ウソや暴力ではない夫の異常な態度…志穂さんのケース#2

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:02
投稿日:2019-08-02 06:00
 シンデレラストーリーそのものの新婚家庭で露見した、夫・勇太さんの不倫。普通、不倫が発覚した夫はとっさにどんな行動を取るでしょうか? 嘘や言いわけで誤魔化したり、開き直って逆ギレしたり、オドオドして妻の顔色を伺ったりするのではないでしょうか? しかし、志穂さんの夫はそのどれでもなかったのです。女からのLINE通知を目の当たりにした志穂さんに、彼は平気で話しかけてきました。

罪悪感ゼロの夫の態度に言葉を失い呆然とするしかなかった

夫と目を合わせて話すことができない(写真:iStock)
夫と目を合わせて話すことができない (写真:iStock)

ショックの妻を置いて寝てしまった夫

「どうしたんだよ?」

「勇太さん……それ、何……?」

「何なんだろな? こいつ、バカなんだよ」

 
 こいつって誰……? どういう関係……? 不倫相手だとしても、どうして平然と“バカ”なんて言えるの……? 普通は妻に対して言いわけとかするんじゃない……?

 女性からのわいせつなLINE通知を妻が読んでしまったというのに、勇太さんの態度はまるで他人事です。

 質問したいことがたくさんあるのに、しれっとした態度に驚いて、言葉が出てきません。勇太さんは顔色一つ変えず、何事もなかったようにシャワーを浴び、いつものようにビールを飲んで「おやすみ!」と寝てしまいました。

「口の中に鉛を流しこまれたような気がしました。何か言わなくちゃ、と思うのに言葉が組み立てられないんです」

 翌朝以降も、あまりにも夫が平然としているので、女からのLINE通知は自分の妄想だったのではないか、とさえ思いました。

不倫の証拠はあるのに問いただせない!

 もちろん妄想でも幻覚でもありません。悩む志穂さんの心に気づいているのかいないのか、その後も勇太さんは平気で志穂さんの目の前にスマホを置きっぱなしにしました。

「見てはいけない、と思うのに通知音が鳴ると見てしまいます。すると、甘ったるくて卑猥な言葉が……。勇太さんに問いただそうと思うと、声が出ないのです。自分のほうが悪いことをしているみたいに、夫と目を合わせて話すことができなくなっていきました」

 悩んだ志穂さんは、結婚式にも来てくれたライター仲間の友人に話しました。

「そんなことする人には見えなかったのに、ひどいね! 絶対DV予備軍だと思うから、慰謝料もらって、早く別れた方がいいと思うよ?」

友人にさえ理解してもらえない絶望感

 心配してくれるのはうれしいけれど、勇太さんが暴れるとか手を出すとか、そういうことはあり得ない、問題はそういうことじゃないのに……と志穂さんは思いました。

「不倫がバレているのに、他人事みたいに無感情な夫といることが苦痛だったんです。でも、それを友人にわかってもらうのは無理でした。誰だって、そんな人を見たことないと思いますから……」

 当の勇太さんは朝帰りの回数が増えていきました。この人と結婚したのは間違いだった、と志穂さんは思うようになります。夫と話し合わなければと思いながら、取りつく島もないまま時間が過ぎていきました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ