結局は若さだけ? 20年後の令和女子を狙い始めた独身男子

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-06-01 02:00
投稿日:2019-05-31 06:00
 たとえ女性のあなたがいくら文句を言っても、SNSに愚痴を書き込んだとしても、男性の大多数は何だかんだ言って「若い女子が好き」なんですよね。今回は、そんなお話をしましょう。

若い女子はそれだけで恋愛において優位

令和女子と結婚したい!(写真:iStock)
令和女子と結婚したい! (写真:iStock)

 あくまで私の経験から得た持論なのですが、男性にとって恋人や妻の若さは、性的にも自分の優位性を保つためにも重要のようです。

「俺は40歳だけど、20歳の子と結婚したら、俺が50歳になっても奥さんはまだ30歳でウハウハじゃん!」と考る男性がいるくらい、若い女性は恋愛において非常に優位。

「男目線がひどすぎる!」とか「時代に逆行してる、最低!」と、いくら文句を並べたところで、多くの男たちがそういう思考なんだから、どうにもなりません。

内面よりも若さで判断する男たち

 そんな男性の欲望を聞いた女子が「若けりゃいいの? 許せないんだけど!」と激怒していましたが、2019年の現時点では「そうです、若い女子の方がモテるんです」としか言いようがないのです。

 内面よりも若さ。男性はとにかく若さで判断してくる事が多い。若い女子との交際は見栄っ張りな男性にとってステータスになりますからね。

 そんな彼らの思考回路、皆さんと同じように私だって腹が立ちますよ。人間は内面で判断してほしい。でも、男の意識をガラリと変えることなんて200年くらいかけないと無理なのが現実なんですよね。

令和女子を狙って平成女子と恋愛する男たち

令和女子には勝てないの?(写真:iStock)
令和女子には勝てないの? (写真:iStock)

 若い女子と恋愛・結婚したい男性の一部は、驚いたことに、もはや平成生まれの女子にも興味を失いつつあるといいます。

 そう、令和生まれの女子が成長するのを、早くも虎視眈々と狙っているというのです。

 たとえば、現在20代の男子が約20年後に令和生まれの女子と結婚しようと狙っているわけです。これ、すでに私が複数の男性から耳にしている「令和時代の目標」なので間違いないこと。

 いまや、20歳差婚なんて珍しくない話。30歳差、40歳差の年の差婚もありえる話です。60歳の昭和生まれの男性が20歳の令和女子と結婚したら少しは話題になるだろうけど、それだって普通にあり得ることなんです。

「令和女子と結婚」はステータス?

 ふつうに恋愛をして昭和・平成生まれの男性と令和女子が結婚することもあるでしょうが、女性として腹立たしいのは、「最初から令和女子を狙う行為」。男性の「若い子が好き」という欲望がむき出しですからね。

 彼らにとって「令和女子を恋人にする」「令和女子と結婚する」ことはステータス。だから、「遊び相手は平成女子でもいいけど、結婚は令和女子」なんて思ってるわけです。

 いかがですか? このままだと昭和女子や平成女子の行き場がない! 結婚したいのに令和女子に奪われてしまう! そうですね。でもこれ、どうにもできない現実なんです。

 ダイバーシティだの、男女平等だの、フェミニズムだの言っても、大多数の男性が表面的に「平等世界」を受け入れているフリをしているだけ。結局は男性優位の世の中で、見た目や若さで判断してしまう男たちの意識改革には、まだまだ時間がかかりそうです。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM