ラベンダーの“魔力”とは? 芳ばしい香りには厄除けの効果も

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-06-14 15:02
投稿日:2019-06-01 06:00
今回のお花はラベンダー(C)斑目茂美
今回のお花はラベンダー (C)斑目茂美

 初夏にかけて、お花屋さんの店頭にはさまざまな種類のラベンダーの鉢が並び始めます。小さく可愛らしい花を細い茎の先にたくさんつけて、芳しい香りを辺り一面に放つ人気のお花でござんすよ。

「ラベンダー」と言えば富良野ですが、昔どうしても一度見たくて訪れた富良野は広大なラベンダー畑が紫に染まり、それはそれは見事。あの頃、途中立ち寄った富良野駅では、さだまさしの「ルル~」のあの歌が無限ループ……。

 ラベンダーソフトクリームを舐めながらうっかり聴き入ってしまったおかげで、ラベンダー畑に着く頃には頭の中ではさだまさしの「ルル~」が盛大に。見渡す限りのラベンダーの海の向こう、蜃気楼のように幼い「純」と「蛍」の幻が見えました。むせ返るほどのラベンダーの匂いに妄想を見たとした思えませんが……。

 原田知世ですら「時をかける少女」に変身しちゃうぐらいですからね。ラベンダーの香りは魔力のように絶大ですよ。

不幸を吹き飛ばす!厄除けの鍵はラベンダーが握る

ラベンダーを飾るのにベストな場所は?(写真:iStock)
ラベンダーを飾るのにベストな場所は? (写真:iStock)

 ラベンダーは古代ローマ時代にお風呂に入れていたとの話もあるのですが、ラベンダーの放つ芳しい香りは邪気払いに絶大で大変効果を発揮するのです。

 また、不眠に悩むあなた!是非、ラベンダーを寝室に置いてください。リラックス効果も期待され、魔除けの香りですから、きっと悪夢にうなされることもないでしょうな。ですが…今はせっかくのシーズンでもありますので、フレッシュなラベンダーを手に入れやすいこの時期はいっそ鉢ごと置いていただきたい場所がございますの。

仕事も人気も我が手に…ラベンダーは南に飾る!

 そもそもラベンダーの色というのは日本古来から「高貴な色」とされてきました。

 袈裟の色もそう。紫は偉いお坊さまの袈裟色でござんすよ。

 そしてラベンダーと相性の良い方角は南でござんすよ。方角なんか気にしたことなんかあるかい!というあなた!

 そんなあなたには「気」の入口、玄関に飾ることをオススメします。

「陽」の気を帯びる南の玄関でしたら仕事運も人気運も最高ですが、自宅の玄関がどっちに向いてるかなんてわからん!なんて方も多いでしょう。

 玄関は幸福運も金運も良縁運も全てはここからやってきます。

 ここに生きた「気」をまとう「生花」を飾るのが運気UPの一番の近道でござんすよ。とくにラベンダーを玄関の外や内に飾ることで邪気を払い、良い縁を引き寄せます。

 それに、高貴な色であるラベンダーを玄関に飾ることで家人の格も上げるってもんです。

 風水的に言えば、色も方角も重要なことですが、細かくみるとややこしや~。

 そんな方は……とにもかくにも、玄関は毎日キチンとお掃除をすること!これに尽きますな。

 生きた花は、種類も飾る場所も何もNGなんてものはないんです。香りも重要ポイント。特に玄関は良い香りは不可欠なのです。そういった意味でもラベンダーは最強ですな。

ドライポプリって微妙なんです…

「風水的にはドライフラワーは運気を下げるのよ」/(C)斑目茂美
「風水的にはドライフラワーは運気を下げるのよ」 /(C)斑目茂美

 風水的にいうと、どうやらドライフラワーは「死んでる花」という部分で運気を下げるとされています。ラベンダーなんぞ、一年の中で開花期間はほんの一瞬。

 ほとんどがポプリやドライフラワー、アロマオイルを楽しむ感じ……。

 しかも!昨今のドライフラワーの流行ぶりはどうですか!壁にハーブのスワッグや癒しのアロマポプリを家に飾る方のなんと多いこと!

 みんながワイワイ飾っているのに、ほんとに運気を下げるのか?なんて聞きたくもなります(笑)。

 ワタクシが思うに……ドライフラワーや造花を飾る方って、結局、お花が腐らないから面倒をみなくなってホコリをかぶっちゃうんですよね……。そんでもって運気を下げる、になるのでは?と個人的には思っております。

ぜひフレッシュなラベンダーを

 何を飾りたいかを決めるのはアナタ!大事なのはとにかくキレイにお掃除してください!ってことです。お掃除は悪い「気」も同時にゴミ箱にポイ!心の余裕もできるってもんです。

 ですが、せっかく生のラベンダーを楽しめるわずかなこの期間だけでも、ぜひお花屋さんでフレッシュなラベンダーを手に入れていただきたい!

 あなたには開運!開運!運気アップで幸せに大切な時間を過ごしていただきたい!遠いお空の向こうから、ご健闘をお祈り致しておりますよ~。

ライフスタイル 新着一覧


観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 11月21日~27日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ステージ衣装用の真っ赤なランジェリーで“魔法”にかかった
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連...