“飲み会でカシオレを頼むとモテる”は古い? 都市伝説を検証

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-19 06:00
投稿日:2019-04-19 06:00
「飲み会でカシオレを頼むとモテる」そんな、カシオレ神話を知っていますか?調べたら「カシオレは古い!時代はカルアミルクだ!」なんて、より珍妙な説もありましたが。真偽の程はさて置いておき、本当にカシオレはモテと関係しているのか、独自検証してみました。

カシオレ女子は本当にモテる?

モテるお酒ってあるの?(写真:iStock)
モテるお酒ってあるの? (写真:iStock)

 言わずと知れた「カシオレ=カシスオレンジ」。ほとんどの居酒屋メニューに載っていて、お酒に詳しくない方でも頼みやすいカクテルですね。

 そんな「カシオレ」を頼む女性は、同性から見ても確かになんだか可愛い!「お酒が苦手なのかな?」「ビール嫌いかな?」と、ついつい気になる男性心理も分からなくはありません。

 とはいえ、カシオレを頼んだからといってモテるの?と、考えてみます。

「カシオレ=女性の象徴」なんて思う男性が作った都市伝説

 数々の飲み会を思い返すと、確かにいますね。カシオレ女子好きな男性。独断と偏見ですが、40歳以上、気前が良い、ノリが良い、飲み会好き、お酒に酔うと絡みがち。なんというか「昔っぽい、そして妙にオレ様男性」が多いような気がします。

 可愛くカシオレを頼み、1杯目にして「酔っ払っちゃった」なんて言って欲しい。女性はお酒に弱くいてほしい。そんな感じなのですか?(と、聞きたい。)

 もしも、「カシオレ=女性の象徴」とでも思っている男性がいるのであれば、「女性=スカート」と思うくらいくだらなく。カシオレ神話は女性に理想を描く一昔前の男性が作った、都市伝説ではないかと思うのです。

でも、未だカシオレ神話を信じる女子もいる

 合コンに行った酒好きの友人が、「やっぱりカシオレだったかな」と。なんでも、日本酒を飲み続けた結果、潰れたらしく。彼女に関しては、アルコール度数の低いものを頼めばよかったかな、という意味合いだと思いますが。

 でも、一緒に行った女子達は、やっぱりカシオレなど甘いカクテルを頼んでいたそう。時代は変わっても、カシオレ神話を気に留める女性は未だいるのかもしれません。

 でも、なんとなくですが、今、筆者の周りの素敵女子はカシオレよりサングリアやフルーツ入りの果実酒を頼んでいる気がします。ごろっとしたフルーツがキモなのでしょうか。どちらにせよ、やっぱりおしゃれで女子力高い感じはしますね。

お酒とモテるを絡ませるなんて、お酒に失礼

 カシオレのようなカクテルは、必ずしも全ての料理に合うというわけではありませんが、ジュースのように飲みやすく、渋めのお酒が苦手な方、アルコールに弱い方にとっては嬉しい存在なんですよね。

 結局のところ、お酒なんてその日の気分で好きなものを自分のペースで頼めば良いと思うのです。モテと絡ませるなんて、お酒に失礼!(ウィスキーをロックで頼み、明らかに男性に引かれる筆者の言い訳として。)

【結論】「カシオレ女子好きな男性は古い」で良いですか?

好きなお酒を好きなペースで飲むのが一番(写真:iStock)
好きなお酒を好きなペースで飲むのが一番 (写真:iStock)

 数年前、バーのカウンターで1人で飲んでいたら「あちらのお客様から」と、カシスオレンジが届きました。見ると、色黒で50〜60代くらいの男性が。

 どうしたかというと、丁重にお断りしました。だって、甘いお酒な気分ではなかったですし、見知らぬ方におごってもらう理由はないですし。

 とはいえ、後にも先にも「あちらの〜」は1回だけ。ウィスキーだったらいただいたかもなぁ。そんなことを思い出しつつ、でも、どちらにせよこの時代に「あちらのお客様から」はないですよね。

 つまりは、「カシオレ好きな男性は古い」、そして、「そこに合わせる必要はない」と結論を出して良いかと思うのですが、どうでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ