春恒例の「桜そば参り」今年も行ってきました 2023.4.6(木)

コクハク編集部
更新日:2023-04-06 07:25
投稿日:2023-04-06 06:00
 桜が満開のピークが過ぎて、場所によっては葉桜も出てきました。すっかり春の様相ですが、私には本格的な春を迎える前に訪れなければいけない場所があります。大学生の頃から通う吉祥寺のお蕎麦屋さんの「桜そば」を食べないことには、春が来た気がしないのです。

お花見シーズンの吉祥寺は人だらけ

吉祥寺に春がやってきた (C)コクハク
吉祥寺に春がやってきた (C)コクハク

「手打ちそば ほさか」は吉祥寺駅の公園口から徒歩30秒ほどのビルの地下にあるお蕎麦屋さん。昭和53年開業の老舗です。

 お店に着いたのは16時、ピーク時を避けたつもりが店内は満席で、すでに1組待っていました。待ちリストに名前を書くと私の後ろにも若いカップルが並び、その後も続々とお客さんが……。井の頭公園のお花見シーズンの吉祥寺、恐るべし。

 入り口の「桜そば」の張り紙に気持ちが高まります。なぜならこの時期だけのお楽しみだから! こちらのお店では「もり」の他に、茶そば、ゴマ、柚子、白雪、梅切りなど季節によって内容が変わる「変わりそば」を展開していて、桜そばは春の限定メニューなんです。

 お客さんが何組かはけたので席に通してもらい、お目当ての変わりそば(920円/税抜き・以下同)と野菜天ぷら(660円)を注文。すると、店員さんが「本日の変わりそば」のホワイトボードから「桜そば」を消しました。どうやら、私が注文した分で一旦終了した様子。間に合ってよかった~!

野菜天ぷらは「ひとりひとつ」で!

野菜ってこんなにおいしいの? (C)コクハク
野菜ってこんなにおいしいの? (C)コクハク

 さて、先に運ばれてきた野菜天ぷらをいただきます。、茄子、にんじん、エノキ、しめじ、大葉、さつまいもがお行儀よく並んでいます。

 カリカリ食感のあとにジュワ~とひろがるキノコの旨味。レンコンはホクホク、茄子はジューシー、にんじんは甘い! 野菜嫌いな子も、この天ぷらならぺろっと食べられそうです。

 蕎麦屋で天ぷらを頼む場合、ともすると「ひとつ注文してドラフトで決めようか」となりがちですが、こちらはぜひとも“ひとりでひとつ”をおすすめします。お互いに遠慮したり第一志望を探り合っているうちに、揚げたてのタイミングを逃してしまっては、もったいないですからね!

本日の主役が登場!

 ここで、本日の主役の桜そばが運ばれてきました。ほんのりピンク色に染まったおそばの上に桜の塩漬けがのっています。見た目も春らしくてかわいい。

きたきた! (C)コクハク
きたきた! (C)コクハク

 一口目はつゆにつけずにそのままいただきます。そばを口に入れると甘い香りがふわっと鼻に抜けました。「そばなのに甘いってどういうこと?」と思うかもしれませんが、桜もちを食べたときのあの香りです。

 実は、あの香りの正体は「クマリン」という芳香成分によるもので、桜の葉をつぶしたり、塩漬けすることで葉の中の糖分と酵素が反応して発生するのだそう。

 確かに、普通に桜の葉や花を嗅いでもあの香りはしないかも。なので、私たちが「桜の香り」と認識しているものは「桜もちの香り」なんですね。

ほんのりピンク色 (C)コクハク
ほんのりピンク色 (C)コクハク

 さて、ここでは「もり」を頼むと、細打ちの「せいろ」と太打ちの「田舎そば」を選べるのですが、桜そばは角が立っているタイプの細麺です。飲み込むとツルっとのどに落ちていきます。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


JR新宿駅構内イイトルミネで大行列!「羅家 東京豚饅」は何十分並ぶ
 都内話題のグルメスポットといえば、ここ。4月17日にオープンしたばかり、JR新宿駅のエキナカ商業施設「イイトルミネ(E...
飲みながら作っちゃう? タイ版“酔っ払い炒め”こと「パッキーマオ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
タイ風鶏から揚げ「ガイ・ガティアム」ビールが止まらない!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
「冷しゃぶのさっぱり野菜ソースがけ」簡単なのにひと手間感
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀の「串粋」の吉田正則さんに、ソースが...
デニーズの新モーニング、気配りがニクい!味・ビジュ・コスパの三方良し
 一日の計は朝ごはんにあり! 3月5日に、メニューの改定が行われたデニーズでヘルシー&おしゃれなモーニングを見つけました...
ファミマのPBと「神の雫」が合体!“名ばかりワイン”か否か購入ルポ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-10 06:00 フード
スープも絶品「3種の貝のビール蒸し」いろんな銘柄でお試しあれ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
「パルミジャーノサブレ」おなじみの粉チーズが簡単おしゃれに変身!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は京都・梅小路京都西の「西洋茶屋 山本」の山本智弘...
「紫キャベツのアチャール」はスピードが命!クミンシードで酒が進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
“パン賢者”木南晴夏さんイチ押しの「キャロットケーキ」にありつけた!
 パン好きな女優といえば、木南晴夏さん。木南さんイチ押しの“神奈川NO.1店のキャロットケーキ”にありつく日を虎視眈々と...
“おいしくない”ペットボトルワインが進化していた!アレンジもご紹介♡
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-27 06:00 フード
山形県民の常備ソウルフード「味染み玉こんにゃく」はあたりめがマスト!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
これぞ正真正銘のジンジャーライス! ショウガ好きも満足させる唯一のコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門の「都映」の水谷大輔さんに、This...
ベトナムの定番「茹でキャベツ×茹で卵のヌックマムだれ添え」はヘビロテ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
KALDIのいちごスイーツALL500円以下!春満喫、レジ前まで気が抜けん
 まだまだ寒い日もありますが、ふいに花の香りが漂ったり、日の長さにハッとしたりと、着々と春が近づいてきているのを実感しま...
春満喫!KALDIで発見♡“お花見”ロゼワイン、1000円以下のお手頃価格
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-18 18:14 フード