“飲み会でカシオレを頼むとモテる”は古い? 都市伝説を検証

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-19 06:00
投稿日:2019-04-19 06:00
「飲み会でカシオレを頼むとモテる」そんな、カシオレ神話を知っていますか?調べたら「カシオレは古い!時代はカルアミルクだ!」なんて、より珍妙な説もありましたが。真偽の程はさて置いておき、本当にカシオレはモテと関係しているのか、独自検証してみました。

カシオレ女子は本当にモテる?

モテるお酒ってあるの?(写真:iStock)
モテるお酒ってあるの? (写真:iStock)

 言わずと知れた「カシオレ=カシスオレンジ」。ほとんどの居酒屋メニューに載っていて、お酒に詳しくない方でも頼みやすいカクテルですね。

 そんな「カシオレ」を頼む女性は、同性から見ても確かになんだか可愛い!「お酒が苦手なのかな?」「ビール嫌いかな?」と、ついつい気になる男性心理も分からなくはありません。

 とはいえ、カシオレを頼んだからといってモテるの?と、考えてみます。

「カシオレ=女性の象徴」なんて思う男性が作った都市伝説

 数々の飲み会を思い返すと、確かにいますね。カシオレ女子好きな男性。独断と偏見ですが、40歳以上、気前が良い、ノリが良い、飲み会好き、お酒に酔うと絡みがち。なんというか「昔っぽい、そして妙にオレ様男性」が多いような気がします。

 可愛くカシオレを頼み、1杯目にして「酔っ払っちゃった」なんて言って欲しい。女性はお酒に弱くいてほしい。そんな感じなのですか?(と、聞きたい。)

 もしも、「カシオレ=女性の象徴」とでも思っている男性がいるのであれば、「女性=スカート」と思うくらいくだらなく。カシオレ神話は女性に理想を描く一昔前の男性が作った、都市伝説ではないかと思うのです。

でも、未だカシオレ神話を信じる女子もいる

 合コンに行った酒好きの友人が、「やっぱりカシオレだったかな」と。なんでも、日本酒を飲み続けた結果、潰れたらしく。彼女に関しては、アルコール度数の低いものを頼めばよかったかな、という意味合いだと思いますが。

 でも、一緒に行った女子達は、やっぱりカシオレなど甘いカクテルを頼んでいたそう。時代は変わっても、カシオレ神話を気に留める女性は未だいるのかもしれません。

 でも、なんとなくですが、今、筆者の周りの素敵女子はカシオレよりサングリアやフルーツ入りの果実酒を頼んでいる気がします。ごろっとしたフルーツがキモなのでしょうか。どちらにせよ、やっぱりおしゃれで女子力高い感じはしますね。

お酒とモテるを絡ませるなんて、お酒に失礼

 カシオレのようなカクテルは、必ずしも全ての料理に合うというわけではありませんが、ジュースのように飲みやすく、渋めのお酒が苦手な方、アルコールに弱い方にとっては嬉しい存在なんですよね。

 結局のところ、お酒なんてその日の気分で好きなものを自分のペースで頼めば良いと思うのです。モテと絡ませるなんて、お酒に失礼!(ウィスキーをロックで頼み、明らかに男性に引かれる筆者の言い訳として。)

【結論】「カシオレ女子好きな男性は古い」で良いですか?

好きなお酒を好きなペースで飲むのが一番(写真:iStock)
好きなお酒を好きなペースで飲むのが一番 (写真:iStock)

 数年前、バーのカウンターで1人で飲んでいたら「あちらのお客様から」と、カシスオレンジが届きました。見ると、色黒で50〜60代くらいの男性が。

 どうしたかというと、丁重にお断りしました。だって、甘いお酒な気分ではなかったですし、見知らぬ方におごってもらう理由はないですし。

 とはいえ、後にも先にも「あちらの〜」は1回だけ。ウィスキーだったらいただいたかもなぁ。そんなことを思い出しつつ、でも、どちらにせよこの時代に「あちらのお客様から」はないですよね。

 つまりは、「カシオレ好きな男性は古い」、そして、「そこに合わせる必要はない」と結論を出して良いかと思うのですが、どうでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表の筆者にとって、今回のテーマはごく当たり前のことなの...
山崎世美子 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
「別れても元彼のことで頭がいっぱい......」「忘れられない……」など、辛い未練に苦しんだ経験がある女性も多いのではな...
恋バナ調査隊 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
 女性なら誰もが「素敵な恋愛をしたい」と、願っているでしょう。しかし、実際には仕事やプライベートが忙しく、恋愛に消極的に...
恋バナ調査隊 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 先月、「東大女子」を議題にある話題が世間を騒がせました。東京大学のサークルの中で、東大女子はサークル入部ができない「#...
ミクニシオリ 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ