ラベンダーの“魔力”とは? 芳ばしい香りには厄除けの効果も

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-06-14 15:02
投稿日:2019-06-01 06:00
今回のお花はラベンダー(C)斑目茂美
今回のお花はラベンダー (C)斑目茂美

 初夏にかけて、お花屋さんの店頭にはさまざまな種類のラベンダーの鉢が並び始めます。小さく可愛らしい花を細い茎の先にたくさんつけて、芳しい香りを辺り一面に放つ人気のお花でござんすよ。

「ラベンダー」と言えば富良野ですが、昔どうしても一度見たくて訪れた富良野は広大なラベンダー畑が紫に染まり、それはそれは見事。あの頃、途中立ち寄った富良野駅では、さだまさしの「ルル~」のあの歌が無限ループ……。

 ラベンダーソフトクリームを舐めながらうっかり聴き入ってしまったおかげで、ラベンダー畑に着く頃には頭の中ではさだまさしの「ルル~」が盛大に。見渡す限りのラベンダーの海の向こう、蜃気楼のように幼い「純」と「蛍」の幻が見えました。むせ返るほどのラベンダーの匂いに妄想を見たとした思えませんが……。

 原田知世ですら「時をかける少女」に変身しちゃうぐらいですからね。ラベンダーの香りは魔力のように絶大ですよ。

不幸を吹き飛ばす!厄除けの鍵はラベンダーが握る

ラベンダーを飾るのにベストな場所は?(写真:iStock)
ラベンダーを飾るのにベストな場所は? (写真:iStock)

 ラベンダーは古代ローマ時代にお風呂に入れていたとの話もあるのですが、ラベンダーの放つ芳しい香りは邪気払いに絶大で大変効果を発揮するのです。

 また、不眠に悩むあなた!是非、ラベンダーを寝室に置いてください。リラックス効果も期待され、魔除けの香りですから、きっと悪夢にうなされることもないでしょうな。ですが…今はせっかくのシーズンでもありますので、フレッシュなラベンダーを手に入れやすいこの時期はいっそ鉢ごと置いていただきたい場所がございますの。

仕事も人気も我が手に…ラベンダーは南に飾る!

 そもそもラベンダーの色というのは日本古来から「高貴な色」とされてきました。

 袈裟の色もそう。紫は偉いお坊さまの袈裟色でござんすよ。

 そしてラベンダーと相性の良い方角は南でござんすよ。方角なんか気にしたことなんかあるかい!というあなた!

 そんなあなたには「気」の入口、玄関に飾ることをオススメします。

「陽」の気を帯びる南の玄関でしたら仕事運も人気運も最高ですが、自宅の玄関がどっちに向いてるかなんてわからん!なんて方も多いでしょう。

 玄関は幸福運も金運も良縁運も全てはここからやってきます。

 ここに生きた「気」をまとう「生花」を飾るのが運気UPの一番の近道でござんすよ。とくにラベンダーを玄関の外や内に飾ることで邪気を払い、良い縁を引き寄せます。

 それに、高貴な色であるラベンダーを玄関に飾ることで家人の格も上げるってもんです。

 風水的に言えば、色も方角も重要なことですが、細かくみるとややこしや~。

 そんな方は……とにもかくにも、玄関は毎日キチンとお掃除をすること!これに尽きますな。

 生きた花は、種類も飾る場所も何もNGなんてものはないんです。香りも重要ポイント。特に玄関は良い香りは不可欠なのです。そういった意味でもラベンダーは最強ですな。

ドライポプリって微妙なんです…

「風水的にはドライフラワーは運気を下げるのよ」/(C)斑目茂美
「風水的にはドライフラワーは運気を下げるのよ」 /(C)斑目茂美

 風水的にいうと、どうやらドライフラワーは「死んでる花」という部分で運気を下げるとされています。ラベンダーなんぞ、一年の中で開花期間はほんの一瞬。

 ほとんどがポプリやドライフラワー、アロマオイルを楽しむ感じ……。

 しかも!昨今のドライフラワーの流行ぶりはどうですか!壁にハーブのスワッグや癒しのアロマポプリを家に飾る方のなんと多いこと!

 みんながワイワイ飾っているのに、ほんとに運気を下げるのか?なんて聞きたくもなります(笑)。

 ワタクシが思うに……ドライフラワーや造花を飾る方って、結局、お花が腐らないから面倒をみなくなってホコリをかぶっちゃうんですよね……。そんでもって運気を下げる、になるのでは?と個人的には思っております。

ぜひフレッシュなラベンダーを

 何を飾りたいかを決めるのはアナタ!大事なのはとにかくキレイにお掃除してください!ってことです。お掃除は悪い「気」も同時にゴミ箱にポイ!心の余裕もできるってもんです。

 ですが、せっかく生のラベンダーを楽しめるわずかなこの期間だけでも、ぜひお花屋さんでフレッシュなラベンダーを手に入れていただきたい!

 あなたには開運!開運!運気アップで幸せに大切な時間を過ごしていただきたい!遠いお空の向こうから、ご健闘をお祈り致しておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 さぶ店長率いる我がお花屋さんのこの時期は、お歳暮とクリスマスとお正月が乱れ打ちで、足の踏み場を探すほど。  もう...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。今回は、ちょっと重いテーマかもしれませんが、「もしものとき」について考えてみ...
FILM
 デパコスの聖地・伊勢丹で新色リップを試した後にZARAで掘り出し物を物色♡といった具合に、コスメもファッションも大好き...
FILM
 美容と健康のためにジムに入会している人は多いですが、ジム通いが習慣づいている人は意外と少ないですよね。 「行かな...
FILM
 白黒猫のにゃんたまωは哲学的なマーブル模様、キジトラは美しいグラデーション。  茶トラは美味しそうな鈴カステラの...
FILM
 良くも悪くも「ママ友」には、すごくお世話になりますよね。ママ友問題と無縁の夫たちは「そんなの一時の話だろう」と、まとも...
FILM
 介護士をしていた筆者は、基本的に介護施設に入ることを肯定的に捉えています。介護施設には介護士はもちろん、理学療法士や作...
FILM
 初めてのお家デート。好きな男性が自分のひとり暮らしの部屋に来るとなったら、いつもよりも念入りに掃除をする女性は多いでし...
FILM
 最近、ネットカフェデートがかなり進化しています。今までのペアシート(カップルシート)に比べると、防音もあり、部屋にカギ...
FILM
 華奢見えテクや上目遣いなど、女の子がか弱く見えるテクニックがこの世には溢れています……が、はっきり言いましょう。「姑息...
FILM
 にゃんたマニアのみなさま、こんにちは。  きょうは、かわいいあの子ににゃんたまωをアピールするも、そっぽを向かれ...
FILM
 オリンピックが近づいていることや経済産業省の推進もあり、キャッシュレス決済が広く認知されることになりました。これまで現...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚は人生での大きな決断です。お互い好きになってくっつくのは簡単ですが、別れ...
FILM
「自分のオッパイが足りなくて、酷い目にあったわ」  ある日、ワタクシの知り合いが仕事の打ち合わせで会って早々、興奮...
FILM
 ひどい二日酔いの朝、グロッキーな中で「もう二度と飲まない!」と決意した経験がある方は多いはず。でも、そんな人に限って、...
FILM
 冷え込む日が増えて「冬がきた」と実感する日も多くなりましたね。芯から冷えた身体は、女性の大敵。日頃からしっかり温活をケ...