本気で出会いを求めるなら…男性率が高い世界に行こう

内藤みか 作家
更新日:2019-06-03 06:00
投稿日:2019-06-03 06:00
「周囲に全然いい男がいない……」そう嘆いている女性はとても多いものです。けれど、そういう人に限って、職場と家の往復以外、何もしていないことも。誰かと出会いたかったら、男性比率が高いところに出かけてみませんか? 大勢の異性と知り合えるかもしれません。

理学系講座

理学系の講座で自分自身の教養も深めちゃおう(写真:iStock)
理学系の講座で自分自身の教養も深めちゃおう (写真:iStock)

 男性が多めといえば理系。カルチャースクールや大学などの短期講座で、理学系の講座を受講してみましょう。私が以前数学系の講座に参加した際は、男性数十人の中で女性は私ひとりだけでした。その時は、講義でわからないところを隣の席の人が親切に教えてくれてありがたかったです。科学や化学、宇宙やパソコンなどといったジャンルも男性比率が高いはず。

 こうした講座のなかでもおすすめなのは、チームを組んでディスカッションしたり、アプリを作ったり、実験したりと、参加者同士の交流が行われるもの。または街を歩いて自然観察するなど、外に出るものも会話の量が多めだし、帰り際に一緒にお茶などをする機会もあるので親しくなりやすいのです。全く知識がなくてわからないと不安な人は、初心者用講座に申し込んでみるといいでしょう。

ボードゲームカフェ

ボードゲームで遊ぶうちに距離が縮まることも(写真:iStock)
ボードゲームで遊ぶうちに距離が縮まることも (写真:iStock)

 すごい勢いで増え続け、関東近県で100店舗以上もの数になっているボードゲームカフェ。1人で行っても誰かと相席にしてくれる店も多く(相席可能かどうかは事前にお店のHPなどで調べましょう)、長時間一緒に遊ぶので仲良くなりやすいのです。ボードゲーム好きな女性が増えてきたとはいえ、まだまだその比率は低く、店内で女性は私ひとりだったということも何度もありました。

 これと同じ理由でリアル脱出ゲームでも、知らない男性と同じチームになり、一緒に謎を解くなどというケースもあります。皆で知恵を出し合ってゴールを目指すので、やはり意気投合しやすいのですが、こちらは女性の比率がどんどん上がっているとはいえ、まだまだ男性の参加者のほうが多めという印象。

カードゲーム系のイベント

 最後はディープに「遊戯王」や「マジック・ザ・ギャザリング」などのトレーディングカードゲームをご紹介。こちらも男性比率99%の世界だと聞いています。実際、私がとあるイベントに行ったところ、200人以上はいるであろう男性たちの中で私だけが女性でした。カードをマニアックに収集する世界だという誤解がありますが、それだけではありません。規定枚数のカードを使い、計算力や推理力で勝ち抜いていくものなのです。ボタンの連打などの敏捷性も必要ないので女性でも十分戦えます。

 最近はトレカの世界も種類が増え、いろいろなゲームが出ています。気になる柄のカードを見つけたら、まずはその公式サイトにアクセスし、イベントを探してみましょう。初心者向けの入門イベントが頻繁に行われていることもあるので要チェックです。

女性が少なく、恋のライバルも少ないのに

思い切って新しい世界に踏み出してみては(写真:iStock)
思い切って新しい世界に踏み出してみては (写真:iStock)

 しかし「周囲に男性がいない」と嘆く女性たちに、こうした男性比率が高い世界の話をしても、行きたがりません。理由はふたつあり、ひとつは「自分から行動したくない。誰かに惚れられてアプローチされるのが一番いい」というもの。いまだに「いつか王子様が迎えに来るはず」と思い込んでいる女性は少なくないのです。それでいて、自分自身は女を磨く努力すらしていません。このままでは待っていても何も起きない可能性のほうが高いのではないでしょうか。

 そしてもうひとつは「そういうところに自分の好みの人がいるとは思えない」というもの。オタクばかりなんでしょう? と言われるのですが、イケメンのオタクもいます。ジャンルによっては理系男子が結構いますが、彼らは一流メーカーに勤めているなど高年収の人も少なくありません。そして何より女性が少ない場所に行けば普段よりモテます。この記事を書いている私自身、20年以上前ですが、男性比率が9割のネットサークルのオフ会でイケメンの理系男子と出会い、結婚した経験があります。ハマれば楽しい世界なので、まずは一度訪れてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ