オジサンからのLINEに潜む「絵文字」に隠された本心3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-21 07:22
投稿日:2019-02-18 06:00

若い女性に好かれたいオジサンほど使う絵文字

LINEの何げない絵文字には…(写真:iStock)
LINEの何げない絵文字には… (写真:iStock)

 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきです。読者のみなさま、こんにちは。

 今回は、不倫願望があるオジサンや、若い女性に好かれたいオジサンほど好んで使っている絵文字について、考察をしていきたいと思います。

 LINEの何げない絵文字には、実はオジサンたちの強烈な心理が潜んでいることもあるのです。

ケース1:ハートが連なっている絵文字

「今日は楽しみにしてます(ハートが連なっている絵文字)」「昨日はありがとう(同)」など、ハートが連なってるピンク色の絵文字を使っているオジサンのLINE、正直言ってキモいですよね。

 この絵文字に託された心理としては「若い子から、若いオヤジだと思われたい」という憎めない願望に加えて「できることなら、君とシたい」「実はキミがタイプです」などの想像以上にキモい心理が隠されているパターンも多いです。

 通常の赤いハートを使わずに、わざわざ「ピンク色」を選んでいるあたりにも、ハレンチな心理が見え隠れします。

ケース2:赤色で主張しまくりなビックリマーク

「今日はヨロシクね(赤いビックリマーク)」「楽しみにしてますネ(同)」など、テキストの「!」で済む内容なのに、わざわざ赤いビックリマークに変換して送られてくるオジサンからのLINE、こちらも正直ちょっとウザいですよね。

 この絵文字を使ってくるオジサンは、色のイメージのとおり、絵文字に並々ならぬ気合いを託しているケースも多く、黒色のテキストである「!」ではなく、あえての“赤”を選んでいるあたりに、勝負をかけている心理が見え隠れします。

 赤色は、勝負パンツや勝負ネクタイなどで好むオジサンも少なくなく、そんな心理がうっかり、絵文字にも反映されてしまうのでしょう。

 何を勝負するのかはオジサンによって個人差がありますが、エロい願望を秘めているオジサンも多用する絵文字だけに、警戒しておくに越したことはないかもしれません。

ケース3:両手を頭の上で組む「OK」の絵文字

「了解です(頭の上に手を回し○を描く絵文字)」「大丈夫ですヨ(同)」など、オジサンが“OK”の絵文字を入れてくるLINE、これも相当キモい場合が多いですよね。

 この絵文字には、男性バージョンと女性バージョンがあり、オジサンなのになぜか女性バージョンの絵文字をくっつけてくるパターンでは、キモさが増長されがちです。

 絵文字を入れずとも意味が通じる会話にもかかわらず、わざわざこの絵を選んで差し込んでくる背景には「優しい男だと思われたい……」という小心者なオジサンも目立ちます。

 今回ご紹介する中では、最も女性にとって害のないタイプとも言えますが、日ごろから女性バージョンのこの絵文字を多用するオジサンには、やや執念深い人も散見されます。

 男なのにわざわざ女性バージョンを選ぶあたりに、無類の女好きな本性が、チラ見えしてしまっているのかもしれません。

まとめ

 オジサンからのLINEに意外な絵文字が入っていると、ちょっと困惑してしまうこともあります。

 そういえば先日、40代半ばの自称オジサンとお寿司を食べたときに「俺は、若い子とのLINEでは、オジサンだと思われないように、その子のテンションに合わせた文体を心がけている」という話を聞きました。

 相手によって文体を七変化できるスキルがある“真にモテるオジサン”と比べると、相手が誰であれ、定番絵文字を多用しているオジサンは、そういう意味では、ただキモいだけで、憎めない存在でもあるのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 街はめっきりクリスマス。ショッピングモールも駅もエステも、どこに行ってもABBAとマライア・キャリーを聞く日々ですね。...
ミクニシオリ 2019-12-14 06:00 ラブ
FILM
 モテる女性を語る上で欠かせないのが、清楚な感じで相手を思いやれるということ。では、非モテな女性とは、どのような女性のこ...
東城ゆず 2019-12-14 06:00 ラブ
FILM
 女性と比べると、男性は「言葉足らず」とよく言われますよね。本当は彼女への愛情や感謝を持っているのに上手に言葉にしないた...
FILM
 今年のクリスマスは、年号が変更になった関係で平日のみ連休がなくなっています。今まで祝日だった天皇誕生日の12月23日が...
ミクニシオリ 2019-12-13 06:00 ラブ
FILM
 結婚すると始まるのが彼のママ、つまり姑との関係です。今後長いおつきあいになるのですから、できるだけ穏便な関係を築きたい...
内藤みか 2019-12-12 06:00 ラブ
FILM
「いまの台詞、なんか色っぽくてぐっときた」「わかってて言ってるの?あざといね」  何気ない台詞だったのに、男性にそんな...
七海 2019-12-12 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いが始まると、彼氏から「モーニングコール頼める?」とお願いされることがあります。そんな時、「正直、忙しいのに面...
リタ・トーコ 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 世の女性を悩ませる夫の浮気問題。私は夫の浮気による離婚歴があります。一番最初に浮気が判明した時には相手の女性を相手に裁...
深志美由紀 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。現在、出会うためのツールはたくさんあり、「出会いがな...
山本早織 2019-12-10 06:00 ラブ
FILM
 合コンで知り合った人や、グループ交際から“いい感じ”になった彼と初めて二人で遊びに行く時は、誰だってドキドキするもの。...
東城ゆず 2019-12-10 06:01 ラブ
FILM
 クリスマスといえば、プレゼント。今年は彼にどんなプレゼントを用意する予定ですか?  プレゼント選びは人間性やセンスが...
ミクニシオリ 2019-12-09 06:09 ラブ
FILM
 ゆくゆくは結婚したいと思っている彼氏がいます。付き合って1カ月、マッチングアプリで出会ったのですが、3回遊んだ後に電話...
神崎メリ 2019-12-08 06:00 ラブ
FILM
 好きな人はちょこちょこできるのに、思えばここ何年も恋が実っていない……そんな方は「恋愛下手」なのかもしれません!そこで...
リタ・トーコ 2019-12-08 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と暮らす男性たちにとっては、楽しいはずのクリスマスが、恐怖のイベントでもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうり...
並木まき 2019-12-10 18:45 ラブ
FILM
 大好きな彼氏が浮気をしていたら、とてつもなくショックを受けますよね。裏切られた悲しさや怒りで、動揺してしまう女性も多い...
東城ゆず 2019-12-06 06:00 ラブ
FILM
「片思い」って、何歳になってもなかなか慣れないものですよね。ハッと我にかえると「私、どうかしてる!」と自分に呆れてしまう...