女性の勘違い“モテ仕草7選”…イタい!それ、バレてます!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-23 06:00
投稿日:2019-06-23 06:00
「この仕草をすればモテる!」と、話題の「モテ仕草」。あなたは鵜呑みにしていませんか? でも、実はその行動、男性に全部バレていて萎えさせている原因でもあるかも? そこで、やってはいけない勘違いモテ仕草を一挙公開! あなたは「勘違いモテ仕草」をしていませんか?

男性を遠ざける? 女性の勘違いモテ仕草7選!

正直ビミョー…(写真:iStock)
正直ビミョー… (写真:iStock)

 男性をキュンとさせる「モテ仕草特集」なんて、雑誌などでもよく特集されていますよね。だけど、なんでもかんでもやりすぎは禁物! そこで、注意が必要な「勘違いモテ仕草」を紹介します。

1. 髪をいじる・かきあげる

 王道モテ仕草でもある「髪いじり」ですが、意外なことに「勘違いモテ仕草」とも捉えられているようです。食事中などに髪をいじってばかりいると「不潔に見える」、かきあげると「うっとうしい」など、そんな意見もありました。

 でも、髪系でいうと、束ねる仕草&後れ毛は、今も昔も男性にとって人気のよう。狙い過ぎず、さりげなくアピールしてみると良いかもしれません。

2. 脚を組み替える

 女性が脚を組み替えると、男性の目が釘付けに……ドラマや映画でもそんなシーンが多々ありますよね。こんな「脚の組み替え」も、ポピュラーなモテ仕草として有名です。

 女性のすらっとした綺麗な脚は、確かに魅力的。でも、タイトスカートやミニスカートでそれをされてしまうと「目のやり場に困る」「いや、興味ないから!」なんて思う男性も多いよう。

 脚を斜めに揃えたり、膝をきちんとくっつけて座った方が清楚で魅力的な女性に映る、そんな声もありました。参考までに。

3. あからさまなボディタッチ

 モテ女子の代名詞でもある「ボディタッチ」。これも、やりすぎ禁物な勘違いモテ仕草の1つ。さりげなくなら可愛く見えるものの、あからさまに「触る!」という気持ちが前面に出ると、男性は引いてしまいます。

 がんばってアピールしたのに「男好き」なんて思われては元も子もありません。好きな男性にだけするのはもちろん、2人でいる時だけ、など、シーンを選んでチャレンジするようにしましょう。

4. とにかくあひる口

 数年前から女性の間で大ブームになった、口をちょっと尖らせて口角を上げる「あひる口」。モデルさんや芸能人の真似をして鏡の前で練習した、という方もきっといるはず。

 でも、このあひる口、そもそも最初から男性には不評な仕草なんだとか。そして、少し古い印象のため、「令和」になってまでもモテ仕草として残るのかは疑問です。

 写真を撮る時、反射的にそうなってしまう方もいるかもしれませんが、SNSなどに載せる写真が全てあひる口、なんてことがないように気を付けましょう。

5. やりすぎな上目遣い

「上目遣い」も、世の中の男性を虜にしてきた代表的なモテ仕草でしょう。でも、上目遣いは角度によっては「睨んでいる」「狙われている」という印象を与えてしまうようです。

 また、モテ仕草としてあまりに有名なため「モテ女子を意識しすぎ」「あざとい」と、思われてしまう可能性があるので注意が必要。

 ただ、背の高い男性が相手であったり、もともと背の低い女性であったり、また、身長差があまりなくても女性が座っていて男性が立って話しているなど、シチュエーションによっては、自然な上目遣い効果を得ることができます。どうしても上目遣いで攻めたいのであれば、自然に見える環境を作ってみると良いかもしれません。

6. 世間知らずな天然のフリ

「仕草」ではないですが、本当は知っているのに、分からないフリをしたり、天然のフリをするのも考えもの。「知らなーい!」と言えばなんでも許されるのは、10代後半〜20代前半まで。それから先は、ただの世間知らずだと思われてしまいます。

 大人は大人。モテ仕草の研究をする前に、知らないことがあれば「学ぶ姿勢」を身に付けることも人として大切でしょう。

7. 露出が多い

 直球型・肉食系の女性は、とにかく露出の多い服を着て男性へのアプローチをしたがります。でも、どんなにスタイルが良かったとしても、バストや脚元、二の腕など、肌を見せすぎるのは考えもの。過激な「エロ女子認定」をされてしまうのは困りますよね。

 数年前に「チラリズム」なんて言葉が流行りましたが、男性にとっては「見えそうで見えない」のが良いとのこと。でも、どこを見られても恥ずかしくないようなボディを保つことは、モテ女子としては大切な心がけかもしれませんが。

「モテ仕草」と「勘違いモテ仕草」は紙一重!

狙いすぎずに自然体でいることがモテの近道(写真:iStock)
狙いすぎずに自然体でいることがモテの近道 (写真:iStock)

 いかがでしょうか?「モテ仕草」だと信じてやってきたことが、意外にも「勘違いモテ仕草」だった……なんてこと、ありませんか? でも、この2つは紙一重。あざとさを見せずにさりげなく取り入れられる女性が、いわゆる「モテ女子」なのかも?

 でも、注意が必要なのは、女性の「モテ仕草」に騙されてきた世の男性たちは、そんなに何度も騙されてくれないということ。とくに、経験豊富な年上男性には、そんな目論見が透けて見えているはず。

 それよりも、眠たくてついしてしまった「あくびで潤んだ目」、段差で躓いてしまってから不可抗力の「ボディタッチ」など、計算できない「隙」の方がぐっとくることもあるのではないでしょうか。

 つまりは、モテ仕草を実践するくらいなら、好きな人の前で自然体でいられる技を身に付けたほうが、新時代のモテ女子になれると思うのです! ぜひ、自分なりのモテ仕草を研究してみてくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ