“飲み会でカシオレを頼むとモテる”は古い? 都市伝説を検証

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-19 06:00
投稿日:2019-04-19 06:00
「飲み会でカシオレを頼むとモテる」そんな、カシオレ神話を知っていますか?調べたら「カシオレは古い!時代はカルアミルクだ!」なんて、より珍妙な説もありましたが。真偽の程はさて置いておき、本当にカシオレはモテと関係しているのか、独自検証してみました。

カシオレ女子は本当にモテる?

モテるお酒ってあるの?(写真:iStock)
モテるお酒ってあるの? (写真:iStock)

 言わずと知れた「カシオレ=カシスオレンジ」。ほとんどの居酒屋メニューに載っていて、お酒に詳しくない方でも頼みやすいカクテルですね。

 そんな「カシオレ」を頼む女性は、同性から見ても確かになんだか可愛い!「お酒が苦手なのかな?」「ビール嫌いかな?」と、ついつい気になる男性心理も分からなくはありません。

 とはいえ、カシオレを頼んだからといってモテるの?と、考えてみます。

「カシオレ=女性の象徴」なんて思う男性が作った都市伝説

 数々の飲み会を思い返すと、確かにいますね。カシオレ女子好きな男性。独断と偏見ですが、40歳以上、気前が良い、ノリが良い、飲み会好き、お酒に酔うと絡みがち。なんというか「昔っぽい、そして妙にオレ様男性」が多いような気がします。

 可愛くカシオレを頼み、1杯目にして「酔っ払っちゃった」なんて言って欲しい。女性はお酒に弱くいてほしい。そんな感じなのですか?(と、聞きたい。)

 もしも、「カシオレ=女性の象徴」とでも思っている男性がいるのであれば、「女性=スカート」と思うくらいくだらなく。カシオレ神話は女性に理想を描く一昔前の男性が作った、都市伝説ではないかと思うのです。

でも、未だカシオレ神話を信じる女子もいる

 合コンに行った酒好きの友人が、「やっぱりカシオレだったかな」と。なんでも、日本酒を飲み続けた結果、潰れたらしく。彼女に関しては、アルコール度数の低いものを頼めばよかったかな、という意味合いだと思いますが。

 でも、一緒に行った女子達は、やっぱりカシオレなど甘いカクテルを頼んでいたそう。時代は変わっても、カシオレ神話を気に留める女性は未だいるのかもしれません。

 でも、なんとなくですが、今、筆者の周りの素敵女子はカシオレよりサングリアやフルーツ入りの果実酒を頼んでいる気がします。ごろっとしたフルーツがキモなのでしょうか。どちらにせよ、やっぱりおしゃれで女子力高い感じはしますね。

お酒とモテるを絡ませるなんて、お酒に失礼

 カシオレのようなカクテルは、必ずしも全ての料理に合うというわけではありませんが、ジュースのように飲みやすく、渋めのお酒が苦手な方、アルコールに弱い方にとっては嬉しい存在なんですよね。

 結局のところ、お酒なんてその日の気分で好きなものを自分のペースで頼めば良いと思うのです。モテと絡ませるなんて、お酒に失礼!(ウィスキーをロックで頼み、明らかに男性に引かれる筆者の言い訳として。)

【結論】「カシオレ女子好きな男性は古い」で良いですか?

好きなお酒を好きなペースで飲むのが一番(写真:iStock)
好きなお酒を好きなペースで飲むのが一番 (写真:iStock)

 数年前、バーのカウンターで1人で飲んでいたら「あちらのお客様から」と、カシスオレンジが届きました。見ると、色黒で50〜60代くらいの男性が。

 どうしたかというと、丁重にお断りしました。だって、甘いお酒な気分ではなかったですし、見知らぬ方におごってもらう理由はないですし。

 とはいえ、後にも先にも「あちらの〜」は1回だけ。ウィスキーだったらいただいたかもなぁ。そんなことを思い出しつつ、でも、どちらにせよこの時代に「あちらのお客様から」はないですよね。

 つまりは、「カシオレ好きな男性は古い」、そして、「そこに合わせる必要はない」と結論を出して良いかと思うのですが、どうでしょうか。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ