友達の幸せを心から素直に喜べない「女性あるある」の解決策

神崎メリ 恋愛コラムニスト
更新日:2019-06-23 06:00
投稿日:2019-06-23 06:00
 電子書籍も含めて、発売たちまち6万部突破のベストセラー『魔法の「メス力」』(KADOKAWA)の著者で恋愛コラムニストの神崎メリさんが、毎回、人にはなかなか相談できない恋愛のあれやこれやのお悩みに手厚く、そして、ズバッとお答えします。今回は恋愛にちょぴり不器用で真面目だからこその「女の子あるある」にまつわるお話です。

Q1.交際歴3カ月の親友が“電撃プロポーズ”されました

大好きだからこそ…(写真:iStock)
大好きだからこそ… (写真:iStock)

 私は昨年、4年近く付き合っていた8歳年上の彼に「俺じゃ幸せにできない」と言われ振られました。

 自分の人生を捧げてもいいと思ってた人にバッサリと振られ、毎日どん底でしたが、8カ月が経ち、ようやく少し前を向いていけるようになってきました。

 そんな時、親友が付き合って3カ月の彼氏から「プロポーズされた」と報告されたのです。

 失恋から少し立ち直ってきたところで、思いもよらない親友の幸せな報告……。

 なんでも話せて信頼してる友人だけに喜んであげたいのに手放しで喜べない自分が悔しいです。そして、私自身、男の人を紹介してもらっても、なかなか好きな人に巡り会うことができない……。

 両方の気持ちに苛まれ、つらくて、つらくて。

 私、次の恋愛できるのでしょうか。アドバイスをぜひもらえれば嬉しいです。(未婚♀・かおり)

A1.今の気持ちを丁寧に親友に伝えてみよう

時間が解決してくれる(写真:iStock)
時間が解決してくれる (写真:iStock)

かおりさん、初めまして! 神崎メリです。

親しい友人におめでたいことがあったとき、自分の状況が上手くいってなくて手放しで喜べないのは女の友情あるあるだと思います。

私自身、婚約報告をしたときに友人からと~っても意地悪な返しをされて友情にヒビが入ってしまったことがありますし、私の周りの既婚女性の中でもわりとよく聞く話です。

でもその人たちとかおりさんの違いは、自責の念にかられているところ。

本当は親友のおめでたい話に心から喜んであげたいのに、自分を責めて苦しんでいる……。きっと優しくて友達思いの方なんだなぁと感じました。

親友さんには、素直にいまの自分の気持ちを話してみてはいかがでしょうか?

「貴女の幸せを喜んであげたいのに、自分はいま余裕がなくてモヤモヤしてしまう。貴女とこれからも長く付き合いたいからこそ、少しだけ時間が欲しい」

しっかりと絆のある関係なら、わかってくれると思いますよ!

★恋になんてそうカンタンに落ちないもの

そして出会いについてですが……。

実はみ〜んな一緒! 
ピンとくる男性なんてそうそういないもの!!
恋に落ちることのできないジレンマを抱え、

出会いを繰り返しているのです。

「いい人だけど……いい人なんだ・け・ど(!)……キスとか無理(泣)」

「あ〜この言い回しする男、生理的に無理なタイプ〜」

男性と出会ってもこんな風にガックリとくることばかりではないですか?
そんなものなんですよ。

私にだってそういう時代がありました。
やっといいなと思える人と巡り合ったと思ったのに、

うわっ! 
おクズ様じゃん!
デートした時間カエセ!

ってイライラしたりして(笑)

だから焦る必要はないですし、
性格のいい貴女ならきっと巡り合えますよ!

コツコツ出会いを求めながら、
疲れたら休憩してマイペースにいきましょうね。

Q2.好きな人に恋人の存在が発覚…でも諦められません

ど本命ですか(写真:iStock)
ど本命ですか (写真:iStock)

 好きな人には現在、遠距離の恋人がいます。

 彼の優しいところや気の利くところ、仕事に一生懸命なところ、話していて気持ちが落ち着くところ、価値観が似ているところ……理由を挙げたらキリがないぐらい彼にどんどん惹かれ、一緒に幸せになりたいと思うようになった矢先、彼女がいることが分かりました。

 最初は諦めようと思ったのですが、どうしても諦めきれず、パートナーになりたいと強く思っています。

 向こうも優しい言葉をかけてくれ、その度に心が惹かれます。アピール方法や彼を振り向かせるメス力があれば教えてください。よろしくお願いします。(25歳未婚♀・あうちゃん)

Q2.その優しさは「ニセモノ」と気づいて!

(C)コクハク
(C)コクハク

あうちゃんさん、初めまして! 神崎メリです。

いやいやいやいや……
その彼は貴女のことも彼女のことも誰のことも幸せにする気のない無責任な男性ですよ!
甘い言葉ひとつで腰が振れたらラッキー☆

と女性を甘っチョロく見ていますよ!

あうちゃんさんに対して優しくふるまえるのは、
彼女という存在がいるからなんです。

そしてきっとこの彼女とは長い付き合いで、実はすでに結婚が決まっているのではないでしょうか?

非日常的な遠距離恋愛がゆえ身近にいる貴女に新鮮さを求め、いい感じにカッコつけてる自分に酔ってるだけだと思いますよ。

★一発逆転狙いなら「誇り高い女」であれ!

それでもどうしてもセフレやセカンド関係から昇格したいのであれば、

「やっぱり彼女がいる人とはこういう関係はイヤなの。連絡取るの止めよ?」

と、女のプライドを見せること。

なぜなら、いまのまま関係をズルズルと続けると、

(この子はこういう扱いにも甘んじる安い子なんだなぁ〜)


と、貴女のことを下に見てしまうからです。

男性は理不尽に扱ってもそれを受け入れる女性に対して、ナメてしまう習性があるのです(辛口でごめんね)。

理不尽な扱いには毅然とした対応をする女性だけが、男性の目に特別な存在として映り、

〈手放したら後悔するかも!?〉と思わせることができるのですよ!

もしそれでも追って来なければ、はじめから100%遊びということ!

貴女に1ミクロンもふさわしくない男性なので、頑張って気持ちの整理をつけてくださいね。

貴女しか見えない「ど本命」と巡り合ったときに心の底から、「口八丁手八丁のしょ〜もない男だったわ」と笑えますからね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 皆さんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、婚活女性や結婚したいけど婚活に踏み切れない女性...
山本早織 2020-02-18 06:00 ラブ
FILM
 例年の恐怖であるインフルエンザだけでなく、新型コロナウィルスも脅威となっている今は、しっかりとした感染症対策が求められ...
並木まき 2020-02-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に彼氏に浮気された経験はありますか? 一度でもそのような経験があると、恋愛に奥手になってしまうもの。トラウ...
恋バナ調査隊 2020-02-17 06:00 ラブ
FILM
「性欲が強いか弱いかは、付き合ってみないと分からない」と、そんな風に思っていませんか?実は性欲が強い男女には、共通した特...
FILM
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持ってい...
七海 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 スマホを開くたびに目に入る「不倫」をテーマにしたレディコミの広告。世の中の多くの人が、それらの問題に悩んでいるというこ...
ミクニシオリ 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。文春砲によって不倫が暴露された俳優の東出昌大さん(31)は、妻子が住む自宅を...
山崎世美子 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 雑談が致命的につまらない夫との会話では、ストレスを感じる妻も少なくないみたいです。それをきっかけに、夫婦のコミュニケー...
並木まき 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 身長差のバランスが取れたカップルは、まわりから見てもとてもスタイリッシュに映るため、憧れの気持ちを抱く方も多いでしょう...
恋バナ調査隊 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 ドライブデートというと、狭い車内で2人きり……。男性から誘われたら、ドキドキしますよね。しかも、相手が気になる男性なら...
恋バナ調査隊 2020-02-14 06:00 ラブ
FILM
 今年は暖冬だなあ、なんて思っていたら、あっという間にすぐそこまで春がやってきています。春といえば桜の季節、別れの季節、...
ミクニシオリ 2020-02-14 06:05 ラブ
FILM
 最近の若い男性は、筋トレに励む人がとても増えています。もちろん筋トレしてモテたいという気持ちは大きいのでしょうけれど、...
内藤みか 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にし...
リタ・トーコ 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
 男女共にモテる人の共通点といえば「一途さ」。特に一途な女性は、男性陣が手に入れたいと思うポイントをたくさん持っているん...
恋バナ調査隊 2020-02-12 14:03 ラブ
FILM
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2020-02-12 06:00 ラブ
FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-11 06:00 ラブ