キスやお泊りはその気あり? 男性の“謎アピール”の心理とは

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-12 06:00
投稿日:2019-06-12 06:00
 夏もすぐそこ。恋の季節がやってきますね。飲み歩きに適した夏はふとした出会いも増える季節です。すでに「ちょっと気になる人」に最近出会った、という人もいらっしゃるのでは?
 そんな夏の出会いと一緒にやってくる、「カレは私のこと、どう思ってるのかな」というやきもきした気持ち。今回はそんな友達以上? な時期に気になる、カレの行動の意味を探っていきます。

付き合っていないうちの手つなぎに意味はあるの?

不意の“手つなぎ”にドキドキ(写真:iStock)
不意の“手つなぎ”にドキドキ (写真:iStock)

 いつでも女子を悩ませるのは付き合っていないうちのカレからの「これってアピール?」な行動です。付き合っていないのに、デート中に手をつないだ。これにはどんな意味があるのでしょうか…。東京のアラサー男性に意見を聞いてきました。

「手つなぎって基本下心とか関係ないので、好きな人にしかやらない」(27歳・モデル)

「みんなの前とかだと、逆にギャグで手をつないじゃう時もある」(29歳・マーケター)

 手つなぎという行為には下心的な部分が少なく、男性的にも「好きじゃない人にやる意味がないもの」という風に考えているという意見が多かったです。二人きりの時の手つなぎには脈アリ判定してもいいのかも…!

 しかし、大人数の飲み会帰りなど、酔っ払っている時の所作では「意味なく」というパターンもあるようです。

付き合ってないのにキスされた!私のこと好きなのかな…!

付き合う前のキスの意味は?(写真:iStock)
付き合う前のキスの意味は? (写真:iStock)

 さらに私たちをやきもきさせるのが、「付き合っていないカレからのキス」。キスなんてされたら、そりゃ相手のことも気になってしまうに決まっていますよね…。

 アラサー男性の意見は?

「飲み会の後とかは、キスしてたらしいけどそれを覚えてなかった……ってこともある」(28歳・エンジニア)

「こいつ簡単にオチそうだな……と思っている相手には、遊び心で魔が差してしまう」(26歳・インフラ企業)

「単純にヤりたくて、終電前にキスを迫ることがある」(29歳・出版)

  ◇  ◇  ◇

 どんなシチュエーションでされたのかにもよりそうですが、付き合う前のキスについては「その後」の下心が原動力になるという意見が多かったです。

 好きな子になら、キスと一緒にちゃんと気持ちも伝えるという意見もありました。キスはされたものの、好意的な言葉はもらっていないというパターンなら、地雷率高めかも。

お泊りのお誘いに「下心」以外の感情はあるの?

急な遅い時間のお誘いは要注意(写真:iStock)
急な遅い時間のお誘いは要注意 (写真:iStock)

 付き合っていない相手から「完全お泊りじゃん」というお誘いをやんわりされるのも、夏になるとなぜか増える謎案件です。男子たちはどう思っているのでしょうか。

「本当に気になっている相手の時は、”〇〇ちゃんさえよければ”って感じでめっちゃ下手に出る」(25歳・整体師)

「急にムラムラした時は、わりとどうでもいい子に当日アポでオールやお泊りの誘いをする」(27歳・大学助教授)

「好きな子となら、旅行などのお泊り案件が嬉しい。どちらかの家で手軽に済ませるのは、ワンナイト系の時」(30歳・研修医)

  ◇  ◇  ◇

 やはり、本当に気になっている子には手軽にお泊りの提案はしないという意見が多かったです。急な当日遅めの時間のお誘いや、どちらかの家での宅飲み提案などは、下心での誘いを警戒するべきかも。

 しかし、中には”気になる子だからこそ、長い時間いたいからお泊りを提案する”という意見もありました。誘い方の誠実さで見極めましょう。どこかを予約するようなものや、数日前からのお誘いなら考えてみてもいいですが、急なお誘いは地雷率が高そうです。

行動そのものよりカレの態度に注視しよう

“男はオオカミ”くらいの用心が必要(写真:iStock)
“男はオオカミ”くらいの用心が必要 (写真:iStock)

 付き合っていないうちのスキンシップは、下心によるものが多いのも事実。それが本気のアピールかどうかを見抜くためには、カレの行動に浮つきすぎず、カレの態度があなたに対して誠実かどうかをしっかり見極めていく必要があります。

 気になっている人からのスキンシップはポジティブに考えてしまいがちですが、早計な行動は自分を消費することになるかも。普段の態度からは好意を感じない人からのお泊りのお誘いやボディータッチなどに舞い上がりすぎないようにしてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ