異性にも同性にもモテる! 飲み会でデキる女がしていること

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-11 06:00
投稿日:2019-05-11 06:00
 お酒を飲むと、普段なら話せないような話で盛り上がったり、その人の本性が垣間見えたり、とにかく「飲み会」って本当にロマンがありますよね。そんな飲み会で不思議と目立つのが、異性同性関係なく好印象を持たれる女性。そんな「デキる女」が心がけていることって、どんなことなのでしょうか?

飲み会でデキる女がしていること

飲み会で「デキる女」が心がけてることとは(写真:iStock)
飲み会で「デキる女」が心がけてることとは (写真:iStock)

「飲み会こそ人生!」と言えるほど、飲み会ではいろんなことを学んできました。そんな筆者が今までにしでかしてきた失敗経験を元に、「デキる女がしていること」を厳選して、お届けしたいと思います。

1. レモンをかける時、焼き鳥を外す時には「お声がけ」を

 昔、飲み会で唐揚げにレモンをかけようとしたら、ホテルオーナーの男友達から「レモンかけるのがイイ女だと思ってるだろ!」と、手を止められたことがありました。

 そもそも、付属のレモンは「かけるもの」だと思っていましたし、「みんな手を汚すのは嫌かもと思っただけなのに!」と反抗しつつ、じゃあどうしたら良いのかを聞くと、「かけて良いか、まずはお声がけ」との答えが。

 確かに、薬味系に限らず好き嫌いはありますし、唐揚げがレモン風味になるのが嫌という方もいるなぁ、と、反省した次第。そして、そこで初めて「押し付けがましくない気遣い」を学んだ筆者です。

 同じようなことに「焼き鳥外し」があります。串の盛り合わせが来ると、誰かしらが串から焼き鳥を外しますが、豪快に1本食いをしたい人もいるんです。特に、年配の男性に多いですね。とりあえず、ここでもお声がけをしておくと、より丁寧だと思います。

2. 余り物を食べてお皿を下げる

 飲み会で女性陣がこぞって行う「食事の取り分け」。なぜ群がるのかというと、「食事の取り分けをする=イイ女」というのが世の中の定説ですから。

 つまりは、自分がやらなくても誰かがやってくれるので、これはひとまず争わずに傍観してOK。(シーンによっては必要なこともあるので、そこは場の雰囲気を読みましょう)

 それよりおすすめしたいのが、「余り物を食べてお皿を下げる」こと。飲み会も中盤になると、冷めているもののお酒のアテには十分、というおつまみが大きなお皿にぽつんぽつんと転がっています。

 店員さんも勝手に下げられないですし、テーブルは散らかっていくし。なので、そういった余り物を食べてお皿を下げるに徹すると、新たなお料理が来た時に慌ててテーブルを片付ける手間が省けますし、お店の方にもありがたがられます。

3. 席移動を上手に行う

 飲み会は、時にはビジネスチャンスであったり、異性間交流が生まれる場所。1つの場所に留まるのは非常に勿体無いのです。でも、気を遣う方だと「今、話している人に失礼かな?」と、最後まで席を立てずに終わってしまうこともありますよね。

 そんな時、多くの女性が行うのが、「いったん席を外して、帰ってきたタイミングで別の席に座ること」なのですが、これだと今まで話していた方にかえって失礼。つまらなかったのかな?と、思わせてしまうかもしれません。

 そこで提案したいのが「ちょっと、ご挨拶してきます」と、思い切って言うこと。他の人にもきちんと挨拶をしたい、ということを伝えて嫌な思いをする方はいないはず。そして、時間が許せばその場所に戻りましょう。見え透いた社交辞令をしないのも、デキる女だと思うのです。

4. みんなと別れるまでは潰れない

 楽しすぎて、つい、お酒を飲み過ぎてしまうのは分かりますが、「みんなと別れるまでは潰れない」、これも女性のたしなみでしょう。

 トイレの個室で潰れて外からお友達が「大丈夫!?」なんて声をかけている、最悪の場合にはリバースしてしまい、店中の雰囲気を台無しに……そんなシーンはよく目にしますが、正直、美しくありません!

 自分の体調、どのくらいで潰れるのかを鑑みて、序盤からチェイサーとしてお水を一緒に飲むなど、工夫をしておくことが肝心です。

誰も見ていなくても「デキる女」はデキる

誰も見ていなくても細かい気配りを(写真:iStock)
誰も見ていなくても細かい気配りを (写真:iStock)

 さまざまな失敗を重ねてきた筆者厳選の、4つのポイントをお伝えしてきました。

 お気付きの通り、1つ1つを見るとすごく地味です。正直言って、料理を取り分けたり、誰かのグラスが空いたら次のドリンクを手配したりする方が目立ちますし、好印象をかっさらえる可能性はあります。

 でも、本当にデキる女は、誰も見ていなくてもデキるんです。上手に話せなくても、たくさん飲めなくても、誰かの立場に立って、ほんの少し気を回して気持ち良い場所を作る、それこそが「女子力」を上げることにつながるので。

「飲み会ロマン」のためにも!(笑)ぜひ、地味にデキる女を目指してみませんか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ