超絶かわいい! 春の花「シレネ サクラコマチ」最強の飾り方

斑目茂美 開運花師
更新日:2023-03-01 06:00
投稿日:2023-03-01 06:00

目には見えない「植物の声」

今回は可憐なサクラコマチのお話/無断転載禁止・以下同(C)コクハク
今回は可憐なサクラコマチのお話/無断転載禁止・以下同 (C)コクハク

「へー!」

 以前なにげなく見ていたNHKの特集番組で、思わず声が出たことがございました。なぜテントウムシは自然という大きな世界でハムシの幼虫を見つけて食べることができるのか、という至極当たり前なんだけれどもナゾの事柄に迫る内容で、実は生き物同士の目には見えない「植物の声」でコミュニケーションを取ると説いておりました。

 なんでもハムシの幼虫がヤナギの葉を食べた時、ヤナギの目には見えない「私なう食べられてます!」物質が放出され、テントウムシにメッセージとして伝わり、腹ペコ部隊が出動するそうな。しかもヤナギ以外の植物も“その声”を防衛反応として出して虫にかじられている最中に戦い、そしてまた、食べられてもいない周囲の植物は“その声”をキャッチして、防衛反応を引き起こすとのことでございました。

 生き物同士のコミュニケーションが存在し、厳しい自然界で支え合って生きている――なんだか壮大なロマンを感じちゃいました。

 そんな生命を揺るがす危険な自然の中にあって、慎ましい方法で自分を防衛するお花が存在します。今回は見た目すら奥ゆかしいお花、「虫もハートも華麗にキャッチ! 『シレネ サクラコマチ』」の解説でございます。

シレネ サクラコマチってなんですか?

休日出勤にて撮影って…サービス残業や! byさぶ店長(C)コクハク
休日出勤にて撮影って…サービス残業や! byさぶ店長 (C)コクハク

 淡いピンク色の小さな桜の数輪がギュッとまとまっているように咲く春の花「シレネ サクラコマチ」。シレネ属はおよそ300種類ほどあり、園芸品種としても人気はございますが、「サクラコマチ」に関していえば、ワタクシは切り花の方が馴染みがござんすな。

 正式名は「シレネ アルメリア」。花色は濃いピンクや白もあり、「サクラコマチ」と呼ばれる品種は花の大きさも小さく淡い可愛らしいピンク色で乙女心をくすぐります。

 英名は「Garden catch fly」、ズバリ「虫を取る」です。日本名も「虫取撫子(ムシトリナデシコ)」だなんて色気のないお名前……。名前通りどうやら虫を取るようなので、合ってるっちゃあ、合ってる(笑)。

 サクラコマチの大きな特徴は、茎や葉の一部が触るとペタペタします。食虫植物ではありませんが、アリなどの虫が茎をよじ登って花の蜜を盗んだり花弁をかじったりしないよう、ペタペタと粘着性の分泌液で虫を捕まえるというわけ。ペタペタは防衛本能の一種でござんすな。

 自分のことは自分で守ってみます的な心構え、感心しますわ。でもそんなに粘着してるかなぁと感じるワタクシ。「捕まえる」というより「ここからは立ち入り禁止よ」と防御線を張っているような。そう感じてしまうほど、優しいイメージのお花が「サクラコマチ」でございます。

最強の飾り方&相性のいい花は?

会社の受付に春の花がいっぱいや! byさぶ店長(C)コクハク
会社の受付に春の花がいっぱいや! byさぶ店長 (C)コクハク

 単体で飾るのもアリですが、「カワイイなー!」と思わず声を上げちゃうのは、他の花の引き立て役(?)として活用した時でございます。たとえば、ラナンキュラススイートピーといった優しい春色の花との相性がイイ花顔がさほど大きくはない主張度の低めのお花と、サクラコマチの可憐な花姿と色がお互いを高め合い、最強のスクラムを組んじゃいます。

 活け方のコツは、ふわふわと長めに。バラカーネーションなど合わせた場合、その花よりやや高めにふわっと活けると、サクラコマチの軽やかさが全体を優しく可愛らしい印象に変えてくれます。

 花瓶に活けたり、吸水性スポンジに挿す場合も同様で、短く埋め込むよりふわふわと長め(高め)がよろしいかと。透け感のあるサクラコマチ越しに見るバラやラナンキュラスは、単体より色が美しく見えるから不思議。お試しあれ。

優しいふわふわピンク♡(C)コクハク
優しいふわふわピンク♡ (C)コクハク

 切り花としてのサクラコマチの他に、春が近づいてくるとシレネ属の花は園芸品種として多くの品種が出回ります。花だけでなくまだら模様の葉も楽しめ、花壇のグランドカバーとして大活躍。ポット苗は安価で手に入りやすく、しかも大きく広がって育ちます。そこが魅力よ~。こちらもお試しあれ。

 サクラコマチの優しいふわふわピンクが春の風をアナタにお届けしてくれますことを…遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...
帰ったらお風呂に…夫「沸いてるよ!子供が入ってる」危機管理能力ゼロや
 子育て中のママにとって、子供の命と健康を守るのは一番大切な使命。だからこそ、危機管理能力は嫌でも高くなります。 ...
号泣しながら「愛の讃歌」を熱唱 なぜ人はスナックでダサい姿を晒すのか
 私はこれまで多くの夜の世界を見てきましたが、スナックは本当に不思議な場所です。  完全無欠のモテ人間ほど、なぜか...
大人は「さようなら」とハッキリ言わないけど…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
春の行楽、御朱印集めはスタンプラリーと何が違う? 作法やタブーとは
 山形県東部にある山寺(山形市)で自らの行いについて考える出来事がありました。我よ、御朱印集めがスタンプラリーと化してい...
この勇姿もあとわずか…去勢手術予定“たまたま”を記念撮影!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「クリスマスローズ」で究極のほっぽらかし園芸!怠け者でも花いっぱい♡
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋のある神奈川は地球温暖化の影響もあり、ここ近年の特徴は卒業式に桜咲くでしたが、今年は入学式...
人は「趣味が合わない相手」と恋に落ちることがある
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...