年下の独身男性と年上の人妻との不倫が増えている背景は?

内藤みか 作家
更新日:2019-05-13 06:00
投稿日:2019-05-13 06:00
 2018年11月、千葉県で31歳の独身男性が、不倫関係にあった50歳の人妻を殺害するという事件が起きました。別れ話のこじれがあったという話でしたが、世間には「なぜそんな年上の女性に」と驚きが走りました。実は今、独身男性が人妻と不倫してこじれるという話をあちこちで耳にするようになりました。

年下独身男性のほうが熱くなる

年下独身男性と年上人妻の出会いのきっかけは(写真:iStock)
年下独身男性と年上人妻の出会いのきっかけは (写真:iStock)

 インターネットの発達で、本来出会うはずがなかった男女に縁が生まれることが増えています。本来、あまり外の社会と関わりを持つことがない人妻が、ゲームやSNSやマッチングアプリを介して見知らぬ男性とやりとりを始めることができるのです。しかもそのほとんどは無料で利用でき、場合によってはその日のうちに会って男女の仲になることも可能なのです。

 とはいえ多くの年下独身男性と年上人妻は、ネットで知り合ったとしても、何日も、人によっては何ヶ月もやりとりを続けてから対面するようです。ただし事前に何度も言葉を交わしているからか、初対面でも前から知っている人のような感じがして、その日のうちに一気に気持ちが高まることもあるようです。他にもダンス教室などの習い事で知り合った男性と関係が発展するという人妻もいます。

離婚する気がまったくない人妻側

離婚を求められてものらりくらりと(写真:iStock)
離婚を求められてものらりくらりと (写真:iStock)

 ネットのケースでよく聞くのが、女性のほうが既婚者であることを隠しているというケース。それどころか年齢もやや若めに設定していることもあるようです。以前は「彼が既婚者なのを隠して私と付き合っていたんです」と泣く女性が多かったものですが、最近はその逆で「年上の彼女は実は人妻だったことが判明したんです」と唇を噛む男性が増えているのです。

 そしてここがトラブルの素になる部分のようなのですが、人妻は離婚を求める年下男性にのらりくらりとした態度を続けてしまうのです。つまり、人妻側は夫と別れる気持ちはなく、若い男とはお遊びのつもりだったというわけです。収入や生活の安定を考えたら、年下男性と一から人生をリスタートするのはあまりにもリスキーです。けれど、熱くなってしまった年下男性が納得できるわけもなく、離婚して欲しいと詰め寄り、揉めてしまうのです。

なぜそんなに年上の女性を求めるのか

「年上だったけど、恋愛に年齢は関係ない」(写真:iStock)
「年上だったけど、恋愛に年齢は関係ない」 (写真:iStock)

 多くの人が意外に感じるのが、熱くなるのが年下男性側だという事実。人妻が若い男の尻を追いかけるのは理解できても、若い男が人妻を追いかけるということがにわかには理解できないようなのです。けれど実際、過去にも若い男性が不倫関係のこじれで人妻と殺生沙汰になった事件は何件かあります。なぜそんな年上の女性に? 同い年の女の子でいいだろうにと思われるかもしれませんが、彼らの多くは女性の年齢を気にしていないのです。

 そもそも知り合ったのがオンラインゲームの場合、お互いの年齢を明かすことなく、やりとりが始まります。そして一緒にゲームを戦ううちに助け合うことが増え、次第に好意を持つようになるのです。なので「知り合ってみたら結構年上だったけれど、恋愛に年齢は関係ない」という状態になっているのでしょう。最初から年上を望んでいたというわけではないのです。

オンラインで年上女性が強い理由

追い詰められた年下男性が暴走して…(写真:iStock)
追い詰められた年下男性が暴走して… (写真:iStock)

 趣味を通しての出会いやマッチングサイトで年上の女性の魅力にはまってしまったという年下の男性の話はよく聞きます。若い女性に比べると、年上女性のほうが思いやりや言葉の丁寧さがあり、好感度が高くなりがちなのです。また人妻の場合、男性の立てかたや操縦方法も心得ているので、年下男性は手のひらで転がされているような状態。さらにベッドを共にしようものなら、尽くすテクでたちまち溶かされてしまうのです。

 なので、仲がこじれると「困ったわ、彼が夫と別れてくれってうるさいの」などと人妻がオロオロするようになってしまいます。恋愛経験が少ない年下男性は、本気で人妻に惚れ、どうしても自分のものにしたいと突っ走ってしまいがち。不倫の苦しさや現実の厳しさに耐えられなくなり事件が起きてしまうのかもしれません。若い男をもてあそぶと大きな代償が待っているかもしれないということは、人妻さんは肝に銘じたほうがいいかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ