが売りのパリピ男子。リア充業界からの刺客です。

 ノリだけで世の中を生き抜くさまは、意外と女子ウケも◎。別名「出会ったその日が最高潮な男」。

LINEオジサン

「LINEおじさん」「クソリプオジサン」はSNS時代の闇(写真:iStock)
「LINEおじさん」「クソリプオジサン」はSNS時代の闇 (写真:iStock)

 世の中の流れに必死に乗ろうと頑張るも、乗り切れずに事故者続出なLINEオジサンたち。

 絵文字や顔文字を鬱陶しいほどに多用し、「?」や「!」などの感嘆符もいちいち絵文字に変換。この妙なテンションにドン引きする女子はあとを絶ちません。

 そして、トドメは「下ネタ」×「なんちゃって」のコンボ。

 日本をダメにした「イケてない大人たち」を象徴するかのようなオジサンでした。

クソリプおじさん

 LINEオジサンの別バージョン、クソリプおじさん。

 FacebookやInstagramなどのSNSで、かわいい子を見つけては片っ端から友達申請。

 毎日、「おはようございます。本日もいい1日をお過ごしください」「○○さんの仕事に対する姿勢、尊敬します」と、Botかよ!と突っ込みを入れたくなるような定型文を投稿し続ける。

 そんなメンタルの強さ(鈍感さ)に定評のあるクソリプおじさんですが、令和になっても引き続き地道な投稿活動を行っているご様子です。

本日の俺男

「本日の俺通信」は心底どうでもいい(写真:iStock)
「本日の俺通信」は心底どうでもいい (写真:iStock)

 平成を生きた女性たちが一度は体験したであろう、「本日の俺」をいちいち送ってくる男たち。

 あれ、何なんでしょうかね? アンタの1日なんて全く興味がないのよ!という心の声を圧倒的な鈍感力で無視し続けるその胆力。みごとの一言です。

 最近では、ジムでの筋トレ後に鏡に映った「俺の肉体」を送ってくる完全アウトな俺男も。それってセクハラですからね!通報されますよ!

まとめ

 平成のドン引き男たち、いかがだったでしょうか?

 令和になって時代は変わったものの、いつの時代も生息し続け、突然変異を繰り返しながら進化していくのが彼らの生命力の強さ。

 令和のドン引き男たちも生温かく見守りながら観察していきたいと思います。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

ラブ 新着一覧


熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...