罪悪感を持つ女性は浮気してはダメ 絶対にバレない秘訣は?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-05-15 18:00
投稿日:2019-05-15 18:00
 あなたは浮気をしたことがありますか?女性の浮気は40%以上とも言われているので、ちょっとだけなら?とつい足を踏み出しそうになる人も多いはず。でも、そこで歯止めをかけるのが「バレたらどうしよう」ということ。でも、絶対にバレない浮気の秘訣をレクチャーします♪

浮気を完璧にバレないようにする秘訣

浮気を打ち明けるのなら同じような「浮気性の女友達」に(写真:iStock)
浮気を打ち明けるのなら同じような「浮気性の女友達」に (写真:iStock)

「浮気」はその名の通り、浮つく気持ち。本命がきちんといて、その上でふわふわと浮ついてしまっている状態ですね。でも、周りにいませんか?浮気がバレて破局を迎えている女性たち。

 女性たるもの、たくさん愛を持って生きた方が楽しいと思うんです。少しでも浮気願望があるのであれば、誰も不幸にならないためにも、浮気を隠し通す方法を学びましょう。

「残さない」は鉄則

 浮気がバレる1番の原因は、浮気の何らかの痕跡がパートナーにバレてしまうことにあります。だから、徹底的に「残さない」ことを心がけましょう。

【絶対に残してはいけないリスト】

・携帯のLINEやメール、着信などの履歴
・レシート
・カード履歴(交通系ICカード、クレジットカード)
・手帳への記載
・残り香など

 まずは、これを徹底して排除!とくに注意したいのが、携帯の履歴です。浮気相手との甘美なやり取りを読み返したくなる気持ちは分かりますが、私の女友達で相手とやり取りをしている途中にうっかり寝てしまい、バレてしまったというケースもあるので要注意!

 帰り道に削除、寝る前に削除、とにかく削除!これ、鉄則です!

記憶の改ざんをする

 浮気を上手にする女性は、記憶の改ざんを行います。例えば「金曜日の19時、女友達の◯◯ちゃんに会った」ということにして浮気をしに出かけたのであれば、その女友達とどんな話をしたのか、というところまで想像して、記憶すら上手に改ざんするんです。

 手帳にももちろん、「◯◯ちゃん:19時」と残します。浮気上級者になると、数カ月後に手帳を読み返した時、本当にその◯◯ちゃんと会ったような気にまでなるのだとか。女性の脳は、時に便利です。

 ただし、本命男性と共通の友人と会ったことにするのは、バレる可能性があるのでNG。間接的にしか知らない相手を選ぶようにしましょう。そうそう、突然知らない人の名前を出してもおかしいので、ちょくちょく会話の中で記憶改ざん用の相手の名前を出しておくのもポイント。

新しいことを始めない

 浮気を始めると、どうしてもわくわくして好奇心旺盛になるもの。どっぷり浸かっている人は、浮気相手の趣味なんかを真似し始めたりと、とにかく不自然になりがちなんです。これは、「なんか違う」という不信感を本命男性に与えるきっかけになってしまうので、日々を「普通に」生きることを心がけましょう。

 浮気相手のデート用に新しい下着を買ったり、メイク用品、洋服を買うことは、しばらく控えて。どうしても買いたいなら、それこそ徹底してバレないように。

 また、浮気をした罪悪感から無駄に本命男性に優しくしてしまう人がいますが、これも不信感を生むきっかけになります。急にお土産を買ったり、手料理の頻度を増やすようなことがないように注意してくださいね。

1カ月ほど会わない

 どんなに完璧に隠せていると思っても、自分本位に浮気をしている女性は身勝手になるもの。本命男性といても浮気相手を思い出してしまって会話が適当になってしまったり、熱くなりすぎると「バレないだろう」のボーダーラインがどんどん低くなってしまって、自爆することがあります。

 浮気で留めておくと決めているのであれば、浮気相手と1カ月ほど会わないというのも1つの方法。冷静で客観的な目を保つことができるので、慎重になることができます。とはいえ、これがなかなかできないんですけれど。そこは塩梅を見て。

誰にも言わない

 これも、大事ですね。浮気をしたら誰にも言ってはダメ!特に、本命男性との共通の友人なんかに話したが最後、いろいろなことをやりづらくなりますし、バレるリスクも高まります。

 でも、どうしても話したい!そんな時は、自分と同じような浮気症の女友達に話しましょう。「王様の耳はロバの耳ー!」ではないですが、「穴」になってくれる女友達がいると、とても助かります。悶々とした時、聞いてもらえる相手がいるとハマりすぎずにいられるから。

大前提として罪悪感を持つ人は浮気に向いていない

「罪悪感」を感じてしまう人は浮気に不向き(写真:iStock)
「罪悪感」を感じてしまう人は浮気に不向き (写真:iStock)

 浮気をしようかな?と思って動く人なんて、まずいません。気づいたらハマりかけている、ドキドキを感じている、そんなことが始まるきっかけになるのではないでしょうか?

 でも、ここで大きな分かれ道があります。それは、「罪悪感」があるのかないのか。本命の彼氏に少しでも「ごめんなさい」という気持ちを持ってしまうあなたは、浮気をするべき女性ではありません!なぜなら、思い切って踏み出したとしても、浮気がバレてしまう可能性が高いから。罪悪感が不自然を生むんです。

 どうやったら罪悪感が消えるのかというと、そんな方法はありません。浮気に向いている女性は、罪悪感を全くと言って良いほど持たないもの。だから、バレない。

 踏みとどまるも、行ってしまうも、あなた次第。人生1回なんですから、どちらが面白いか、幸せかを考えて、自分の足が向かう方へと進んでみるのもありかもしれません♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ