仕事順調ならお金も貯まる!運気を上げる「ラナンキュラス」

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-02-22 06:00
投稿日:2020-02-22 06:00

人は見かけで判断してはイケマセン

春ってワクワク最高です!
春ってワクワク最高です!

 ワタクシには、見た目も性格もちょっと変わった同業の男友達がおります。

 神奈川からは遠い四国徳島で暮らす彼は、齢50を超えているにもかかわらず、まるで「X JAPAN」のライブ会場にいた往年のファンよろしく、「頭の上に乗っかってるのはアンテナか?」というくらいやや長い髪を毎日せっせと立たせ、実に絶妙なバランスで垂れている前髪を歩くたびにユラユラ。そのわりには誰に対してもやたらと腰が低く、こちらが拍子抜けするほどの優しく丁寧な語り口。

 この不思議な「アンテナおじちゃん」は、花屋さんでありながら本業そっちのけで、寛大な奥様に見守られながらその優しい語り口をフル活用しているラジオパーソナリティーというお仕事がございます。

 毎度、四国の地方局を巻き込んで「アンテナおじちゃん」が敢行する「0円広告費 花PR作戦」は、キテレツだけど意外に常識人という彼の人柄が大きいですが、ユリやランなどのお花の生産が盛んな四国ということや、そもそも優しく懐の深い「四国人」が運営する放送局が寛大過ぎる!というのも手伝って、じわじわとその勢力を関東に侵食してまいりました。

 ワタクシの横浜の某商店街花屋の友人も侵食されたその一人。

 彼による「商店会会長」という職権を乱用した「商店街放送で勝手に四国のラジオをかける」という暴挙は、横浜でありながら「交通渋滞150メートル」という関東ではありえない不思議な四国の交通情報と、快晴でありながら「現在雨が降っております」というおかしな四国の天気予報が、商店街を行き交う人々にポカンと口を開けて空を見上げさせる行為に及ばせるのでございます。

 そんな影響力絶大な「アンテナおじちゃん」から「姉や〜ん、電話いけるん?」(斑目さん、今、電話しても大丈夫?)とよくお電話がかかってまいります。

 大抵は「俺と四国と徳島はなんてグレイト!」な爆笑情報なのですが、さすがお花屋さん、彼から先日興味深い情報がやってまいりました。「柚子の香りのするお花があるけど知ってるん?」というのです。そんなお花なんてあるんかぃ!と伺うと、なるほど……あるかもね、と思うお花がございました。知りたいですよね~。

 ということで、今回は「財運と仕事運を操れ!ラナンキュラス」の解説でございます。

柔らかな春の日差しのようなラナンキュラス

ラックスシリーズは高価だけど人気でございます。
ラックスシリーズは高価だけど人気でございます。

 紙のように繊細な花弁を幾重にも重ねて、コロンとした可愛らしいフォルムのラナンキュラスは、12月から4月ぐらいまでお花屋さんに出回る今がまさに旬真っ盛り!のお花でございます。

 カラフルな色のラナンキュラスは、切り花だけでなく鉢物もたくさん出回っております。従来の丸くコロンとした形ばかりではなく、さまざまな変わり咲きの品種があることもラナンキュラスの大きな特徴!!

 例えば、フリフリで絶妙な色の花弁が幾重にも重なった「PONPON」シリーズやアネモネ咲きの「シャルロット」シリーズ。「これは何というお花?」と聞きたくなるような、花弁が光に反射してキラキラと光る不思議な「ラックス」シリーズは、恐ろしく日持ちがする息の長い切り花としても宿根多年草の鉢物としても近年とても人気の高い品種でございます。

 一目みてラナンキュラスとはわからないような品種の多さは、それだけこのお花の人気の高さを物語っているようでございます。ラナンキュラスの葉が「カエルの足」に似ていることや、原種が湿地帯を好むことからラテン語の「rana(カエル)」が名前の語源になったといわれているのでございます。

 従来のラナンキュラスのコロンとしたフォルムは、見ているだけで心が明るく弾んで、ワタクシはお仕事でラナンキュラスを使うたび「カワイイなーカワイイなー!!」と絶叫しているものですから「もう分かったよ! うるせぇよ!」とお店のスタッフさんたちから叱られ……それほど魅力あるこのラナンキュラスなのでございます。

 実はこのお花「金運」に効くといわれております。もっと突っ込んで「財運」に効くとも。さらにもっとブッこむと「仕事運」に効くともいわれております。ふっくらと丸く、豊かに重なる多くの花弁がその理由でございます。

 明るい、暖色系のお色のラナンキュラスを北西に飾ればお仕事や事業がうまく回ってお金が落ち着いて留まる、といわれておるんですよ! ならばぜひ、この効力を頂戴しない手はございませんわよね!

財運仕事運を操ってアナタには笑顔でいて欲しい

「ラナンキュラスを飾れ」といわれてもどうやって飾ればよいかわからんのじゃ!というアナタ。

 ご安心くださいませ。テクニックは特別必要ございません。ラナンキュラスはたった一輪でもモーレツに可愛い!

 でございますから、適当な一輪挿しに一本でも二本でも挿しておけばOK。さらに素敵に飾りたいというアナタには、こちらがオススメ。

さぶ店長も興味津々 このあと頭突きでお花に臭い付け
さぶ店長も興味津々 このあと頭突きでお花に臭い付け

 今回は100均のビンではございますが、お手持ちに可愛いビンがあればそちらでも良いです。

 ポイントは複数のビンに明るい色のラナンキュラスをリズミカルに高さを変えること。

 アナタのお宅のご事情もおありだと思いますので、数や高さは調整してくださいませ。色とりどりのラナンキュラスのビンを横一列に並べると、まるで音符の書かれた楽譜のようで、見ているだけでも楽しくなりますわよ。

 まずは実践! 「財運」「仕事運」がアップして、まさにラナンキュラスの花言葉「魅力に満ち溢れている」笑顔のアナタになれますことを……遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ〜。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...
FILM
 にゃんたまωカレンダー2020を飾って下さっている方々から、多くのラッキー報告を頂きました。ありがとうございます!!!...
FILM
 毎月の給与明細を見ると、ゴッソリ引かれている健康保険料。正社員の人はもちろん、夫の扶養を外れたり、パート勤務にも社会保...
FILM
 子どもって、これをやったらダメだっていうことをわかっていても、あえてイタズラして親の気を引こうとすることありますよね。...
FILM
 今年は夏バテせず、運動不足のコロナ太りも相まって、体重は記録更新中。  そしてもうすぐ、天高く馬肥ゆる秋(てんた...