高齢の親を呼んでこき使う…夫が呆れた“究極の鬼嫁”の愚行

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-10 06:00
投稿日:2019-05-10 06:00
 世の中には「鬼嫁」であるだけでなく、そこに「親離れできていない」というハタ迷惑な気質を備えた悪妻も存在するようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁に泣かされた男のコクハクを3選ご紹介します。

1:夫婦喧嘩のたびに親にチクる悪妻

「私は悪くないでしょ?」(写真:iStock)
「私は悪くないでしょ?」 (写真:iStock)

「元嫁は、結婚前までは偉そうなことを言っていたくせに、蓋をあけてみたら、単に親離れできていない幼稚な悪妻でした。

 なかでも、俺が一番ウンザリだったのは、夫婦喧嘩をするたびに元嫁は自分の親に電話をし、翌日必ず『昨日の件は、あなたが悪い。だって、ウチの親もそう言ってたもん』がお決まりの展開だったんです。

 30代後半にもなって、まるで小学生が親に告げ口するかのようなクセが抜けていなくて、末期のころは、そんな元嫁に苛立ちしか感じませんでした。

 しかも『ウチの親も〜』って言いますけど、炊事をしないとか、掃除をしないとか、酒に飲まれてヘロヘロで帰宅するとか、そんなの本当に、相手の親が『あなたは正しい』と言っていたのかも、今となっては疑問です」(43歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 夫婦喧嘩は、ふたりの間で収めるのが、大人の対応。

 いちいち告げ口し、実家を巻き込んでいるのが本当だとしたら、とんでもない悪妻のニオイが拭えません。

2:親の教育のせいにする悪妻

都合の悪いことは全部「親のせい」(写真:iStock)
都合の悪いことは全部「親のせい」 (写真:iStock)

「元妻は、40代半ばにもなって、やたら自己中な言動が目立つ女でした。

 結婚するまでは、猫をかぶっていて従順なふりをしていましたが、僕より3歳年上だったこともあり、結婚してからは、やりたい放題。

 僕の堪忍袋が切れるたびに口論になっていましたが、そんなときの元妻の口癖は『ウチの親は、姉と弟にばかり手をかけていて、私は放置されて育ったから仕方ないでしょ』でした。

 でも、結婚生活の間、相手の実家が僕らに干渉してきた度合いを思い返しても、そうは思えないし、そもそも仮にそうだとしても、40代半ばになればそれなりに社会人経験を積んでいるんだから、普通は、自分で物事を考えるようになりますよね?

 都合の悪いことは親のせいにするあたりにイライラしまくりでしたし、結局、離婚したときも『親が私を放置して育てたせいで、私が離婚するハメになった!』とかって怒鳴ってましたから、ほとほと呆れました」(44歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 幼少期の背景が、大人になってからの性格に影響を与えているケースも、ゼロではありません。

 しかし、いい歳してなんでも「親のせい」にするとなれば、幼稚な悪妻感がグッと強まります。

3:離婚後の後片付けに高齢の親をこき使う悪妻

「お母さん、後はやっといて」(写真:iStock)
「お母さん、後はやっといて」 (写真:iStock)

「僕が離婚をしたのは、元妻が47歳、僕が43歳のときなんですけど、離婚後の転居の際に、いきなり高齢の親を田舎から飛行機で呼びつけて、こき使っている様子に衝撃を受けました。

 もともと40代のくせに精神的に親離れできていない雰囲気は察していたんですが、元妻が家を出る日に、いきなり高齢の義母が現れ、娘に言われるがままに雑貨を梱包したり重い荷物を運んだりしているのを見て、マジで鬼かと思いました。

 僕のほうが気になっちゃって、結局、そんな義母を手伝いましたよ。

 思えば、子供がいるわけでもないのに、家のことは何もせず、ほとんど僕に押し付けるような女でしたけど、離婚したら今度は、親をそうやってこき使うのか…と呆れ果てましたね」(44歳男性/金融)

  ◇  ◇  ◇

 自分では何もしないタイプの鬼嫁は、離婚の後片付けにも親を呼びつけてこき使う人もいるようです。

 これぞ本当に、鬼の本性を隠しもった“究極の鬼嫁”かもしれません。

 鬼嫁でありながら、さらに親離れできていないとなると、そんな女性の姿を見て、呆れるしかない男も少なくないのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM