シリコン製グッズを制する者がしっとり肌に!手持ちの化粧品も使える

並木まき ライター・エディター
更新日:2023-02-14 06:00
投稿日:2023-02-14 06:00
 しっとりとした肌を育むために、どんなことをしていますか? 乾燥が気になる秋冬シーズンには、普段より高保湿のコスメに変えるケアが定番でもあるけれど、手持ちの化粧品を使って今より「しっとり」を向上させたいならば、ぜひ試してみてもらいたいことがあるのです……!
 時短美容家の並木まきが「意外なもの」を活用する化粧品の“しっとり”向上テクをお話していきます。

「シリコン」をデイリー美容に取り入れると“しっとり”が狙える!

(C)コクハク
(C)コクハク

 調理器具ではおなじみの「シリコン」。まさか美容に使うなんて……と思う人もいるかもですが、最近では、美容グッズにもシリコンを使ったもののバリエーションが増えてきました。

 シリコン製グッズのいいところは、耐久性と衛生面。使い捨ての美容グッズと長く使えるので、結果的にエコにも経済面でも優秀なグッズが少なくないのです。

 いつもの化粧品にプラスしてシリコングッズを使うと、スペシャルケアになるんですよ〜! さっそく、私が実際に使用して「おぉ!」と感じたユニークなグッズの数々を紹介しますね。

1:「KISS NEW YORKシリコンブラシ」

「KISS NEW YORKシリコンブラシ」(495円)(C)コクハク
「KISS NEW YORKシリコンブラシ」(495円) (C)コクハク

 手を汚さずに均一に肌に化粧品を塗りやすい「シリコンブラシ」は、手持ちのクリームでマスクケアをしたいときに便利なグッズ。肌ざわりがやわらかなので摩擦の心配も少なく、手で塗るときと比べて薄く均一に伸ばしやすいので、クリームを使う量も調整できて経済的です。

 うるおい不足を感じるときにはシート状の使い捨てマスクが定番だけれど、手持ちのクリームを顔いっぱいにしっかり塗るだけでも、しっとり感を向上させるお手入れが叶います。シリコンの肌ざわりがとにかくやわらかく、クリームを塗っている間は、ちょっと贅沢な気分にもなるので不思議です。

 使い終わったらウェットティッシュで拭き取るか水洗いをするだけで衛生的に使いやすいのも◎。

2:「プリンクル うるおい集中シリコーンパック」

「プリンクル うるおい集中シリコーンパック」(2178円)(C)コクハク
「プリンクル うるおい集中シリコーンパック」(2178円) (C)コクハク

 目もとまわりは、湿度が低い時期に特に乾燥によるダメージが気になりやすいパーツ。でも目もと用のパックを買ってもなかなか使いきれずに結局捨ててしまう……なんていう声も聞こえてきます。

 そんなときにも、シリコングッズ!「うるおい集中シリコーンパック」は、手持ちの化粧水や美容液を不織布シートに塗布して、上からシリコンパッドをかぶせて保湿します。

 シリコン素材なので目のまわりにフィットしやすく、いつも使っている化粧品でしっとり向上のお手入れが叶うところが手軽でいいですよね。

 普段使っている化粧品でスペシャルケアが可能。デリケートな目まわりにも、自分に合う化粧品でスペシャルなお手入れができるお得感は魅力的であり、かつ優秀ですよね。

(C)コクハク
(C)コクハク

 とりわけ私が気に入っている使い方は、いつものケアに化粧水で数分間のパックを加える方法。かなりひたひたになるまで化粧水を不織布に含ませます。

 時間がないときでも「やるとやらないでは変わる」のを実感できていて、目まわりの小じわが目立ちにくくなる気がしているので、メイク前の保湿にもおすすめです。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...