キスやお泊りはその気あり? 男性の“謎アピール”の心理とは

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-12 06:00
投稿日:2019-06-12 06:00
 夏もすぐそこ。恋の季節がやってきますね。飲み歩きに適した夏はふとした出会いも増える季節です。すでに「ちょっと気になる人」に最近出会った、という人もいらっしゃるのでは?
 そんな夏の出会いと一緒にやってくる、「カレは私のこと、どう思ってるのかな」というやきもきした気持ち。今回はそんな友達以上? な時期に気になる、カレの行動の意味を探っていきます。

付き合っていないうちの手つなぎに意味はあるの?

不意の“手つなぎ”にドキドキ(写真:iStock)
不意の“手つなぎ”にドキドキ (写真:iStock)

 いつでも女子を悩ませるのは付き合っていないうちのカレからの「これってアピール?」な行動です。付き合っていないのに、デート中に手をつないだ。これにはどんな意味があるのでしょうか…。東京のアラサー男性に意見を聞いてきました。

「手つなぎって基本下心とか関係ないので、好きな人にしかやらない」(27歳・モデル)

「みんなの前とかだと、逆にギャグで手をつないじゃう時もある」(29歳・マーケター)

 手つなぎという行為には下心的な部分が少なく、男性的にも「好きじゃない人にやる意味がないもの」という風に考えているという意見が多かったです。二人きりの時の手つなぎには脈アリ判定してもいいのかも…!

 しかし、大人数の飲み会帰りなど、酔っ払っている時の所作では「意味なく」というパターンもあるようです。

付き合ってないのにキスされた!私のこと好きなのかな…!

付き合う前のキスの意味は?(写真:iStock)
付き合う前のキスの意味は? (写真:iStock)

 さらに私たちをやきもきさせるのが、「付き合っていないカレからのキス」。キスなんてされたら、そりゃ相手のことも気になってしまうに決まっていますよね…。

 アラサー男性の意見は?

「飲み会の後とかは、キスしてたらしいけどそれを覚えてなかった……ってこともある」(28歳・エンジニア)

「こいつ簡単にオチそうだな……と思っている相手には、遊び心で魔が差してしまう」(26歳・インフラ企業)

「単純にヤりたくて、終電前にキスを迫ることがある」(29歳・出版)

  ◇  ◇  ◇

 どんなシチュエーションでされたのかにもよりそうですが、付き合う前のキスについては「その後」の下心が原動力になるという意見が多かったです。

 好きな子になら、キスと一緒にちゃんと気持ちも伝えるという意見もありました。キスはされたものの、好意的な言葉はもらっていないというパターンなら、地雷率高めかも。

お泊りのお誘いに「下心」以外の感情はあるの?

急な遅い時間のお誘いは要注意(写真:iStock)
急な遅い時間のお誘いは要注意 (写真:iStock)

 付き合っていない相手から「完全お泊りじゃん」というお誘いをやんわりされるのも、夏になるとなぜか増える謎案件です。男子たちはどう思っているのでしょうか。

「本当に気になっている相手の時は、”〇〇ちゃんさえよければ”って感じでめっちゃ下手に出る」(25歳・整体師)

「急にムラムラした時は、わりとどうでもいい子に当日アポでオールやお泊りの誘いをする」(27歳・大学助教授)

「好きな子となら、旅行などのお泊り案件が嬉しい。どちらかの家で手軽に済ませるのは、ワンナイト系の時」(30歳・研修医)

  ◇  ◇  ◇

 やはり、本当に気になっている子には手軽にお泊りの提案はしないという意見が多かったです。急な当日遅めの時間のお誘いや、どちらかの家での宅飲み提案などは、下心での誘いを警戒するべきかも。

 しかし、中には”気になる子だからこそ、長い時間いたいからお泊りを提案する”という意見もありました。誘い方の誠実さで見極めましょう。どこかを予約するようなものや、数日前からのお誘いなら考えてみてもいいですが、急なお誘いは地雷率が高そうです。

行動そのものよりカレの態度に注視しよう

“男はオオカミ”くらいの用心が必要(写真:iStock)
“男はオオカミ”くらいの用心が必要 (写真:iStock)

 付き合っていないうちのスキンシップは、下心によるものが多いのも事実。それが本気のアピールかどうかを見抜くためには、カレの行動に浮つきすぎず、カレの態度があなたに対して誠実かどうかをしっかり見極めていく必要があります。

 気になっている人からのスキンシップはポジティブに考えてしまいがちですが、早計な行動は自分を消費することになるかも。普段の態度からは好意を感じない人からのお泊りのお誘いやボディータッチなどに舞い上がりすぎないようにしてください。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ