キスやお泊りはその気あり? 男性の“謎アピール”の心理とは

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-12 06:00
投稿日:2019-06-12 06:00
 夏もすぐそこ。恋の季節がやってきますね。飲み歩きに適した夏はふとした出会いも増える季節です。すでに「ちょっと気になる人」に最近出会った、という人もいらっしゃるのでは?
 そんな夏の出会いと一緒にやってくる、「カレは私のこと、どう思ってるのかな」というやきもきした気持ち。今回はそんな友達以上? な時期に気になる、カレの行動の意味を探っていきます。

付き合っていないうちの手つなぎに意味はあるの?

不意の“手つなぎ”にドキドキ(写真:iStock)
不意の“手つなぎ”にドキドキ (写真:iStock)

 いつでも女子を悩ませるのは付き合っていないうちのカレからの「これってアピール?」な行動です。付き合っていないのに、デート中に手をつないだ。これにはどんな意味があるのでしょうか…。東京のアラサー男性に意見を聞いてきました。

「手つなぎって基本下心とか関係ないので、好きな人にしかやらない」(27歳・モデル)

「みんなの前とかだと、逆にギャグで手をつないじゃう時もある」(29歳・マーケター)

 手つなぎという行為には下心的な部分が少なく、男性的にも「好きじゃない人にやる意味がないもの」という風に考えているという意見が多かったです。二人きりの時の手つなぎには脈アリ判定してもいいのかも…!

 しかし、大人数の飲み会帰りなど、酔っ払っている時の所作では「意味なく」というパターンもあるようです。

付き合ってないのにキスされた!私のこと好きなのかな…!

付き合う前のキスの意味は?(写真:iStock)
付き合う前のキスの意味は? (写真:iStock)

 さらに私たちをやきもきさせるのが、「付き合っていないカレからのキス」。キスなんてされたら、そりゃ相手のことも気になってしまうに決まっていますよね…。

 アラサー男性の意見は?

「飲み会の後とかは、キスしてたらしいけどそれを覚えてなかった……ってこともある」(28歳・エンジニア)

「こいつ簡単にオチそうだな……と思っている相手には、遊び心で魔が差してしまう」(26歳・インフラ企業)

「単純にヤりたくて、終電前にキスを迫ることがある」(29歳・出版)

  ◇  ◇  ◇

 どんなシチュエーションでされたのかにもよりそうですが、付き合う前のキスについては「その後」の下心が原動力になるという意見が多かったです。

 好きな子になら、キスと一緒にちゃんと気持ちも伝えるという意見もありました。キスはされたものの、好意的な言葉はもらっていないというパターンなら、地雷率高めかも。

お泊りのお誘いに「下心」以外の感情はあるの?

急な遅い時間のお誘いは要注意(写真:iStock)
急な遅い時間のお誘いは要注意 (写真:iStock)

 付き合っていない相手から「完全お泊りじゃん」というお誘いをやんわりされるのも、夏になるとなぜか増える謎案件です。男子たちはどう思っているのでしょうか。

「本当に気になっている相手の時は、”〇〇ちゃんさえよければ”って感じでめっちゃ下手に出る」(25歳・整体師)

「急にムラムラした時は、わりとどうでもいい子に当日アポでオールやお泊りの誘いをする」(27歳・大学助教授)

「好きな子となら、旅行などのお泊り案件が嬉しい。どちらかの家で手軽に済ませるのは、ワンナイト系の時」(30歳・研修医)

  ◇  ◇  ◇

 やはり、本当に気になっている子には手軽にお泊りの提案はしないという意見が多かったです。急な当日遅めの時間のお誘いや、どちらかの家での宅飲み提案などは、下心での誘いを警戒するべきかも。

 しかし、中には”気になる子だからこそ、長い時間いたいからお泊りを提案する”という意見もありました。誘い方の誠実さで見極めましょう。どこかを予約するようなものや、数日前からのお誘いなら考えてみてもいいですが、急なお誘いは地雷率が高そうです。

行動そのものよりカレの態度に注視しよう

“男はオオカミ”くらいの用心が必要(写真:iStock)
“男はオオカミ”くらいの用心が必要 (写真:iStock)

 付き合っていないうちのスキンシップは、下心によるものが多いのも事実。それが本気のアピールかどうかを見抜くためには、カレの行動に浮つきすぎず、カレの態度があなたに対して誠実かどうかをしっかり見極めていく必要があります。

 気になっている人からのスキンシップはポジティブに考えてしまいがちですが、早計な行動は自分を消費することになるかも。普段の態度からは好意を感じない人からのお泊りのお誘いやボディータッチなどに舞い上がりすぎないようにしてください。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ