本気で出会いを求めるなら…男性率が高い世界に行こう

内藤みか 作家
更新日:2019-06-03 06:00
投稿日:2019-06-03 06:00
「周囲に全然いい男がいない……」そう嘆いている女性はとても多いものです。けれど、そういう人に限って、職場と家の往復以外、何もしていないことも。誰かと出会いたかったら、男性比率が高いところに出かけてみませんか? 大勢の異性と知り合えるかもしれません。

理学系講座

理学系の講座で自分自身の教養も深めちゃおう(写真:iStock)
理学系の講座で自分自身の教養も深めちゃおう (写真:iStock)

 男性が多めといえば理系。カルチャースクールや大学などの短期講座で、理学系の講座を受講してみましょう。私が以前数学系の講座に参加した際は、男性数十人の中で女性は私ひとりだけでした。その時は、講義でわからないところを隣の席の人が親切に教えてくれてありがたかったです。科学や化学、宇宙やパソコンなどといったジャンルも男性比率が高いはず。

 こうした講座のなかでもおすすめなのは、チームを組んでディスカッションしたり、アプリを作ったり、実験したりと、参加者同士の交流が行われるもの。または街を歩いて自然観察するなど、外に出るものも会話の量が多めだし、帰り際に一緒にお茶などをする機会もあるので親しくなりやすいのです。全く知識がなくてわからないと不安な人は、初心者用講座に申し込んでみるといいでしょう。

ボードゲームカフェ

ボードゲームで遊ぶうちに距離が縮まることも(写真:iStock)
ボードゲームで遊ぶうちに距離が縮まることも (写真:iStock)

 すごい勢いで増え続け、関東近県で100店舗以上もの数になっているボードゲームカフェ。1人で行っても誰かと相席にしてくれる店も多く(相席可能かどうかは事前にお店のHPなどで調べましょう)、長時間一緒に遊ぶので仲良くなりやすいのです。ボードゲーム好きな女性が増えてきたとはいえ、まだまだその比率は低く、店内で女性は私ひとりだったということも何度もありました。

 これと同じ理由でリアル脱出ゲームでも、知らない男性と同じチームになり、一緒に謎を解くなどというケースもあります。皆で知恵を出し合ってゴールを目指すので、やはり意気投合しやすいのですが、こちらは女性の比率がどんどん上がっているとはいえ、まだまだ男性の参加者のほうが多めという印象。

カードゲーム系のイベント

 最後はディープに「遊戯王」や「マジック・ザ・ギャザリング」などのトレーディングカードゲームをご紹介。こちらも男性比率99%の世界だと聞いています。実際、私がとあるイベントに行ったところ、200人以上はいるであろう男性たちの中で私だけが女性でした。カードをマニアックに収集する世界だという誤解がありますが、それだけではありません。規定枚数のカードを使い、計算力や推理力で勝ち抜いていくものなのです。ボタンの連打などの敏捷性も必要ないので女性でも十分戦えます。

 最近はトレカの世界も種類が増え、いろいろなゲームが出ています。気になる柄のカードを見つけたら、まずはその公式サイトにアクセスし、イベントを探してみましょう。初心者向けの入門イベントが頻繁に行われていることもあるので要チェックです。

女性が少なく、恋のライバルも少ないのに

思い切って新しい世界に踏み出してみては(写真:iStock)
思い切って新しい世界に踏み出してみては (写真:iStock)

 しかし「周囲に男性がいない」と嘆く女性たちに、こうした男性比率が高い世界の話をしても、行きたがりません。理由はふたつあり、ひとつは「自分から行動したくない。誰かに惚れられてアプローチされるのが一番いい」というもの。いまだに「いつか王子様が迎えに来るはず」と思い込んでいる女性は少なくないのです。それでいて、自分自身は女を磨く努力すらしていません。このままでは待っていても何も起きない可能性のほうが高いのではないでしょうか。

 そしてもうひとつは「そういうところに自分の好みの人がいるとは思えない」というもの。オタクばかりなんでしょう? と言われるのですが、イケメンのオタクもいます。ジャンルによっては理系男子が結構いますが、彼らは一流メーカーに勤めているなど高年収の人も少なくありません。そして何より女性が少ない場所に行けば普段よりモテます。この記事を書いている私自身、20年以上前ですが、男性比率が9割のネットサークルのオフ会でイケメンの理系男子と出会い、結婚した経験があります。ハマれば楽しい世界なので、まずは一度訪れてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ