30代からの恋愛…理想の男性に出会うためにすべきことは?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-06 03:25
投稿日:2019-02-27 06:00

まだ大丈夫と安心していると大きな落し穴

まずは自分を知ろう(写真:iStock)
まずは自分を知ろう (写真:iStock)

 働く女性が多くなった今、結婚年齢もどんどん上がり、アラサー、アラフォーでも婚活はこれから!という方は増えていると思います。

 結婚の晩年化は男性でも同様なため、まだまだ結婚していない男性はいっぱいいるし、大丈夫と安心していると、そこには大きな落とし穴が……。

 男性は「年下女性が好きだ」という割合が多くいますが、あえて「年上女性がいい」というタイプは比較的少数派です。逆に20代女性にとっては、30代の男性は恋愛対象として十分にあり得ますよね。

 つまり、男性は幅広い女性を対象にできる一方、30代以上の女性は同年代の男性を自分たちより若い20代女性たちと競い、獲得しなければならないという、非常に厳しい戦いを余儀なくされるのです。

「ヤバい、結婚相談所に行こう!」の前にするべきことは?

 それなら、できるだけ若いうちに結婚相談所に登録しよう!と焦ってしまう人は、婚活を失敗しやすいタイプです。条件だけで選んでしまった結果、実は価値観やライフスタイルが全く合わず、すぐに離婚してしまうケースも。

 そこでまずアラサーのあなたがやるべきことは、ズバリ、「自分探し」なのです。

自分を見つめて自分を知ろう

「え、自分探しって、海外に貧乏旅行とかするやつ?」

 いえいえ、そんなことありません。そういうのは学生時代にもう終了ですよね!

 自分探しとは、自分が今後の十年、数十年と生きていく上で一番大事にしたい価値観を見極めるもの。重要なのは、まさに「必要不可欠」なもののみに絞っていく“断捨離”の精神です。

 学生時代には、夢と希望と理想にあふれていたあなたも、大人になって社会で揉まれたからこそわかる、あなた独自の絶対に譲れない価値観はあるはずです。あれもこれもではなく、「これだけは譲れない」という価値観です。

本当に必要な相手の条件は?

自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず(写真:iStock)
自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず (写真:iStock)

 おわかりでしょうか?

 30代からの婚活にとって、あなたの婚活を成功に導くのは、「できるだけいい人と結婚したい」というユルふわな希望ではなく、「これだけは譲れない」という、絞りに絞った必須条件を明確にすることなのです。

 もしあなたが仕事大好きで、この先もずっと仕事を続けていきたいのであれば、仕事に理解があり、その大変さも共有できる相手を。週末にはおいしいお店に一緒に行きたい、というのであれば、エンゲル係数至上主義の週末は休みの旦那を。

 つまり、あなたが生きたい人生とフィットする人をターゲットにすればよいのです。

適切なポジショニングはあなたの価値を高めます

 このように、自分の条件を明確にすると、あなたがどういう人間で、どういう男性を求めているかが相手にも伝わりますね。

 相手の立場で考えると、「なぜ自分と一緒にいたいと思っているのか」が明確になっているほど、一緒に将来像を描きやすいということです。なんか優しいとか、誠実とか、面白いとか、誰にでも当てはまりそうなことを言われるよりも、「明確な何か」こそ、男性の気持ちをくすぐるものなんです。

自分は何をしたいのか、どうなりたいのか

 
 そうしたことが決まらないまま、闇雲に良い条件の相手を追い求めるのは、地図を持たずに旅をするようなもの。まずは自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、そのために何をしたらいいのか。もう一度、自分の人生を考えてみましょう。

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ