コスパ至上主義男子の見分け方 彼らが重視するCPSって何?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-05-30 06:00
投稿日:2019-05-30 06:00
肉食系コスパ男子が求めるCPSとは(写真:iStock)
肉食系コスパ男子が求めるCPSとは (写真:iStock)

 最近「コスパ男子」という言葉をよく耳にしませんか?

 コスパは、コストパフォーマンスの略であり、「コスパ男子」はあらゆるものにコスパを求める傾向にあります。そして、その行き先は、ついに恋愛や結婚という禁断の領域にまで及びました。

 恋愛や結婚は「コスパが悪い」と考え、なかなか付き合うところまでには至らないのが彼らの特徴。だからといって、女性とカラダの関係にならないかといえば話は別です。草食系コスパ男子はもちろんいますが、「肉食系コスパ男子」は、ある指標に基づいて女性をハンティングしていきます。

 肉食系コスパ男子が常に気にする指標、それがCPS(Cost Per SEX)すなわち、1回あたりのセックスにかける費用であり、彼らはいかにCPSを下げるかに情熱を燃やす。そんな側面を持っているのです。

 それでは、CPSを追い求めるコスパ男子の生態について解説していきましょう。

CPSとは?

「パエリアには自信があるんだ、ウチに来る?」(写真:iStock)
「パエリアには自信があるんだ、ウチに来る?」 (写真:iStock)

 CPS(Cost Per SEX)とは、具体的にはどう計算されるのでしょうか?

 それは以下の方程式によって計算されます。

デート1回あたりのご飯代 × デートの回数 + ホテル代(自宅の場合は無料)

 ここにプレゼントとか、交通費とかを入れる場合もありますが、基本的にコスパ男子の場合は、自分のテリトリー範囲外に行くことはあまりないため、これらのコストは除外してよいでしょう。

 有名ブロガーはあちゅうさんの『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』が刊行された際の対談では、CPSは「デート代2回分、ホテル代1回分」の7万円ぐらいが相場ではないか、という記事を目にしましたが、コスパ男子は平均1.5万円以下に必ず抑えようとします。彼らにとって、「風俗」よりも高いお金を払って女性とエッチをするなんて、「もったいない」という感覚なのでしょう。

CPSを下げるための彼らのテクニック

 まず女性との出会いは、全てマッチングアプリを通じて獲得します。マッチングアプリは月額3000円~6000円程度であり、何人の女性と会ってもその費用は一律。会う人数が多いほど1人当たりのコストは低くなるため、マッチングアプリは彼らの出会いには最適なツールです。

 そして、彼らの必殺技が「出会う前にコンバージョン」です。コンバージョンとは、WEBマーケティング等で用いられる概念で、ユーザーが実際に購入行動や会員登録をすることですが、ここではもちろん「カラダの関係」を持つこと。そのため、彼らは電話やテレビ通話を駆使して、出会うまでに「親密度」を最大限高め、「まだ会ってないなんて信じられないよね」というレベルにまで、気持ちを高めていきます。

 その結果、初回のデートは「いきなりハウス」。家の最寄りの駅で待ち合わせして、そのまま家に直行。コンビニで買える数百円のワインと、見た目オシャレなおつまみなど、合計2000円以下のコストで女性を落とすのです。

 また、自然と女性を家に誘うために料理の腕を磨き、「好きになった女性には僕が作った料理を食べさせてあげたい」と、ごく自然に家ご飯に誘う“料理男子バージョン”も存在します。

コスパ男子との恋愛を発展させるには?

肉食系コスパ男子を落とすポイントは?(写真:iStock)
肉食系コスパ男子を落とすポイントは? (写真:iStock)

 コスパ男子はそのコスト感覚から、一度だけのカラダの関係では終わらせずに、2度、3度と関係を継続する傾向にあります。しかしながら、最後の一線である「付き合おう」という言葉を口にすることはほとんどなく、あいまいな関係が続いていきます。

 そんな彼らが実際に「お付き合い」に発展するパターンは、どういうものなのでしょうか?

 そこもやはり決め手は、「コスパ」。

 コスパ男子が好むのは経済的に自立しているキャリア女性。しっかり自分で稼ぎつつ、家デートで居心地のいい時間を共有していける女性であれば、「交際」ひいては「結婚」への可能性も。

 コスパ男子は、経済的にも堅実なため、結婚相手としては意外と良い部分も。毎年、海外旅行に2回は行きたいといった贅沢思考が強くない女性にとっては、相性的にも悪くありません。

まとめ

 女性的にはあまり好ましくないと思われるコスパ男子ですが、その分、合理的な考え方をしているため、読みやすく攻略方法はわかりやすかったりもします。

 もし、あなたの気になるお相手がコスパ男子だった場合、上記注意点を踏まえて、コスパ良くお付き合いをされるといいでしょう。

エロコク 新着一覧


FILM
「だれにでもオススメできるラブグッズ」って、ありそうでないものです。でも、今回紹介する「iroha RIN+」はそれにか...
桃子 2019-12-10 05:28 エロコク
FILM
 短大卒業後、縫製会社から成人向けスカパー!アダルトバラエティ専門チャンネル『パラダイステレビ』に転職した吉永あずきさん...
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 最近は元気というより精気が少ない男性が増えています。その原因はストレスだとかコンビニを中心とした食品添加物だとかいろい...
内藤みか 2019-12-05 06:00 エロコク
FILM
 バイブレーターにまだ慣れていないビギナー女子は、購入の際に“太さ”を気にすることが多いと思います。それに加えて、できれ...
桃子 2019-12-01 22:12 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
G「イブだから、デパ地下が混んでて、すっごく並んじゃったの。でもこのパーティセットと、日本酒は頑張って買ってきたの」 ...
FILM
「女は奥ゆかしさが大切」と日本ならではの美学を植え付けられてきた女性も、近年はセックスに対して大らかになってきています。...
蒼井凜花 2019-11-27 06:00 エロコク
FILM
 様々なサブスク(月額課金制)の動画配信サイトがありますが、アダルト動画にももちろんサブスクがあります。こちら、女性でも...
内藤みか 2019-11-25 06:08 エロコク
FILM
 初めてバイブレーターを使うという女性には、基本、細身のものをお勧めしています。サイズが大きくなると、それに比例して心の...
桃子 2019-11-24 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 このシリーズも連載10回目になります。ここまで続くとは、書き始めた頃は思いもしませんでした。でも、興味を持って読んでく...
FILM
 いまどき、女性からセックスを誘うのははしたない!と表立って言う人は少ないとは思いますが、それでもやはりいざとなるとなか...
FILM
 2016年ごろからクリトリス刺激に特化した“吸引系”がラブグッズ界を席巻していますが、ブームもここまで来たか!と思わさ...
桃子 2019-11-29 12:41 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 異常な行動を繰り返す人間に関して、近年、サイコパスやソシオパスの研究が進められています。 サイコパス──先天的に...