年下の独身男性と年上の人妻との不倫が増えている背景は?

内藤みか 作家
更新日:2019-05-13 06:00
投稿日:2019-05-13 06:00
 2018年11月、千葉県で31歳の独身男性が、不倫関係にあった50歳の人妻を殺害するという事件が起きました。別れ話のこじれがあったという話でしたが、世間には「なぜそんな年上の女性に」と驚きが走りました。実は今、独身男性が人妻と不倫してこじれるという話をあちこちで耳にするようになりました。

年下独身男性のほうが熱くなる

年下独身男性と年上人妻の出会いのきっかけは(写真:iStock)
年下独身男性と年上人妻の出会いのきっかけは (写真:iStock)

 インターネットの発達で、本来出会うはずがなかった男女に縁が生まれることが増えています。本来、あまり外の社会と関わりを持つことがない人妻が、ゲームやSNSやマッチングアプリを介して見知らぬ男性とやりとりを始めることができるのです。しかもそのほとんどは無料で利用でき、場合によってはその日のうちに会って男女の仲になることも可能なのです。

 とはいえ多くの年下独身男性と年上人妻は、ネットで知り合ったとしても、何日も、人によっては何ヶ月もやりとりを続けてから対面するようです。ただし事前に何度も言葉を交わしているからか、初対面でも前から知っている人のような感じがして、その日のうちに一気に気持ちが高まることもあるようです。他にもダンス教室などの習い事で知り合った男性と関係が発展するという人妻もいます。

離婚する気がまったくない人妻側

離婚を求められてものらりくらりと(写真:iStock)
離婚を求められてものらりくらりと (写真:iStock)

 ネットのケースでよく聞くのが、女性のほうが既婚者であることを隠しているというケース。それどころか年齢もやや若めに設定していることもあるようです。以前は「彼が既婚者なのを隠して私と付き合っていたんです」と泣く女性が多かったものですが、最近はその逆で「年上の彼女は実は人妻だったことが判明したんです」と唇を噛む男性が増えているのです。

 そしてここがトラブルの素になる部分のようなのですが、人妻は離婚を求める年下男性にのらりくらりとした態度を続けてしまうのです。つまり、人妻側は夫と別れる気持ちはなく、若い男とはお遊びのつもりだったというわけです。収入や生活の安定を考えたら、年下男性と一から人生をリスタートするのはあまりにもリスキーです。けれど、熱くなってしまった年下男性が納得できるわけもなく、離婚して欲しいと詰め寄り、揉めてしまうのです。

なぜそんなに年上の女性を求めるのか

「年上だったけど、恋愛に年齢は関係ない」(写真:iStock)
「年上だったけど、恋愛に年齢は関係ない」 (写真:iStock)

 多くの人が意外に感じるのが、熱くなるのが年下男性側だという事実。人妻が若い男の尻を追いかけるのは理解できても、若い男が人妻を追いかけるということがにわかには理解できないようなのです。けれど実際、過去にも若い男性が不倫関係のこじれで人妻と殺生沙汰になった事件は何件かあります。なぜそんな年上の女性に? 同い年の女の子でいいだろうにと思われるかもしれませんが、彼らの多くは女性の年齢を気にしていないのです。

 そもそも知り合ったのがオンラインゲームの場合、お互いの年齢を明かすことなく、やりとりが始まります。そして一緒にゲームを戦ううちに助け合うことが増え、次第に好意を持つようになるのです。なので「知り合ってみたら結構年上だったけれど、恋愛に年齢は関係ない」という状態になっているのでしょう。最初から年上を望んでいたというわけではないのです。

オンラインで年上女性が強い理由

追い詰められた年下男性が暴走して…(写真:iStock)
追い詰められた年下男性が暴走して… (写真:iStock)

 趣味を通しての出会いやマッチングサイトで年上の女性の魅力にはまってしまったという年下の男性の話はよく聞きます。若い女性に比べると、年上女性のほうが思いやりや言葉の丁寧さがあり、好感度が高くなりがちなのです。また人妻の場合、男性の立てかたや操縦方法も心得ているので、年下男性は手のひらで転がされているような状態。さらにベッドを共にしようものなら、尽くすテクでたちまち溶かされてしまうのです。

 なので、仲がこじれると「困ったわ、彼が夫と別れてくれってうるさいの」などと人妻がオロオロするようになってしまいます。恋愛経験が少ない年下男性は、本気で人妻に惚れ、どうしても自分のものにしたいと突っ走ってしまいがち。不倫の苦しさや現実の厳しさに耐えられなくなり事件が起きてしまうのかもしれません。若い男をもてあそぶと大きな代償が待っているかもしれないということは、人妻さんは肝に銘じたほうがいいかもしれません。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ