福山雅治「ラストマン」でも発揮!“何をやっても福山”とならない訳

ボルドー太田 イケメンソムリエ
更新日:2023-05-07 09:56
投稿日:2023-05-07 06:00

今期NO.1の「ラストマン-全盲の捜査官-」

日曜夜に拝顔できる嬉しさよ(C)日刊ゲンダイ
日曜夜に拝顔できる嬉しさよ (C)日刊ゲンダイ

 春ドラマもすべて出揃いました。ぶっちぎりの視聴率を誇るのが、福山雅治(54)主演のTBS日曜劇場「ラストマン-全盲の捜査官-」です。

 始まる前は今期ドラマの見どころは「木村拓哉vs福山雅治」などとネットでも書き立てられていましたが、ふたをあけてみれば福山強しでしたね。

 かつて「anan」の抱かれたい男では、1位木村、2位福山、一度もトップになれなかった福山ですが(実は福山がトップになったから、ジャニーズ事務所に忖度し、調査をやめたという説もあるようですが………)、あの時のリベンジをようやく果たせたといえるのではないでしょうか。

 福山のテレビドラマ初登場は、1991年10月期の「あしたがあるから」(TBS系)でした。今井美樹主演ドラマの三番手、中嶋朋子の恋人ながら、仙道敦子にも心を寄せるという優柔不断イケメン役でした。さらに、92年4月期、緒形拳主演「愛はどうだ」(同)で、緒形の部下であり、次女かなえ(つみきみほ)の恋人役に加えて、挿入歌「Good night」も担当しました。

TBSドラマで研鑽を積んだ役者のキャリア

「好きな男ランキング」は10年連続2位(C)日刊ゲンダイ
「好きな男ランキング」は10年連続2位 (C)日刊ゲンダイ

 さらにさらに、92年10月期、唐沢寿明主演「ホームワーク」(同)では2組の男女が織りなすラブストーリーで彼女に養ってもらっているミュージシャン役でした。

 これら3作品はすべてTBSドラマであり、この3作品でホップステップジャンプし、フジテレビ系「ひとつ屋根の下」のチイ兄ちゃんへと繋がりました。

 先日、「ひとつ屋根の下」で共演した三男役だったいしだ壱成が、福山から「たまにポエティックなメールが来る」という話をしていましたが、いろいろお騒がせないしだにもメールを送っていたなんて、福山の人柄の良さを感じます。

 光男(いしだ)だけでなく、長女で妹の小雪(酒井法子)にも連絡していたのでしょうか。兄弟の仲に問題児がいるとチイ兄ちゃんも大変ですね。

「何をやっても福山」にはならない

息はぴったり(C)日刊ゲンダイ
息はぴったり (C)日刊ゲンダイ

 話は「ラストマン」です。全盲のFBI特別捜査官などというあり得ない役柄ですが、福山ならありかも、と思わせるところはさすがです。「ガリレオ」の湯川教授っぽくても、決して、「何をやっても福山」と言われないところも人徳でしょうか。

 今回は、福山のものまねタレント(!?)でもある大泉洋(50)が相棒というのも人気ポイントです。番宣から2人の相性はぴったりで、ボケたりツッコんだり、そのやりとりが楽しかったのですが、ドラマにもそんな要素が見られ、名コンビぶりが伺えます。

皆実と心太朗は兄弟!?

 第2話で、大泉演じる護道心太朗が、実は警察エリート護道家の養子だったということがわかり、なおかつ実の父は殺人犯で無期懲役服役中ということまで発覚しました。さらに、福山演じる皆実広見が、肉じゃがを作り、それを心太朗に振る舞ったのですが、その際、

「どうですかね? 私の母の味なんですけど」と皆実が問いかけ、「なんだか懐かしい味がします」と心太朗。これに考察大好き視聴者は、「兄弟の伏線では!」とざわめき出しました。

 イケメンぶりからして2人が兄弟とはとても思えませんが、気になるところです。

 そういえば大泉洋の実の兄は先日、函館市長選で当選しましたが、こちらの兄はたしかに似ていました。

永瀬廉×奥智哉の若手イケメンコンビも楽しみ

 捜査一課には、永瀬廉や奥智哉などの若手イケメンを配しているのもこのドラマのよきところです。前クール、広瀬すずとのドラマで大やけどした永瀬ですが、こちらのドラマでゆっくりリハビリしていただきたいところです。

 奥もどこかで見たと思ったら、「大奥」(NHK)の「3代・徳川家光×万里小路有功編」で、猫を殺した玉栄ではないですか。玉栄が長じて、竜雷太になった時はあの美少年があんなになってしまうのね、と落胆しましたが、また美少年に戻ってくれて嬉しいです。

 奥は福山とはアミューズつながり。福山の正統イケメン継承者と温かく見守りたいです。どうかどうか吉田羊さんに見初められませんように、と祈るばかりです。

「ルビーの指輪」の寺尾聰に、上川隆也、津田健次郎と、イケおじもちゃんと取り揃えていて至れり尽くせり。「ラストマン」、今期NO.1も納得ですね。

ボルドー太田
記事一覧
イケメンソムリエ
毎クールすべてのテレビドラマをチェックする最強のドラマウォッチャー。が、その目的がイケメンにあることは誰も知らない。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


長谷川博己「アンチヒーロー」2話目で上昇、レビュー&主題歌も高評価だが…今期ナンバーワンの“本命”に欠けているもの
 長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」の第2話が21日に放送され、平均視聴率は世帯12.8%、個人7...
2024-04-23 17:03 エンタメ
《見た目重視は女性だけ?》フジテレビ新人"貫禄"男性アナが話題も…TV局の“ルッキズム”志向が明るみに
 20日放送されたフジテレビ系「明石家さんまの推しアナGP」では、フジテレビの新人・上垣皓太朗アナウンサー(23)が話題...
2024-04-23 17:03 エンタメ
長谷川博己「アンチヒーロー」は「VIVANT」超えの予感…リアタイ視聴者も“考察班”も掴むヒットの仕掛け
「光と影の使い方も凝っているなと思いましたね」(テレビ誌ライター)という声もある。14日にスタートした長谷川博己(47)...
2024-04-22 17:03 エンタメ
ガンちゃん登場! 目の前にビール瓶2本…寅子の酒豪ぶりは母のはる譲り説
 本科と呼ばれる明律大学法学部に進学した寅子(伊藤沙莉)たち。法改正が行われ、女子も正式に弁護士になるための試験を受けら...
桧山珠美 2024-04-22 15:40 エンタメ
木村拓哉×工藤静香「来年12月銀婚式」のサプライズは…注目はテレビ番組初コラボかCM共演
 木村拓哉(51)が54回目の誕生日を祝って妻・工藤静香の写真を14日、インスタグラムストーリーズに投稿したことでファン...
2024-04-21 17:03 エンタメ
「366日」、髙橋海人「95」学生服コスプレ繚乱!関口メンディー何留?
 新ドラマを見ていて気づいたことがあります。それは過去と現在を行き来するドラマで、俳優さんたちがそのまま高校時代や大学時...
旧ジャニ事務所に厳しく問われる社会的責任 性被害者はSMILE-UP.救済委に「返信できずに困っている」と吐露
 旧ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏からの性被害者への補償に対応しているスマイルアップ社(旧ジャニーズ事務...
2024-04-20 17:03 エンタメ
大谷翔平の結婚で大誤算…木村拓哉主演ドラマ「Believe」にオンエア前から暗雲
 木村拓哉(51)の主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)が25日から始まる。18日にはキャスト登...
2024-04-20 17:03 エンタメ
指原莉乃に囁かれる“賞味期限”と後輩の猛追 残るレギュラー3本も黄信号の崖っぷち!
 かつて民放各局のゴールデン・プライム帯に多数のレギュラーMC番組を抱え、「指原無双」といわれた指原莉乃(31)。昨年9...
2024-04-19 17:03 エンタメ
今井美樹が夫・布袋寅泰と誕生日旅行 ベッキー、広末涼子は復活も…約30年"不倫の呪縛"拭えず
 英ロンドン在中のミュージシャン布袋寅泰(62)が17日、自身のインスタグラムを更新し、「家族と2度目のサンセバスチャン...
2024-04-19 17:03 エンタメ
すわ、嫁姑戦争勃発か!? 月のもので結束力まで描く脚本の妙
 実際の事件を調べるため、まんじゅうを作ってみることにした寅子(伊藤沙莉)たち。すると涼子(桜井ユキ)が急に謝罪したいと...
桧山珠美 2024-04-19 15:50 エンタメ
「Aぇ! group」のFCはSTARTOでいいのでは? 「SMILE-UP.」の“会員番号”への執着にファンも不信感
 SMILE-UP.(スマイルアップ、旧ジャニーズ事務所)が公式サイトで15日、ファンクラブや知的財産権の取り扱い方針を...
2024-04-18 17:03 エンタメ
安達祐実、木下優樹菜…新パートナーがいても交流続ける“元夫婦”に賛否
 下町デートを楽しむ様子など、近況が報じられたのが女優・安達祐実(42)。「FRIDAYデジタル」によると、安達のデート...
2024-04-18 17:03 エンタメ
「お月のもの」ネタ再び、寅子らの生理談議にマスターのヘンな気遣い
 よね(土居志央梨)は貧しい生い立ちを明かし、涼子(桜井ユキ)や寅子(伊藤沙莉)など、同級生らが恵まれていることに憤りを...
桧山珠美 2024-04-18 16:50 エンタメ
キンプリ永瀬廉の歩き方や態度に《何様?》…「東京タワー」インスタにファン“ダメ出し”で荒れ模様
「King & Prince」の永瀬廉(25)主演の連ドラ「東京タワー」(テレビ朝日系=土曜夜11時)が4月20日よりス...
2024-04-17 17:03 エンタメ
愛子さま日赤入社早々のモーレツ…残業報道は否定も公務と両立“休みなし”を心配する声
「とても楽しみました」  14日午前、皇居・東御苑の楽部庁舎で雅楽の演奏を鑑賞された、天皇皇后両陛下の長女、愛子さま。...
2024-04-17 17:03 エンタメ