罪悪感を持つ女性は浮気してはダメ 絶対にバレない秘訣は?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-05-15 18:00
投稿日:2019-05-15 18:00
 あなたは浮気をしたことがありますか?女性の浮気は40%以上とも言われているので、ちょっとだけなら?とつい足を踏み出しそうになる人も多いはず。でも、そこで歯止めをかけるのが「バレたらどうしよう」ということ。でも、絶対にバレない浮気の秘訣をレクチャーします♪

浮気を完璧にバレないようにする秘訣

浮気を打ち明けるのなら同じような「浮気性の女友達」に(写真:iStock)
浮気を打ち明けるのなら同じような「浮気性の女友達」に (写真:iStock)

「浮気」はその名の通り、浮つく気持ち。本命がきちんといて、その上でふわふわと浮ついてしまっている状態ですね。でも、周りにいませんか?浮気がバレて破局を迎えている女性たち。

 女性たるもの、たくさん愛を持って生きた方が楽しいと思うんです。少しでも浮気願望があるのであれば、誰も不幸にならないためにも、浮気を隠し通す方法を学びましょう。

「残さない」は鉄則

 浮気がバレる1番の原因は、浮気の何らかの痕跡がパートナーにバレてしまうことにあります。だから、徹底的に「残さない」ことを心がけましょう。

【絶対に残してはいけないリスト】

・携帯のLINEやメール、着信などの履歴
・レシート
・カード履歴(交通系ICカード、クレジットカード)
・手帳への記載
・残り香など

 まずは、これを徹底して排除!とくに注意したいのが、携帯の履歴です。浮気相手との甘美なやり取りを読み返したくなる気持ちは分かりますが、私の女友達で相手とやり取りをしている途中にうっかり寝てしまい、バレてしまったというケースもあるので要注意!

 帰り道に削除、寝る前に削除、とにかく削除!これ、鉄則です!

記憶の改ざんをする

 浮気を上手にする女性は、記憶の改ざんを行います。例えば「金曜日の19時、女友達の◯◯ちゃんに会った」ということにして浮気をしに出かけたのであれば、その女友達とどんな話をしたのか、というところまで想像して、記憶すら上手に改ざんするんです。

 手帳にももちろん、「◯◯ちゃん:19時」と残します。浮気上級者になると、数カ月後に手帳を読み返した時、本当にその◯◯ちゃんと会ったような気にまでなるのだとか。女性の脳は、時に便利です。

 ただし、本命男性と共通の友人と会ったことにするのは、バレる可能性があるのでNG。間接的にしか知らない相手を選ぶようにしましょう。そうそう、突然知らない人の名前を出してもおかしいので、ちょくちょく会話の中で記憶改ざん用の相手の名前を出しておくのもポイント。

新しいことを始めない

 浮気を始めると、どうしてもわくわくして好奇心旺盛になるもの。どっぷり浸かっている人は、浮気相手の趣味なんかを真似し始めたりと、とにかく不自然になりがちなんです。これは、「なんか違う」という不信感を本命男性に与えるきっかけになってしまうので、日々を「普通に」生きることを心がけましょう。

 浮気相手のデート用に新しい下着を買ったり、メイク用品、洋服を買うことは、しばらく控えて。どうしても買いたいなら、それこそ徹底してバレないように。

 また、浮気をした罪悪感から無駄に本命男性に優しくしてしまう人がいますが、これも不信感を生むきっかけになります。急にお土産を買ったり、手料理の頻度を増やすようなことがないように注意してくださいね。

1カ月ほど会わない

 どんなに完璧に隠せていると思っても、自分本位に浮気をしている女性は身勝手になるもの。本命男性といても浮気相手を思い出してしまって会話が適当になってしまったり、熱くなりすぎると「バレないだろう」のボーダーラインがどんどん低くなってしまって、自爆することがあります。

 浮気で留めておくと決めているのであれば、浮気相手と1カ月ほど会わないというのも1つの方法。冷静で客観的な目を保つことができるので、慎重になることができます。とはいえ、これがなかなかできないんですけれど。そこは塩梅を見て。

誰にも言わない

 これも、大事ですね。浮気をしたら誰にも言ってはダメ!特に、本命男性との共通の友人なんかに話したが最後、いろいろなことをやりづらくなりますし、バレるリスクも高まります。

 でも、どうしても話したい!そんな時は、自分と同じような浮気症の女友達に話しましょう。「王様の耳はロバの耳ー!」ではないですが、「穴」になってくれる女友達がいると、とても助かります。悶々とした時、聞いてもらえる相手がいるとハマりすぎずにいられるから。

大前提として罪悪感を持つ人は浮気に向いていない

「罪悪感」を感じてしまう人は浮気に不向き(写真:iStock)
「罪悪感」を感じてしまう人は浮気に不向き (写真:iStock)

 浮気をしようかな?と思って動く人なんて、まずいません。気づいたらハマりかけている、ドキドキを感じている、そんなことが始まるきっかけになるのではないでしょうか?

 でも、ここで大きな分かれ道があります。それは、「罪悪感」があるのかないのか。本命の彼氏に少しでも「ごめんなさい」という気持ちを持ってしまうあなたは、浮気をするべき女性ではありません!なぜなら、思い切って踏み出したとしても、浮気がバレてしまう可能性が高いから。罪悪感が不自然を生むんです。

 どうやったら罪悪感が消えるのかというと、そんな方法はありません。浮気に向いている女性は、罪悪感を全くと言って良いほど持たないもの。だから、バレない。

 踏みとどまるも、行ってしまうも、あなた次第。人生1回なんですから、どちらが面白いか、幸せかを考えて、自分の足が向かう方へと進んでみるのもありかもしれません♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ