オジサンからのLINEに潜む「絵文字」に隠された本心3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-21 07:22
投稿日:2019-02-18 06:00

若い女性に好かれたいオジサンほど使う絵文字

LINEの何げない絵文字には…(写真:iStock)
LINEの何げない絵文字には… (写真:iStock)

 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきです。読者のみなさま、こんにちは。

 今回は、不倫願望があるオジサンや、若い女性に好かれたいオジサンほど好んで使っている絵文字について、考察をしていきたいと思います。

 LINEの何げない絵文字には、実はオジサンたちの強烈な心理が潜んでいることもあるのです。

ケース1:ハートが連なっている絵文字

「今日は楽しみにしてます(ハートが連なっている絵文字)」「昨日はありがとう(同)」など、ハートが連なってるピンク色の絵文字を使っているオジサンのLINE、正直言ってキモいですよね。

 この絵文字に託された心理としては「若い子から、若いオヤジだと思われたい」という憎めない願望に加えて「できることなら、君とシたい」「実はキミがタイプです」などの想像以上にキモい心理が隠されているパターンも多いです。

 通常の赤いハートを使わずに、わざわざ「ピンク色」を選んでいるあたりにも、ハレンチな心理が見え隠れします。

ケース2:赤色で主張しまくりなビックリマーク

「今日はヨロシクね(赤いビックリマーク)」「楽しみにしてますネ(同)」など、テキストの「!」で済む内容なのに、わざわざ赤いビックリマークに変換して送られてくるオジサンからのLINE、こちらも正直ちょっとウザいですよね。

 この絵文字を使ってくるオジサンは、色のイメージのとおり、絵文字に並々ならぬ気合いを託しているケースも多く、黒色のテキストである「!」ではなく、あえての“赤”を選んでいるあたりに、勝負をかけている心理が見え隠れします。

 赤色は、勝負パンツや勝負ネクタイなどで好むオジサンも少なくなく、そんな心理がうっかり、絵文字にも反映されてしまうのでしょう。

 何を勝負するのかはオジサンによって個人差がありますが、エロい願望を秘めているオジサンも多用する絵文字だけに、警戒しておくに越したことはないかもしれません。

ケース3:両手を頭の上で組む「OK」の絵文字

「了解です(頭の上に手を回し○を描く絵文字)」「大丈夫ですヨ(同)」など、オジサンが“OK”の絵文字を入れてくるLINE、これも相当キモい場合が多いですよね。

 この絵文字には、男性バージョンと女性バージョンがあり、オジサンなのになぜか女性バージョンの絵文字をくっつけてくるパターンでは、キモさが増長されがちです。

 絵文字を入れずとも意味が通じる会話にもかかわらず、わざわざこの絵を選んで差し込んでくる背景には「優しい男だと思われたい……」という小心者なオジサンも目立ちます。

 今回ご紹介する中では、最も女性にとって害のないタイプとも言えますが、日ごろから女性バージョンのこの絵文字を多用するオジサンには、やや執念深い人も散見されます。

 男なのにわざわざ女性バージョンを選ぶあたりに、無類の女好きな本性が、チラ見えしてしまっているのかもしれません。

まとめ

 オジサンからのLINEに意外な絵文字が入っていると、ちょっと困惑してしまうこともあります。

 そういえば先日、40代半ばの自称オジサンとお寿司を食べたときに「俺は、若い子とのLINEでは、オジサンだと思われないように、その子のテンションに合わせた文体を心がけている」という話を聞きました。

 相手によって文体を七変化できるスキルがある“真にモテるオジサン”と比べると、相手が誰であれ、定番絵文字を多用しているオジサンは、そういう意味では、ただキモいだけで、憎めない存在でもあるのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼女がほしくなる男性心理!寂しさを感じる時にアプローチを♡
 男性が「彼女がほしい」と思う心理とは、いったいどんなものなのでしょうか? そんな男性の心理や彼女がほしくなるタイミング...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
夫婦円満なのに離婚するのはなぜ? 4つの原因と回避する方法
 離婚率が増えた昨今、離婚そのものにはさほど驚かなくなりましたが、円満に見えていた夫婦の離婚の報告には驚いてしまう人も多...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ