「妻からの疑惑の目」をすり抜ける 浮気男のナナメ上な奇策

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-18 06:00
投稿日:2019-04-18 06:00
 浮気をしている男たちは、あの手この手で妻や彼女にバレないよう画策をしているようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男たちがパートナーからの疑惑を避けるために「あえて心がけている」というナナメ上な奇策をお届けします。

1:何も予定がない日にもあえて遅く帰宅する

”帰宅時間の遅い俺”を演出(写真:iStock)
”帰宅時間の遅い俺”を演出 (写真:iStock)

「デートの日だけ、遅く帰宅するといかにも怪しいと思うんで、浮気を始めてからは、とくに予定がなくても遅めに帰宅するようにしています。

 妻には、これまでとは別のプロジェクトに携わるようになったと説明していて、今のところ疑っている様子もありません」(35歳男性/コンサルタント)

「浮気相手とは毎週水曜日に会っているんですが、その日だけ遅いと怪しいかなと思い、ふだんから遅く帰る日を増やしています。

 マンガ喫茶に寄って、時間を潰すことが多いですね」(40歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 浮気相手との逢瀬の日だけ遅い帰宅となると、パートナーに違和感を抱かせると警戒している男ほど、日頃から“帰宅時間の遅い俺”をブランディングしているようです。

2:LINEの返信をわざと遅らせる

LINE返信もあえて遅く返す(写真:iStock)
LINE返信もあえて遅く返す (写真:iStock)

「浮気を始めてから、浮気相手と会っているときに不自然にならないよう、妻からのLINEへの返事を常に遅らせるようにしています。

 デートのときだけ返信が遅いとバレバレだと思ったので」(34歳男性/マスコミ)

「浮気中は、どうしても妻へのLINEに返しにくいタイミングが多い。

 なので、仕事中とか日頃から返事を遅くすることで、俺にLINEしてもなかなか返事が返ってこないのが普通だと思わせるようにしています」(41歳男性/外資系金融)

 ◇  ◇  ◇

 デート中には、どうしてもスマホチェックもおろそかになりがち。

 “返信が遅い俺”を演出することで、疑惑の目をすり抜けようとナナメ上な作戦を繰り出している男もいるのです。

3:泥酔キャラを演じる

妻との外食も演出のひとつ(写真:iStock)
妻との外食も演出のひとつ (写真:iStock)

「今、浮気相手にめちゃハマっているのでデートでも泊まりでゆっくり会いたいんです。でも無断で外泊すれば妻に怪しまれるじゃないですか?

 なので、わざと『最近、歳のせいで酒に弱くなって、飲むと寝ちゃう』というキャラづくりに走ってます。妻と飲みに行き、わざとその場で寝たフリとかやってます」(44歳男性/保険)

「浮気相手とエッチしたあとは眠いし、できればその場で寝ちゃいたい。

 帰るのが面倒なので、最近は『酒を飲むと店で寝てしまう』と妻には伝えています。

 ちょっと怪しいかなと自分でも思うんで、週末とかに妻と外食して酒を飲み、眠気に勝てなくなるキャラを必死で演じています」(41歳男性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 無断外泊や朝帰りなど、夫の帰宅時間が遅くなれば浮気を疑う妻も多いのが実情です。

 “酒に弱くなった俺”を印象づけることにより、浮気相手とのお泊まりデートを楽しもうと裏をかく男もいるのですね。

 一つ屋根の下で暮らす妻や彼女にしてみれば、パートナーの些細な変化にも敏感に気づくと思いきや、男たちはそのナナメ上をいく発想で、疑惑の目をすり抜けようと画策することもあるようです。

「なんだかキャラが変わった」と感じたら、その時点で浮気を疑ってみてもいいのかも……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:17 ラブ
FILM
 離婚で陥りがちな最も怖いことってなんだと思いますか? 経済不安? 世間体? 色々あるとは思いますが、何年も苦しむような...
七味さや 2020-10-16 06:00 ラブ
FILM
「最近、彼の様子がおかしい」と感じても、浮気かどうかを判断する明確な定義はないので難しいですよね。実際、男女で浮気のボー...
恋バナ調査隊 2020-10-16 06:00 ラブ