交際歴2年…彼氏にプロポーズさせるにはどうしたらいいの

神崎メリ 恋愛コラムニスト
更新日:2019-05-27 14:25
投稿日:2019-05-26 06:00
 電子書籍も含めて、発売たちまち6万部突破のベストセラー『魔法の「メス力」』の著者で恋愛コラムニストの神崎メリさんが、毎回、人にはなかなか相談できない恋愛のあれやこれやのお悩みにズバッとお答えします!

Q1.ど本命クラッシャーです。彼氏にプロポーズさせるには?

(C)コクハク
(C)コクハク

 29歳になりました。いまの彼氏と付き合って2年が経ちます。私は、メリさんでいうところの「ど本命クラッシャー」!! LINEが返ってこないと不安になったり、心配したり。その気持ちを彼氏にぶつけたかと思えば、優しくし過ぎたり。尽くそうとしているうちに気づいたら、ど本命クラッシャーになってしまいました……。

 その結果、こまめに返信があった彼氏からのLINEも最近は1日1、2通が関の山。それに合わせてわたしも即レスしないようにしてはいるんですが、仕事の休みも合わず、月1、2回しか会えないぶん、寂しくて仕方がありません。とりあえず、過度に依存したり、スネたりしないよう他のことに目を向けて気を紛らわすようにしてはいるのですが。

 ど本命クラッシャー以降、私が追いかける立場になってしまいました。もう関係の修復はできないのでしょうか? 本音を言えば、少しでも早くプロポーズさせたいと思っています。(29歳未婚♀/こまちゃん)

A1.引いても追ってこない男は運命の人ではない!

欲しい!(写真:iStock)
欲しい! (写真:iStock)

こまちゃんさん、はじめまして神崎メリです。

結婚への焦りの気持ちから「キレるど本命クラッシャー」をやらかし、その後、反省と嫌われたくない気持ちから「媚びるど本命クラッシャー」もやらかしてしまったと推測します……(合掌)。

本題に入る前にまず、神崎メリ用語のひとつである「ど本命クラッシャー」について簡単に説明させていただきたいと思います。

「ど本命クラッシャー」とは、せっかく自分を「ど本命」として大切にしてくれる男性と巡りあえたのに、些細なことでヒステリックにキレて相手を責め立てたり、嫌われたくないがゆえに媚びたり尽くしたりしてしまう行為を繰り返すことで、男性の恋心を“鎮火”させてしまい「ど本命」から転落してしまう、クラッシャー行動のことです。

改めて、こまちゃんさんの件ですが、実はこれ、「ど本命クラッシャーコンボ」という、結婚を意識するアラサー女子の“あるある”な行動なのですが(神崎メリはかつて、キレるど本命クラッシャーでした)食らってしまった男性は、

(この子、キレたりすがってきたり精神的に不安定すぎて結婚相手にはちょっと……)

と引いてしまうのですね。

その結果が、「ど本命彼女」から「とりあえずの彼女」への格下げとして表れてしまうのです(そもそもど本命の男性は彼女を不安にさせないので、はじめからど本命だったかも疑問)。

精一杯LINEの返信を遅らせたり、他のことに目を逸らしても、手応えが得られなくてとっても寂しくて苦しいと思います……。

この状況まできてしまったら、ある程度自分の中で彼とのことは区切りをつけて、他の出会いを探すのが1番なんです。

貴女が引く行動をしても追ってこない相手は、
貴女の運命の人ではないということなんです。

29歳、結婚に対して真剣に動きたい年頃だからこそ、ひとりの男性やうまくいかない恋愛に女性にとって貴重な時間を消費して執着するのではなく、視野を広げて、相性のいい相手と幸せになることに目を向けてくださいね。

失敗を繰り返さないよう、自分の反省すべき点とはしっかり向き合って。
ここで踏ん張ることで、貴女の30代はすごくいいものに変わると思うのです!

とても厳しい意見になってごめんなさい。
貴女を不安にさせない男性と結ばれることを強く祈っています!
幸せを信じて勇気をだして進んで行ってくださいね。

Q2.何も手を出してこない。私のこと、どう思っているの?

合コンからの発展(写真:iStock)
合コンからの発展 (写真:iStock)

 はじめまして。宮崎在住のT・Yといいます。私はいま、1歳年下の子が気になっています。出会いはバー。友達と2人で合コンするために訪れていたのですが、合コン相手の男性がドタキャンしたため、途方に暮れていたところ、店員さんから「1コ下の男子4人組と飲んだら?」と彼らと一緒の席に案内してもらったんです。

 そうこうして始まったイレギュラーな合コン。私はその中の1人の子と仲良くなり連絡先を交換し、その後、2人で4回ほどご飯に行ったり遊んだりする仲になりました。4回会ったうち、発熱した彼に差し入れを持って行き、夜、車の中で2人きりになったりもしたのですが、何も手を出されることはありませんでした。ちゃんと見てくれてるからこそ出してこないのか、あるいは、女としてみてないのか……などなど、気になっています。

 好きな人のタイプの話をした際には、私は「一緒にいて楽しい人」と言い、彼は「一緒にいてラクな人」と言っていました。その後のLINEで、私が〈面白いよね〉と送ったら、〈一緒にいて楽しい人目指します~笑〉と返信が。一緒に遊んだ後のLINEでは、〈また遊ぼう! 次何する?〉と聞いてきてくれたり、〈いつが空いてるの?〉と返信すると、日付やこの日の夕方は空いてるなど、詳しく送ってくれます。そして、実際に会った時にも「一緒にいるとラク過ぎてぼけーってしちゃう」と嬉しくなることを言ってくれました。

 彼は自分のことを「消極的なタイプ」と話していますが、私への遠回しのアピールだったらいいなー、とか思っています。ただ、私は社会人で彼はまだ大学生。そういうのは普通なのかなとか考えます。相手がどう思ってくれてるのか、気になります。今度会った時に気持ちを聞こうかと思うのですが、わたしはいつも追いかけてしまうタイプなので、逃げられたくないです。余裕を持ったうえで彼の気持ちも知りたいのですが、どうしたらいいでしょうか。(21歳未婚♀/T・Y)

A2.相手の気持ちを聞かずして、行動で判断する方法!

(C)コクハク
(C)コクハク

T・Yさん、はじめまして神崎メリです。

まずね、相手の男性に気持ちを確認する行動自体が、追いかけているのですよ(笑)!

正直、まだその彼は貴女のことをなんとも思っていない段階だと思いますよ。その証拠に、男性は本気であれば、他の男性に取られたくない一心から、初回~3回目のデートまでにしっかりと告白をしてくるものだからです。愛の告白をされていないことが、現段階での答えなんですよね。

ここから相手を本気モードにさせられるかは、女性側の腕の見せどころ(メス力=男心の本音を理解し、決して媚びずに「ど本命」になる力)に加え、縁や相性によるのだけど、

最初から女性が露骨に「私のことどう思ってるの?」的な純愛モードを出すと、この手の男性は(案外女慣れしてるとみた)それだけでお腹いっぱいになっちゃって、わざわざ口説き落とそうなんて気持ちが芽生えることなく終わってしまうのです。

だから正面から挑むのではなく、
頭を使って相手の懐にスルリと入っていきましょう!

それには基本的に男友達に接する感じでサッパリと付き合って、たま~に弱った姿を見せて、「話してたら元気出た!」とか言ってみたり、相手の得意分野に的を絞って頼りにしたりして、「こいつも女だったんだ」、「守ってあげたいかも!?」とギャップで惹きつけるのが1番ですよ!

そうこうしているうちに、わざわざ聞くまでもなく「俺は本気だから!」と、猪突猛進で自分から好き好きアピールをしてくるので、

女性はその行動を見て相手の気持ちを判断すればいいのです♪

ちなみにアピールをしてこない場合は、まるっきし脈なしなので諦めましょう(笑)。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ