シェイバーで剃った陰毛はどこへ行くのか?

新井見枝香 元書店員・エッセイスト・踊り子
更新日:2023-04-29 19:03
投稿日:2023-04-26 06:00

閉店後にニョッ?

変なおじさん(絵:新井見枝香)
変なおじさん(絵:新井見枝香)

 まだコロナが流行る前のこと、明日発売の雑誌を閉店後の店内に並べていると、横にいた上司の口元が「変なおじさん」みたいに変色していてギョッとしたことがある。

 出勤前に剃った髭が徐々に伸びてきた、と頭では解(わか)るのだが、何らかのタイミング、たとえば閉店時間を迎えた途端、突然ニョッと生え揃ったかのように見えたのだ。

陰毛もつるつるから毛抜きで掴めるまでに

 たった一日剃らないだけでも、髭の濃い男性は人相が大きく変わるが、それは私の陰毛も同じである。

 ストリップの公演は基本的に1日4回で、1回目が正午だとしたら、4回目の出番は夜の8時を過ぎる。朝つるつるのパイパンでも、最終回の前にハッと見れば、毛抜きで掴めるほど伸びている。

男性用髭剃りで陰毛処理をしていたが…

ドラッグストアで買った男性用髭剃り(彼氏のではない)/(写真:新井見枝香/無断転写禁止)
ドラッグストアで買った男性用髭剃り(彼氏のではない) /(写真:新井見枝香/無断転写禁止)

 肌に優しかろうと、男性用髭剃りで陰毛を剃っていたが、出番前に慌てて剃って出血したことを機に、思い切って「陰毛専用の電動シェイバー」を購入した。

 ロコミで評価が高かったものを取り寄せたが、髭剃りよりだいぶヘッドが小さい。パイパンを想定したものではなく、あくまでもパンツからはみ出る毛を整えるためのものなのだろう。

 私の用途では、歯全体を歯間ブラシで磨いているようで、非常に時間がかかる。しかも肌を傷付けないための優しい設計で、一度当てるだけでは剃り切れず、何度もコシコシとなでる必要があった。

 ただ、仕上がりは剃刀の比ではない。濡らしたり、石鹸の泡を付けたりする必要もないので、部屋でじっくり、曇らない鏡に映して剃ることができる。しかしそうすると、気になって仕方がないことがあった。

 剃った毛は一体どこへ行ったのだろう?

毛を溜め込む場所は「ない」

ピンクローターにそっくりの作動音がする電動シェイバー(写真:新井見枝香/無断転写禁止)
ピンクローターにそっくりの作動音がする電動シェイバー (写真:新井見枝香/無断転写禁止)

 一昔前、図書カードはQRコードを読み取るのではなく、テレホンカードのように小さい穴が空く仕様だった。その胡麻より小さな丸は、どこへ行くのか。ある日その丸が、図書カードリーダーの脇から大量にこぼれ落ちていて、小さな引き出しを引くと、色とりどりのつぶつぶで満タンになっていた。

 ここから適宜、粒を回収しなければならなかったのだ。しかしシェイバーはどこを探しても、毛を溜め込む場所がない。つまり陰毛はしれっと床にまき散らされている。自分の部屋ならまだしも、楽屋で使うのはマナー違反だろう。

 そこで私は、最終回の出番前に、楽屋の風呂場でシェイバーを使うことにした。

新井さんは楽屋の風呂場でしているの?

ストリッパーは毛ありと毛なしが半々くらい(写真:新井見枝香/無断転写禁止)
ストリッパーは毛ありと毛なしが半々くらい (写真:新井見枝香/無断転写禁止)

 ストリップでは時折、ショーとしてオナニーをすることがあり、楽屋にバイブレーターやピンクローターが転がっていても、ああ小道具か、と誰も驚かない。

 しかし、それはステージの上でだけ使うものだ。長いこと風呂場に籠ってブーブー音を鳴らし、出てきたと思えば、股間が赤く腫れている。頭を逆さにして股間をのぞき込んでいたため、顔面は血が上って紅潮。これでは、あらぬ疑いをかけられる。

 ストリップ歴3年ともなれば、銭湯でパイパンを晒すことなど屁でもないが、楽屋の風呂場でオナニーをしていると思われるのは死ぬほど耐え難いのである。(してません!!)

新井見枝香
記事一覧
元書店員・エッセイスト・踊り子
1980年、東京都生まれ。書店員として文芸書の魅力を伝えるイベントを積極的に行い、芥川賞・直木賞と同日に発表される、一人選考の「新井賞」は読書家たちの注目の的に。著書に「本屋の新井」、「この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ」、「胃が合うふたり」(千早茜と共著)ほか。23年1月発売の新著「きれいな言葉より素直な叫び」は性の屈託が詰まった一冊。

XInstagram

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...