グロス唇に「天ぷら食べた?」初めてメイクのトホホな思い出

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2023-03-19 06:00
投稿日:2023-03-19 06:00
(C)コクハク
(C)コクハク

 40代にもなると、「自分に合ったメイク」をする余裕が出てきますが、みんな誰しも最初は初心者。忘れられない恥ずかしすぎるメイクの失敗談を持っているものです。

 今回は、思わず笑ってしまう「初めてのメイクの思い出エピソード」をご紹介。大人の階段を登ろうと一生懸命だった懐かしいあの頃を思い出して、ほっこりしてくださいね!

恥ずかしすぎる…! 忘れられない初めてのメイクの思い出

 まずは、恥ずかしすぎる初めてのメイクの思い出エピソードを見ていきましょう!

1. 「ティッシュ使う?」

「天ぷら食べたの?」(写真:iStock)
「天ぷら食べたの?」 (写真:iStock)

「私の初めてのメイクは、中学生になった時のこと。好きな人に可愛いと思ってもらいたくて、透明のグロスをつけて学校にいきました。すると登校するやいなや、女友達から『朝から天ぷら食べたの? ティッシュあげるから拭きなよ!』と手渡されました。天ぷらで胃もたれしたフリをしてグロスを拭いた時の切なさ、忘れられません」(40代・看護師)

 天ぷらで胃もたれをしたフリまでして……。美しくなるって、大変ですよね。

2. 「鼻の穴しか見えない」

「高校時代にメイクデビューした私。周囲が日サロに通い詰め、肌を焼いて黒くしていく中、美白命と言わんばかりにファンデーションを塗っていました。ある時、みんなでプリクラを撮ったら、私の顔だけ白すぎて鼻の穴しか写っていませんでした(笑)。みんなにはいじられるし、恥ずかしいし……。黒歴史です」(40代・専業主婦)

 鼻の穴しか写らないとは相当ですね! すべての顔のパーツを消し去るほどの厚塗り! 美白への気合いが感じられます。

3. 「おいおいどうした!?」

おてもやん状態に(写真:iStock)
おてもやん状態に (写真:iStock)

「中学の時、初めてできた彼氏とのデートにメイクをしていきました。雑誌を研究して、やっぱり可愛いピンクのほっぺたは欠かせないと、室内でチークをたっぷり塗って行ったのですが、待ち合わせ場所につくやいなや彼氏に『おいおいどうした!?』と言われてしまいました。どうやら暗い洗面所でチークを塗ったのが原因で、太陽の下ではおてもやんになっていたようです。思い出しても恥ずかしい……」(30代・アパレル関係)

 最初の失敗を最初の彼氏に見られるとは、つらかったでしょうに……。暗い場所でのメイクは要注意です。

4. 「一人ハロウィン」

「メイクデビューは、中学の時でした。ほかの友達と同じようにメイクを楽しんでいたのですが、涙袋が大きいからか、いつも夕方にはマスカラが落ちてパンダ目になっていました。メイク崩れに悩みながらもメイクを続けていたら、ある時友達が『みんなに一人ハロウィンって呼ばれてるよ』と影のあだ名を教えてくれたのです。とてもショックで、その日からマスカラはつけないようになりました」(40代 ・会社員)

 影のあだ名を知った時のショックは大きいですよね! 一人ハロウィン、なかなかきついあだ名です。

甘い思い出! 初めてのメイクにまつわる胸キュンエピソード

 初めてのメイクに関して、恥ずかしい思い出以外にも、胸キュンなエピソードを持っている人もたくさんいるようです。

1.「これ以上可愛くなってどうするの?」

お姉ちゃんにメイクしてもらったら(写真:iStock)
お姉ちゃんにメイクしてもらったら (写真:iStock)

「中学の時、デートの日に、お姉ちゃんにメイクをしてもらって出かけました。すると彼氏に『いつも可愛いのに、これ以上愛くなってどうするの?』と照れたように言われて、心臓が飛び出るほどドキドキしました。いい思い出です」(30代・カメラマン)

 相手も照れている感じが胸キュン倍増ポイントですね! 同じセリフを言われてみたいです!

2. 「唇についちゃった」

唇についちゃった♡(写真:iStock)
唇についちゃった♡ (写真:iStock)

「高校の時の彼氏との思い出です。色付きリップをつけてデートへ。すると公園で初キスをする流れに……。キスが終わったあと、彼氏の唇を見たらリップがついていて、一緒に笑い合いました。すごく幸せな時間でした」(40代・保育士)

 とても素敵なエピソードですね! 幸せそうな2人の姿が目に浮かびます。

初めてのメイクの思い出は甘くてほろ苦い!

 甘い思い出も、ほろ苦い思い出も、大人になってから思い出してみると、ほっこりしますよね!

 今となっては味わえない貴重な思い出、ぜひ大切にしてくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...