「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2022-11-16 06:00
投稿日:2022-11-16 06:00
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「WSET(level3)」を取得。皆さんにもっと手軽にワインを飲んでいただきたい、ただただその一心で、1000円台で買える“神旨”ワインをご紹介します!

「アペロ」ってご存じですか?

「アペリティフ」略して「アペロ」(写真:iStock)
「アペリティフ」略して「アペロ」 (写真:iStock)

「アペロ」。

 最近日本でもたまに耳にするようになりました。今後ワインラバーズの間でトレンドになるかもしれないこの言葉は「アペリティフ(食前酒)」の略で、主にフランスでは日常的に使われています。

 これは、夕飯の前にワインを1、2杯軽~く飲みながら軽食をつまんでおしゃべりを楽しむ時間のこと♪ 言うならば「0次会」ですね! フランスではこうしたアペロの習慣が根付いているんです(いいなぁ…フランス…住みたい…笑)。

 ということで、日本でも近い将来流行るかもしれない(!?)アペロにピッタリの最高の1本をご紹介します♪

 アペロを楽しむ上で大切なことは、あくまでもアペロ後の「夕食の時間」がメインなので、軽くてカジュアルなワインがオススメです。

 間違っても、赤身ステーキに合いそうな飲みごたえのあるタンニン(渋味)がっつりの赤ワイン等はセレクトしないように!

イタリアの辛口白ワインをセレクト♡

(写真:市野瀬瞳)
(写真:市野瀬瞳)

 今回私が選んだのは、成城石井で購入した『PECORINO TERRE DI CHIETI(ラ ピウマ ペコリーノ)』(税込1199円)。

 イタリアのアブルッツォ州(イタリアはブーツの形をしていますが、ちょうどふくらはぎあたりの場所!)で造られた辛口の白ワインで、ペコリーノという可愛らしい名前のブドウを100%使用しています。

 グラスに注ぐと、綺麗に透き通るレモンイエロー。少し熟した柑橘系果物や桃のようなフルーティーな香りを感じながら口に含んでみると……しっかり広がる強めの果実香とは裏腹に、とってもライトで、爽やかな酸味とミネラル感もあり、サラッとスイスイいけちゃう飲み口!

この「レモンイエロー」に癒されませんか?(写真:市野瀬瞳)
この「レモンイエロー」に癒されませんか? (写真:市野瀬瞳)

肩肘張らずに飲めるワイン

 少し微発泡なのかなと思うくらい、若干舌の上でピリピリとした感じがあり、飲み込んだ後には柑橘果物の皮の甘苦い風味が優しく残ります。まさに仕事終わりの疲れた身体に爽快に染み渡っていくような最高の飲み心地です!

 アペロ向きのワイン=「肩肘張らずに飲めるワイン」なので、気楽に飲むにはこの1本のように「味わいを主張しすぎていない」方が、さまざまな種類の軽いおつまみに合わせられます。

ワインのペアリングについて

何なら現地で飲みたい(笑)
何なら現地で飲みたい(笑)

 アブルッツォ州では、地方食材であるサラミがよく食べられています。種類も豊富で、真ん中に四角柱のラードが入ったサラミや、胡椒とオレンジで味付けした豚肉のサラミが有名どころでしょうか。

 ペアリングの基本として「同じ土地同士のワインと食材は合う」とされているので、その原則に基づき、この1本はサラミも抜群に合うと思います。

 でもって、市野瀬的にはケッパーを乗せたスモークサーモンや、海老とアボカドのタルタルなんかにも合いそうだなぁと思います♪(あ、でもこのワインは、どんなおつまみがきても邪魔せずに調和してくれるハズ!)

ペコリーノつながりもグー!

絶賛アペロ中♡(写真:市野瀬瞳)
絶賛アペロ中♡ (写真:市野瀬瞳)

 あとは、チーズにも間違いなく合いますね♪ ちなみに、このワインのブドウ品種「ペコリーノ」と同じ名前のイタリア発祥のチーズがあるんですよ! 羊乳製のチーズ「ペコリーノ」。濃厚なコクと風味のチーズで、私もチーズ専門店などで見かけたら絶対に買ってしまうアテです。

(ワインエキスパート試験では世界中のチーズの種類も暗記する必要があったので、いろいろと試食しながら覚えました♪ 笑)

 普段頑張っているお仕事帰りの自分へのご褒美タイム(もちろん、特に何も頑張っていない方も!笑)や、0次会を有意義に楽しく過ごす空間でいただく夕飯前の数杯は、心に余裕を持たせてくれるはず。

 アナタも「今日アペロしない?」と誰かを誘ってみてはいかがですか?♡

※「成城石井」のオンラインストアでも購入可能。本文内のワインの価格等は、いずれも著者購入時のものとなります。

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、ZIP-FM「JOYFUL」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」にレギュラー出演中。

TwitterInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


やる気3%なのに5分で天国!紙ワザ炸裂の即席ふわふわ親子丼
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れるレシピ。一...
およね 2023-01-30 06:00 フード
おうちでパン飲みしよ!“鬼コスパ”赤ワインと最強ペアリング
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2023-01-31 17:26 フード
「ステラおばさん」は10枚540円こそ買い!2023.1.24(火)
 毎月19日開催、「ステラおばさんのクッキー」“詰め放題”イベントの復活が話題を呼んでいます。筆者も手帳に《「ステラおば...
マヨと黄身が絡む…ハーブが効いた「漬けマグロのユッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の「farm studio #20...
鬼リピ確定!「豚ねぎ塩鍋」がおいしすぎる 2022.1.19(木)
 本格的に鍋がおいしい季節になってきました。肌寒くなると筆者は、スーパーに陳列された鍋スープ各種を片っ端から買い漁ります...
「ゆで鶏のマーラーソース」やさしく火を入れて鶏肉ふっくら
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の「farm studio #20...
正月ボケした舌に効く~!お口が欲するジャンクなオムハヤシ
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2023-01-16 06:00 フード
茅場町「BANK」のクロワッサンを買うには?2023.1.14(土)
 人生思い通りにならないことだらけだし、物価高で家計もきゅうきゅうですが、たまには好きな食べ物をたらふくいただき、お腹も...
混ぜるだけ「甘エビのチリソース」はサルサソースがいい仕事
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の「farm studio #20...
ビール一択から卒業!鶏の唐揚げに辛口の白ワインが合うワケ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2023-01-11 06:00 フード
「暗殺者のパスタ」はお出汁が飛ぶけど激旨 2023.1.5(木)
 運動不足改善&腰痛対策で縄跳びを始めたのですが(80回も飛べば息ゼェゼェ)、飛び終わると「腹が、減った……!」(byゴ...
【2022年アツかった記事】ひとりランチにお金はかけられない!卵かけご飯をチンして「即席チャーハン」に
【およねの爆速!女ひとり飯】 (2022年12月に公開したものを一部変更し、再掲した記事となります)   ※  ...
およね 2023-01-27 19:59 フード
【2022年アツかった記事】吉野家待望の親子丼 不適切発言にマジ切れした40女の食ルポ
(2022年4月に公開したものを一部変更し、再掲した記事となります)  ※  ※  ※
「鶏ハツ焼きとイチジク山椒風味」フルーツとハツと赤ワイン
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・中目黒の「Bar à Vin ムッシュヨー...
KALDIで1年間リピートしまくった食品5つ 2022.12.29(木)
 今年も残すところあと3日。1年間お世話になったKALDIで、リピートしまくった商品を5つピックアップしました。  人...
年越し蕎麦はワインで決まり!「辛口カヴァ」が超絶合うワケ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-12-28 06:00 フード