女性だって告白したい! 成功率を上げるタイミングと心構え

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-28 16:55
投稿日:2019-05-28 06:00
「好きな気持ちが苦しく、どうしても告白したい!」そんな思いに駆られている女性は多いでしょう。思い余って告白をするのも良いですが、衝動的に気持ちを打ち明けると後々後悔してしまうかも!?一呼吸置いて、告白の成功率をアップさせる方法を見てみませんか?

女性からの告白成功率を上げる秘策!告白前後が鍵!

「好き」な気持ちをシンプルに(写真:iStock)
「好き」な気持ちをシンプルに (写真:iStock)

 さっそく本題!どうしたら、女性からの告白成功率を上げることができるのでしょうか?それには、告白前後の対応が鍵を握っていると思うのです。

■タイミングを見計らう

 告白において最も大切とも言えるのが、ズバリ、タイミング!「ここぞ」の時を見逃さないための方法を見てみましょう。

男性の状況、心の有りようをリサーチする

 告白したい男性が、今どんな状況なのか、心の有りようを知ることは告白成功率を上げるために重要なことだと思います。

 例えば、彼女や好きな人の有無、彼女がいたとしても関係が良好なのか、仕事や勉強で忙しくないか、など、知り得る限りの情報を手に入れて、できるだけベストなタイミングを見計らいましょう。

距離を縮める

 女性は「好き」という思いが膨れ上がった時に「告白したい!」と思うものですが、そもそも相手があなたのことをさほど知らない状況ではうまくいくものもうまくいきません。

 2人で話す時間を作ったり、一緒に出かけたり、連絡を少し増やしてみたりなど、冷静に自分と相手の距離を縮めていきましょう。そうしているうちに、相手の気持ちや自分への反応が分かり、告白のタイミングを感じやすくなります。

「好意を持ってくれた瞬間」がタイミング

「女性からの告白は、3回目のデートがベスト」という説がありますが、これは多分無視して良い!本当に大切なのは、相手が好意を持ってくれた瞬間を逃さないということ。

 男性からの脈ありサインは必ずあります。よく言われているのが、

・LINEなどの返信が早い
・プライベートなことを話す
・よく目が合う
・話す距離が近い
・よく笑ってくれる

 など。相手の心が近寄ってきたその瞬間に勝負できれば、成功率は格段にアップしますよね。とはいえ、こればっかりは男性によっても千差万別。

 このタイミングを見計らうことができる女性が、本当の恋愛上手だと思うのですが。こればっかりは、自分で判断するより他ありません。

■「付き合う」ことを前提に告白しない

 告白をしたいと思い詰めた時、女性は「好きで苦しいから早く伝えたい!」「願わくば付き合いたい!」と、妄想と願望でいっぱいでしょう。でも一歩引いて考えてみると、「告白したい心」は実に自分本位。

 大事なのは、好きな人の心はどこにあるのかを考えることではないでしょうか。

「好き」だけを伝える

 そもそも、告白とは「相手に隠していた自分の気持ちを打ち明けること」。これを忘れてはいけません。「付き合う」は、その先にあることなのです。

 そのため、「好きだから、付き合ってください」ではなく、まずは、「好き」と自分の気持ちを伝えるに留めてみてはいかがでしょう?自分から告白するという選択肢を選んだということは、「この先、お付き合いをするか否かは相手に委ねた!」ということなんですから。

「すぐに付き合えなければ意味がない」と思う方もいるかもしれませんが、「告白」は相手とあなたとの関係性を良くも悪くも、ぐっと大きく変えます。少なくとも意識してくれるようになるのは、間違いないでしょう。

 元はと言えばあなたからの告白ですが「付き合うかどうか」の返事をもらう時には、相手からの「告白」を引き出せることになるのです。意味がないなんてことはありません。

結果を焦らせない

 告白した後に、「ちょっと考えたい」と、すぐに返事をもらえないことは多々あります。結果を急ぎたい女性は、「付き合うの?付き合わないの?どっちなの?」なんて、つい聞きたくなってしまいますよね。でも、この時、絶対に結果を焦らせてはダメ!

 その場の対応に困って「(とりあえず)考えたい」と言ってしまう男性もいるので一概には言えませんが、すぐに断らないということはお付き合いを検討しているとも捉えることができます。つまりは、全くの「脈なしではない」とも考えられるのです。

告白後の対応は女の見せ所

 告白をした後こそ、女の見せ所!結果が気になって何も手に付かなかろうと、時間は平等に過ぎていくのです。気持ちに溺れずに、日々を淡々とこなしましょう。

 特に男性と一緒にいる時には、告白した事実すらまるでなかったかのように、普段通りに接することに徹しましょう。たとえ、残念な結果に終わっても良い関係を保てれば2回目の告白に繋がるのかもしれないし、時間が経つごとに相手が勝手に気になってくれるかもしれません。

 よく笑い、相手を見つめ、「好き」という気持ちだけを伝えながら、じっと待つ。これができるかどうかが、大きな分かれ道になると思います。

でも、告白マニュアルなんてアテにならない!

本能のままに「告白」してみては(写真:iStock)
本能のままに「告白」してみては (写真:iStock)

 世の中の風潮も手伝ってか、「男性から告白してほしい」という女性、「自分が告白したい」という男性は私の周りにも多いです。

 でも、女性から告白してうまくいっているカップルはたくさんいますし、つまりは、それが「男女の相性」。告白マニュアルなんてアテにならないんです。これが難しくも面白い、恋愛の醍醐味ではないでしょうか。

 大切なのは、自分が後悔しないかどうか。「こんなことなら言わなければよかった」と思いたくないのであれば、ただ気持ちを抱えて悶々としている他ありません。

 人生は1回きり。心を焦がして抑えられない気持ち、1回の告白で得られるものはたくさんあります。女性のみなさんに敢えて言いたい!悩むくらいなら、どんどん告白してはいかがでしょうか?肉食系と言われようが、本能のままに。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ