ウソや暴力ではない夫の異常な態度…志穂さんのケース#2

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:02
投稿日:2019-08-02 06:00
 シンデレラストーリーそのものの新婚家庭で露見した、夫・勇太さんの不倫。普通、不倫が発覚した夫はとっさにどんな行動を取るでしょうか? 嘘や言いわけで誤魔化したり、開き直って逆ギレしたり、オドオドして妻の顔色を伺ったりするのではないでしょうか? しかし、志穂さんの夫はそのどれでもなかったのです。女からのLINE通知を目の当たりにした志穂さんに、彼は平気で話しかけてきました。

罪悪感ゼロの夫の態度に言葉を失い呆然とするしかなかった

夫と目を合わせて話すことができない(写真:iStock)
夫と目を合わせて話すことができない (写真:iStock)

ショックの妻を置いて寝てしまった夫

「どうしたんだよ?」

「勇太さん……それ、何……?」

「何なんだろな? こいつ、バカなんだよ」

 
 こいつって誰……? どういう関係……? 不倫相手だとしても、どうして平然と“バカ”なんて言えるの……? 普通は妻に対して言いわけとかするんじゃない……?

 女性からのわいせつなLINE通知を妻が読んでしまったというのに、勇太さんの態度はまるで他人事です。

 質問したいことがたくさんあるのに、しれっとした態度に驚いて、言葉が出てきません。勇太さんは顔色一つ変えず、何事もなかったようにシャワーを浴び、いつものようにビールを飲んで「おやすみ!」と寝てしまいました。

「口の中に鉛を流しこまれたような気がしました。何か言わなくちゃ、と思うのに言葉が組み立てられないんです」

 翌朝以降も、あまりにも夫が平然としているので、女からのLINE通知は自分の妄想だったのではないか、とさえ思いました。

不倫の証拠はあるのに問いただせない!

 もちろん妄想でも幻覚でもありません。悩む志穂さんの心に気づいているのかいないのか、その後も勇太さんは平気で志穂さんの目の前にスマホを置きっぱなしにしました。

「見てはいけない、と思うのに通知音が鳴ると見てしまいます。すると、甘ったるくて卑猥な言葉が……。勇太さんに問いただそうと思うと、声が出ないのです。自分のほうが悪いことをしているみたいに、夫と目を合わせて話すことができなくなっていきました」

 悩んだ志穂さんは、結婚式にも来てくれたライター仲間の友人に話しました。

「そんなことする人には見えなかったのに、ひどいね! 絶対DV予備軍だと思うから、慰謝料もらって、早く別れた方がいいと思うよ?」

友人にさえ理解してもらえない絶望感

 心配してくれるのはうれしいけれど、勇太さんが暴れるとか手を出すとか、そういうことはあり得ない、問題はそういうことじゃないのに……と志穂さんは思いました。

「不倫がバレているのに、他人事みたいに無感情な夫といることが苦痛だったんです。でも、それを友人にわかってもらうのは無理でした。誰だって、そんな人を見たことないと思いますから……」

 当の勇太さんは朝帰りの回数が増えていきました。この人と結婚したのは間違いだった、と志穂さんは思うようになります。夫と話し合わなければと思いながら、取りつく島もないまま時間が過ぎていきました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ