恋を遠のかせる…男性に聞いた女子からの「ウザいLINE」4選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-05 18:19
投稿日:2019-06-05 06:00

20代男性たちに女性の「ウザLINE」を調査!

そのLINEが恋を潰してる(写真:iStock)
そのLINEが恋を潰してる (写真:iStock)

 恋のはじめの一歩は、LINEから。

 忙しい現代の私たちにとっては、会えない時間のコミュニケーションもとっても大事です。ましてそれが気になる人相手なら、絶対失敗したくないっ…!

 でも、男性と女性はLINEに対する考え方も違うもの。もしかしたら気づかないうちに、あなたのLINE、非モテな「ウザLINE」になっていませんか……?

 今回は20代の男性たちに「最近ウザいと思ったLINE」を教えてもらいました。LINEで失敗してデートの約束が遠のく前に、チェックしておくべきかも……。

1. お誘いの圧強すぎィ…なLINE

(C)コクハク 
(C)コクハク 

「アプリでやり取りしていた女の子が、二回目のデートに必死になっている感じで、まだこの間会ったばっかりなのに、もう次の約束を取り付けようとしてくるのがウザい…。日付が何個も送られてきてちょっと引いた。ヒマ人だなって思いました(28歳・コンサル)」

 女性は男性に比べて、「先の予定も確約させたい」生き物。デートの日付を決めるために、必死になって候補日を送りすぎると、ヒマ人だって思われちゃうかも…。

 男性は女性に比べると、遊びの予定なども気分で決めたい、という人も多いもの。デートのお約束は急ぎすぎず、前回のデートの余韻も抜けたころにお誘いしましょう。

2. 「?」多用のダラダラLINE…

(C)コクハク
(C)コクハク

「合コンで会った子に気に入られたようなんだけど、用事があるワケでもないのに延々と「?」がつく疑問文LINEが来て、返さざるを得ない雰囲気が面倒……。用事が終わったら、くだらない日常会話は次会った時とかに話して欲しい(26歳・メーカー営業)」

 意中のカレとのLINEを途切れさせたくないあまりに、カレのテンションも気にせず疑問文のLINEを送り続けている……なんてことになっていませんか?

 会話が盛り上がっているならいいのかもしれませんが、男性は女性に比べるとLINEのコミュニケーションも必要最低限、基本的には用事がある時だけがいい、という人も多いです。明らかに塩対応なLINEが来ている時は深追いせずLINEをいったん切りましょう。

 日をおいてデートのお誘いのようなLINEをもう一度送るのはオーケーです。

3. かまちょな夜の電話が迷惑…

(C)コクハク
(C)コクハク

「平日の夜とか、寝る前の時間によく電話してくる同僚がいるんだけど、正直そこまで仲良くない人からだと迷惑。常識的に考えてやめてほしい」(27歳・公務員)

 夜、なんとなく寂しくなると、好きな人の声が聞きたくなる時もあります……が、ここで電話していいのはあくまでお付き合いしているような相手の時だけかも?

 男性は女性のように長電話を楽しんだりする人も少ないので、手の取られる電話に苦手意識がある人も少なくありません。付き合う前はかまちょ(かまってちょうだい)なヒマ電は自重するのが無難かも。

4. ストーカーっぽい「何してたの確認」

(C)コクハク
(C)コクハク

「バイト先の後輩女子が、俺のバイトが入っていない時によく“何してたの”という休日の予定を確認してくるようなLINEをしてくるんですが、ストーカーっぽくて怖い(22歳・大学生)」

 もし自分が逆の立場だったとしたら、付き合ってもいないのに休日のたびにその日の予定や過ごし方を男性から聞かれたら……イヤじゃないですか?

 好きな人が自分といない時の過ごし方、気になるのは当たり前ですが…本人に直接聞くのはやめて、せめてSNSを見張る程度にしておきましょう。

付き合う前からLINEで彼女ぶるのはNG

「ウザLINE」さえしなけば…(写真:iStock)
「ウザLINE」さえしなけば… (写真:iStock)

 今回の「ウザLINE」の事案に共通していたのは、どれも男性側は相手の女性と付き合っておらず、相手の女性が「干渉しすぎ」と感じていたことです。

 好意のある相手にはどうしても熱量の高いLINEを送ってしまいがちかもしれませんが、あくまで自分はまだ、友人の一人でしかないということを忘れないように。

 男性はLINEで束縛されることを嫌がる人が多いので、こういうミスをすると男性から「メンヘラ烙印」を押されて、恋を逃してしまうかも……。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM