30代からの恋愛…理想の男性に出会うためにすべきことは?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-06 03:25
投稿日:2019-02-27 06:00

まだ大丈夫と安心していると大きな落し穴

まずは自分を知ろう(写真:iStock)
まずは自分を知ろう (写真:iStock)

 働く女性が多くなった今、結婚年齢もどんどん上がり、アラサー、アラフォーでも婚活はこれから!という方は増えていると思います。

 結婚の晩年化は男性でも同様なため、まだまだ結婚していない男性はいっぱいいるし、大丈夫と安心していると、そこには大きな落とし穴が……。

 男性は「年下女性が好きだ」という割合が多くいますが、あえて「年上女性がいい」というタイプは比較的少数派です。逆に20代女性にとっては、30代の男性は恋愛対象として十分にあり得ますよね。

 つまり、男性は幅広い女性を対象にできる一方、30代以上の女性は同年代の男性を自分たちより若い20代女性たちと競い、獲得しなければならないという、非常に厳しい戦いを余儀なくされるのです。

「ヤバい、結婚相談所に行こう!」の前にするべきことは?

 それなら、できるだけ若いうちに結婚相談所に登録しよう!と焦ってしまう人は、婚活を失敗しやすいタイプです。条件だけで選んでしまった結果、実は価値観やライフスタイルが全く合わず、すぐに離婚してしまうケースも。

 そこでまずアラサーのあなたがやるべきことは、ズバリ、「自分探し」なのです。

自分を見つめて自分を知ろう

「え、自分探しって、海外に貧乏旅行とかするやつ?」

 いえいえ、そんなことありません。そういうのは学生時代にもう終了ですよね!

 自分探しとは、自分が今後の十年、数十年と生きていく上で一番大事にしたい価値観を見極めるもの。重要なのは、まさに「必要不可欠」なもののみに絞っていく“断捨離”の精神です。

 学生時代には、夢と希望と理想にあふれていたあなたも、大人になって社会で揉まれたからこそわかる、あなた独自の絶対に譲れない価値観はあるはずです。あれもこれもではなく、「これだけは譲れない」という価値観です。

本当に必要な相手の条件は?

自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず(写真:iStock)
自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず (写真:iStock)

 おわかりでしょうか?

 30代からの婚活にとって、あなたの婚活を成功に導くのは、「できるだけいい人と結婚したい」というユルふわな希望ではなく、「これだけは譲れない」という、絞りに絞った必須条件を明確にすることなのです。

 もしあなたが仕事大好きで、この先もずっと仕事を続けていきたいのであれば、仕事に理解があり、その大変さも共有できる相手を。週末にはおいしいお店に一緒に行きたい、というのであれば、エンゲル係数至上主義の週末は休みの旦那を。

 つまり、あなたが生きたい人生とフィットする人をターゲットにすればよいのです。

適切なポジショニングはあなたの価値を高めます

 このように、自分の条件を明確にすると、あなたがどういう人間で、どういう男性を求めているかが相手にも伝わりますね。

 相手の立場で考えると、「なぜ自分と一緒にいたいと思っているのか」が明確になっているほど、一緒に将来像を描きやすいということです。なんか優しいとか、誠実とか、面白いとか、誰にでも当てはまりそうなことを言われるよりも、「明確な何か」こそ、男性の気持ちをくすぐるものなんです。

自分は何をしたいのか、どうなりたいのか

 
 そうしたことが決まらないまま、闇雲に良い条件の相手を追い求めるのは、地図を持たずに旅をするようなもの。まずは自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、そのために何をしたらいいのか。もう一度、自分の人生を考えてみましょう。

ラブ 新着一覧


推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...