女性の勘違い“モテ仕草7選”…イタい!それ、バレてます!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-23 06:00
投稿日:2019-06-23 06:00
「この仕草をすればモテる!」と、話題の「モテ仕草」。あなたは鵜呑みにしていませんか? でも、実はその行動、男性に全部バレていて萎えさせている原因でもあるかも? そこで、やってはいけない勘違いモテ仕草を一挙公開! あなたは「勘違いモテ仕草」をしていませんか?

男性を遠ざける? 女性の勘違いモテ仕草7選!

正直ビミョー…(写真:iStock)
正直ビミョー… (写真:iStock)

 男性をキュンとさせる「モテ仕草特集」なんて、雑誌などでもよく特集されていますよね。だけど、なんでもかんでもやりすぎは禁物! そこで、注意が必要な「勘違いモテ仕草」を紹介します。

1. 髪をいじる・かきあげる

 王道モテ仕草でもある「髪いじり」ですが、意外なことに「勘違いモテ仕草」とも捉えられているようです。食事中などに髪をいじってばかりいると「不潔に見える」、かきあげると「うっとうしい」など、そんな意見もありました。

 でも、髪系でいうと、束ねる仕草&後れ毛は、今も昔も男性にとって人気のよう。狙い過ぎず、さりげなくアピールしてみると良いかもしれません。

2. 脚を組み替える

 女性が脚を組み替えると、男性の目が釘付けに……ドラマや映画でもそんなシーンが多々ありますよね。こんな「脚の組み替え」も、ポピュラーなモテ仕草として有名です。

 女性のすらっとした綺麗な脚は、確かに魅力的。でも、タイトスカートやミニスカートでそれをされてしまうと「目のやり場に困る」「いや、興味ないから!」なんて思う男性も多いよう。

 脚を斜めに揃えたり、膝をきちんとくっつけて座った方が清楚で魅力的な女性に映る、そんな声もありました。参考までに。

3. あからさまなボディタッチ

 モテ女子の代名詞でもある「ボディタッチ」。これも、やりすぎ禁物な勘違いモテ仕草の1つ。さりげなくなら可愛く見えるものの、あからさまに「触る!」という気持ちが前面に出ると、男性は引いてしまいます。

 がんばってアピールしたのに「男好き」なんて思われては元も子もありません。好きな男性にだけするのはもちろん、2人でいる時だけ、など、シーンを選んでチャレンジするようにしましょう。

4. とにかくあひる口

 数年前から女性の間で大ブームになった、口をちょっと尖らせて口角を上げる「あひる口」。モデルさんや芸能人の真似をして鏡の前で練習した、という方もきっといるはず。

 でも、このあひる口、そもそも最初から男性には不評な仕草なんだとか。そして、少し古い印象のため、「令和」になってまでもモテ仕草として残るのかは疑問です。

 写真を撮る時、反射的にそうなってしまう方もいるかもしれませんが、SNSなどに載せる写真が全てあひる口、なんてことがないように気を付けましょう。

5. やりすぎな上目遣い

「上目遣い」も、世の中の男性を虜にしてきた代表的なモテ仕草でしょう。でも、上目遣いは角度によっては「睨んでいる」「狙われている」という印象を与えてしまうようです。

 また、モテ仕草としてあまりに有名なため「モテ女子を意識しすぎ」「あざとい」と、思われてしまう可能性があるので注意が必要。

 ただ、背の高い男性が相手であったり、もともと背の低い女性であったり、また、身長差があまりなくても女性が座っていて男性が立って話しているなど、シチュエーションによっては、自然な上目遣い効果を得ることができます。どうしても上目遣いで攻めたいのであれば、自然に見える環境を作ってみると良いかもしれません。

6. 世間知らずな天然のフリ

「仕草」ではないですが、本当は知っているのに、分からないフリをしたり、天然のフリをするのも考えもの。「知らなーい!」と言えばなんでも許されるのは、10代後半〜20代前半まで。それから先は、ただの世間知らずだと思われてしまいます。

 大人は大人。モテ仕草の研究をする前に、知らないことがあれば「学ぶ姿勢」を身に付けることも人として大切でしょう。

7. 露出が多い

 直球型・肉食系の女性は、とにかく露出の多い服を着て男性へのアプローチをしたがります。でも、どんなにスタイルが良かったとしても、バストや脚元、二の腕など、肌を見せすぎるのは考えもの。過激な「エロ女子認定」をされてしまうのは困りますよね。

 数年前に「チラリズム」なんて言葉が流行りましたが、男性にとっては「見えそうで見えない」のが良いとのこと。でも、どこを見られても恥ずかしくないようなボディを保つことは、モテ女子としては大切な心がけかもしれませんが。

「モテ仕草」と「勘違いモテ仕草」は紙一重!

狙いすぎずに自然体でいることがモテの近道(写真:iStock)
狙いすぎずに自然体でいることがモテの近道 (写真:iStock)

 いかがでしょうか?「モテ仕草」だと信じてやってきたことが、意外にも「勘違いモテ仕草」だった……なんてこと、ありませんか? でも、この2つは紙一重。あざとさを見せずにさりげなく取り入れられる女性が、いわゆる「モテ女子」なのかも?

 でも、注意が必要なのは、女性の「モテ仕草」に騙されてきた世の男性たちは、そんなに何度も騙されてくれないということ。とくに、経験豊富な年上男性には、そんな目論見が透けて見えているはず。

 それよりも、眠たくてついしてしまった「あくびで潤んだ目」、段差で躓いてしまってから不可抗力の「ボディタッチ」など、計算できない「隙」の方がぐっとくることもあるのではないでしょうか。

 つまりは、モテ仕草を実践するくらいなら、好きな人の前で自然体でいられる技を身に付けたほうが、新時代のモテ女子になれると思うのです! ぜひ、自分なりのモテ仕草を研究してみてくださいね♪

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ