超絶コスパのランブルスコ!ワイン愛飲者の楽園「ジュピター」で見っけ♡

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2023-02-22 06:00
投稿日:2023-02-22 06:00

春のフルーツで好きなものは…?

テンションが上がるやつです…(写真:iStock)
テンションが上がるやつです… (写真:iStock)

 暦の上ではもう春♪ そんな季節のフルーツで好きなものは何ですか?

「……イチゴ(苺)♡」と答える方、多いのではないでしょうか♪ シンデレラ・ストーリーの米映画「プリティ・ウーマン」(1990年)にも登場したように「イチゴ×シャンパン」のペアリングはテッパンですが、そうは言ってもシャンパンはお高いので、なかなか気軽には買えません(泣)。

 ですが!

 シャンパン(フランスのシャンパーニュ地方で確立された最も手間隙かかる「伝統的製法」で造られたスパークリングワイン)ではなくとも、同じように華やかで、かつお手頃価格なのに超絶おいしい&イチゴに合う「泡」があるんです!!

ワイン愛飲者の楽園「ジュピター」でゲット

お世話になっております(写真:市野瀬瞳)
お世話になっております (写真:市野瀬瞳)

 そんなコスパ最強ワインが売られているのが、全国各地に店舗がある「Jupiter(ジュピター)」

 コーヒーやチーズ、お菓子からパスタソースまで多岐にわたる輸入食品を取り扱っていますが、ワインの品揃えもかなり豊富なんですよ!

 私もしょっちゅう足を運び、お世話になっているのですが、なぜかって? 直輸入されているので、笑えるくらい安価で良質なワインが買える上に、頻繁にワインの激安セールが行われるんです♪

「Jupiter」はワインラバーズにとって、まさに楽園……。今回ご紹介する『ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ』も、私がゲットした日の価格は、なんと税込み990円!!(驚)

 こちらはイタリアの「ランブルスコ種」という黒ブドウ品種で造られた微発泡の甘口赤ワインですが、「赤ワインなのに泡!」ってのが、また特別感あってポイント高くないですか??

ランブルスコってなあに?

ラベルの下部に「AMABILE」の文字(写真:市野瀬瞳)
ラベルの下部に「AMABILE」の文字 (写真:市野瀬瞳)

 ちなみに、店の直輸入商品である以前になぜこんなにお安く買えるのかといいますと……その秘密は、ランブルスコだから。

 ランブルスコ種はブドウ樹にたくさんの実がなるので「多収穫」ができ、さらに醸造過程において、樽ではなく温度管理しやすいステンレスタンクを使うので、樽に比べて手間がかからないぶん「大量生産」も可能なのです。

 甘口のランブルスコは、ブドウの糖分がすべてアルコールに変わる前に発酵を止めて造るので、ブドウの天然の糖分がそのまま残り、アルコール低めの甘口ワインになります。

 辛口のランブルスコもありますが、甘口の場合はワインボトルのラベル(エチケット)に、甘口を意味する「AMABILE(アマービレ)」や「DOLCE(ドルチェ)」と記載されていますので、チェックしてみてください。

イチゴと抜群に合う理由

カジュアルにグビグビ飲める低アル×甘口のランブルスコ。美食の国・イタリアでは日常的に親しまれています♪(写真:市野瀬瞳)
カジュアルにグビグビ飲める低アル×甘口のランブルスコ。美食の国・イタリアでは日常的に親しまれています♪ (写真:市野瀬瞳)

 グラスに注ぐと、濃いめのダークチェリー色。シュワシュワと穏やかに気泡が立ちあがり、甘く熟した赤いベリー系果実や巨峰の香り、そしてサクランボのようなチャーミングな香りも……♡

 ひとくち口に含んだ瞬間から、フレッシュな気泡とともに華やかでジューシーな甘いフレーバーが広がります。

 タンニンは感じず、優しい酸味。ワインだけでもデザート感覚で十分楽しめるくらいの贅沢な果実感です。このベリー系の果実味が、同調効果によって、イチゴの酸味や甘味と抜群にマッチするんですね♪

 イチゴのジューシーな甘みがより際立ち、ワインとのペアリングによって双方の甘酸っぱさも心地よく感じられます。

ランブルスコは炭酸が抜けてもおいしい

今回ご紹介したランブルスコは果実感を楽しむために、冷蔵庫でよく冷やしてからどうぞ♪(写真:市野瀬瞳)
今回ご紹介したランブルスコは果実感を楽しむために、冷蔵庫でよく冷やしてからどうぞ♪ (写真:市野瀬瞳)

 そうそう。ランブルスコは炭酸が抜けてもおいしく飲めますので、開栓後、飲みきれなくても、ふたたび蓋をして冷蔵庫に入れておけば、2~3日は楽しめますよ。

 旬のイチゴをつまみながらランブルスコを一口、もう一口といただいていると、あっという間にグラスが空いちゃうこと間違いありません♪(笑)


 ※本文内のワイン価格等は著者購入時のデータとなります。

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」、2023年2月「J.S.A.ワイン検定認定講師」、2023年4月「日本ワインアドバイザー」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」のレギュラー、テレビCM「みどり法務事務所」に出演中。

XInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


時短&コク増し♡「手羽先のコーラ煮」は忙しい日の救世主
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
「餃子の王将」LOVE♡ 40女の1人飲みはチェーン店が最適解かも
 自他ともに認める酒好きです。1人でも飲みに出かけます。中でもせんべろ系の安い大衆酒場がお気に入り。  いろんな人...
納豆好きが考案した「納豆餃子」隠れ消費大国・山形のDNA、冷凍保存◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
超人気生ドーナツ同様、そば粉クレープ店「ソバープ」も行列必至なのかっ
 食べる前からおいしいに決まってる――。そう思わせる食べ物はこの世の中にごまんとあって、その食べ物は人それぞれです。 ...
めちゃ合う!【ミスド×ゴディバ】ドーナツに“レンジで1分”ホットワイン
 街中の至るところからチョコレートの甘~い香りがただよってくるような2月♪  ドーナツの人気チェーン店ではバレンタ...
市野瀬瞳 2024-02-14 06:00 フード
バレンタイン 薬剤師が開発したチョコレートなら罪悪感ナシ
 明日は待ちに待ったバレンタインですね!  普段はダイエットに勤しむ方や、健康のために糖質制限をしている方も罪悪感なく...
話題の韓国フードをうどんで。「チュモッパ風うどん」がアタリすぎたー!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-02-12 06:00 フード
タイに行った気分でラープヘッ! 酸っぱからいトムヤムクンに似た炒め物
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
隠し味は味噌!旬の牡蠣入りグラタンでハフハフしませんか♪
 大寒を迎え、寒い日が続いていますが、旬真っ盛りの“海の宝”といえば、牡蠣! ふっくら濃厚でミルキーな味わいは、牡蠣好き...
笹山真琴 2024-02-02 06:00 フード
ワイン居酒屋新幹線、開店!駅構内のコンビニで調達OKなお値打ちの1本
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-01-31 06:00 フード
太らない濃厚みそ春雨ラーメン。丼どんどんIN、ずぼらダイエッターに◎
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-01-29 06:00 フード
全国4店舗のみ! はま寿司の激レア朝食、夢の1皿2種盛りにソーセージも
 一日の計は朝ごはんにあり。  今日は、「はま寿司」にお邪魔しましたよ。
生臭さゼロ!今が旬の「ぶりの竜田揚げ」は柚子胡椒が決め手
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
そばをしゃぶしゃぶする?郷土料理「とうじそば」を初体験!
 みなさんは「とうじそば」って聞いたことがありますか?  筆者は恥ずかしながら30年間も生きてきて、初めて知りました...
中華の定番!「トマトの卵炒め」はケチャップと火加減でプロ級の一皿に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
生○○の罪よ…もうウブな舌には戻れない!美味すぎる「生胡椒」の塩漬け
 終わりが見えない物価高と値上げラッシュの一方で、上がる見込みがとんとないマイ給料。  家計のスリム化のため、泣く泣く...