30代からの恋愛…理想の男性に出会うためにすべきことは?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-06 03:25
投稿日:2019-02-27 06:00

まだ大丈夫と安心していると大きな落し穴

まずは自分を知ろう(写真:iStock)
まずは自分を知ろう (写真:iStock)

 働く女性が多くなった今、結婚年齢もどんどん上がり、アラサー、アラフォーでも婚活はこれから!という方は増えていると思います。

 結婚の晩年化は男性でも同様なため、まだまだ結婚していない男性はいっぱいいるし、大丈夫と安心していると、そこには大きな落とし穴が……。

 男性は「年下女性が好きだ」という割合が多くいますが、あえて「年上女性がいい」というタイプは比較的少数派です。逆に20代女性にとっては、30代の男性は恋愛対象として十分にあり得ますよね。

 つまり、男性は幅広い女性を対象にできる一方、30代以上の女性は同年代の男性を自分たちより若い20代女性たちと競い、獲得しなければならないという、非常に厳しい戦いを余儀なくされるのです。

「ヤバい、結婚相談所に行こう!」の前にするべきことは?

 それなら、できるだけ若いうちに結婚相談所に登録しよう!と焦ってしまう人は、婚活を失敗しやすいタイプです。条件だけで選んでしまった結果、実は価値観やライフスタイルが全く合わず、すぐに離婚してしまうケースも。

 そこでまずアラサーのあなたがやるべきことは、ズバリ、「自分探し」なのです。

自分を見つめて自分を知ろう

「え、自分探しって、海外に貧乏旅行とかするやつ?」

 いえいえ、そんなことありません。そういうのは学生時代にもう終了ですよね!

 自分探しとは、自分が今後の十年、数十年と生きていく上で一番大事にしたい価値観を見極めるもの。重要なのは、まさに「必要不可欠」なもののみに絞っていく“断捨離”の精神です。

 学生時代には、夢と希望と理想にあふれていたあなたも、大人になって社会で揉まれたからこそわかる、あなた独自の絶対に譲れない価値観はあるはずです。あれもこれもではなく、「これだけは譲れない」という価値観です。

本当に必要な相手の条件は?

自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず(写真:iStock)
自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず (写真:iStock)

 おわかりでしょうか?

 30代からの婚活にとって、あなたの婚活を成功に導くのは、「できるだけいい人と結婚したい」というユルふわな希望ではなく、「これだけは譲れない」という、絞りに絞った必須条件を明確にすることなのです。

 もしあなたが仕事大好きで、この先もずっと仕事を続けていきたいのであれば、仕事に理解があり、その大変さも共有できる相手を。週末にはおいしいお店に一緒に行きたい、というのであれば、エンゲル係数至上主義の週末は休みの旦那を。

 つまり、あなたが生きたい人生とフィットする人をターゲットにすればよいのです。

適切なポジショニングはあなたの価値を高めます

 このように、自分の条件を明確にすると、あなたがどういう人間で、どういう男性を求めているかが相手にも伝わりますね。

 相手の立場で考えると、「なぜ自分と一緒にいたいと思っているのか」が明確になっているほど、一緒に将来像を描きやすいということです。なんか優しいとか、誠実とか、面白いとか、誰にでも当てはまりそうなことを言われるよりも、「明確な何か」こそ、男性の気持ちをくすぐるものなんです。

自分は何をしたいのか、どうなりたいのか


 
 そうしたことが決まらないまま、闇雲に良い条件の相手を追い求めるのは、地図を持たずに旅をするようなもの。まずは自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、そのために何をしたらいいのか。もう一度、自分の人生を考えてみましょう。

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ