「また遊ばれた」愚痴る女性は同性に嫌われ男から喜ばれる

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-05-29 19:56
投稿日:2019-05-29 08:00
 今回は、世の女性陣に注意喚起をするためのコラムを書かせてもらいます。少しでも恋愛がうまくいくよう、そして女性同士の仲を良いものにするため、アドバイスさせていただきますね。

男に騙された女性が言いがちな愚痴だけど…

口では慰めてても裏はドロドロ(写真:iStock)
口では慰めてても裏はドロドロ (写真:iStock)

 大学でも会社でも飲み会でも女子会でも、「私のカラダが目当てだった」「また遊ばれた」と愚痴る女性っていますよね。確かに、女を本気にさせておきながら、実はヤることだけが目的の男性っています。

「とりあえず、一回どんな感じかやってみたくなる」なんて言ってる男がいたから、罰として去勢してあげたいくらい。だから私も、男性に騙されたら「私のカラダが目当てだった」「また遊ばれた」と言ってしまう気持ちは理解できるんです。

 でも、それはもう言わないほうがいいかもしれません。なぜなら、自分では気づきにくいものですが、そう言って愚痴っている女性ほど同性から嫌われるからです。

「違う意味も含まれている」と感じる

 どうして嫌われるか理解できませんか? それは簡単です。愚痴を聞かされた女性たちは、それらの台詞に「違う意味も含まれている」と感じてしまうからです。

 例えば、以下のような意味があると邪推されてしまう恐れがあります。

・カラダが目当てだった:私のカラダが魅力的だから男が寄ってきて困る

・また遊ばれた:次々と男が寄ってきてモテてモテて困る

 そして、こうした愚痴を言う女性には2種類のパターンが存在するんです。わかりやすく解説すると次のようになります。

・純粋タイプ:本当に男にもてあそばれて悲しい気分の女

・悪魔タイプ:自分が魅力的でモテて仕方ないことをアピールしたい女

 たとえ純粋タイプだとしても、聞いている方からは「自慢したいだけじゃないの?」と思われてしまうことも。独身で恋人ナシの女性であれば、なおさら嫉妬される危険性があるのです。

 実際、世の中にはたくさんいますよね。自分の恵まれた恋愛をアピールしたい女や、自尊心を保つためにモテているアピールをしたい女が。

男に対しては非常に効果的な“メッセージ”

男からすればたまらない一言(写真:iStock)
男からすればたまらない一言 (写真:iStock)

 でも、恋愛のことって友達に話したくなりますよね。ならば誤解を受けないように「フラれちゃった」「音信不通になった」などと言えばいいでしょう。

 どこにも嫉妬ポイントはないし、むしろネガティブな状態であることを話しているので、同情してもらえます。

 私の経験上、女性は本当にかわいそうな女には優しいもの。つまり、言葉選びが大切ということ。その言葉から自慢が連想できてしまう言葉は使わないことです。

とにかく彼氏が欲しい女性は試してみる?

 ちなみに、男友達に「私のカラダが目当てだった」「また遊ばれた」と言うのは、非常に効果的です。目の前に「魅力的なカラダのすぐヤれる彼氏ナシ女がいますよ」と言ってるようなものだから。私の弟子はそう言って、何人もの男たちを抱いてきました。

 あなたが「とにかく彼氏が欲しい!」という女性なら、男友達でも誰でもいいから、「私のカラダが目当てだった」「また遊ばれた」と言って試してみてはいかがでしょう?

 ダメだったら諦めて、お風呂に入って寝てくださいね。

エロコク 新着一覧


FILM
 日に日に秋の色が濃くなっていくこの季節、ぬくもりが恋しくなりませんか? 私はなります! セックスしたいとか気持ち良くな...
桃子 2020-10-17 06:00 エロコク
FILM
「ビーン スポット ピンク」には度肝を抜かれました。私だけではないはず。このS字形の物体が最新バイブレーターだと聞いて、...
桃子 2020-10-12 16:34 エロコク
FILM
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-11 06:38 エロコク
FILM
「膣トレ」って、聞いたことがある人は多いでしょう。締まりが良くなる、イキやすくなるなど、セックス時にメリットがあるだけで...
FILM
「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、ラブグッズをコレクションし始めたころの私は、まさにそれでした。というよりも、...
桃子 2020-10-05 06:00 エロコク
FILM
 その人の生き方は、セックスのシーンでも滲み出るのではないでしょうか。受け身だったり恥ずかしがるよりも、アクティブで主体...
大泉りか 2020-10-03 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
FILM
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク