新婚なのにケンカが絶えない 悩める夫婦が試すべき3つのこと

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-06-30 06:00
投稿日:2019-06-30 06:00
 新婚といえば、甘いラブラブな雰囲気を想像する人も多いはず。しかし、これまで違った環境で過ごしてきた男女が、一つ屋根の下で過ごすことによって生じるさまざまトラブルも付きものです。すれ違いを繰り返すことで、新婚なのに喧嘩しがちなことも。新婚時代に喧嘩してしまったカップルのエピソードと、喧嘩しないために試すべき3つの秘策についてご紹介しましょう。

新婚なのに喧嘩してしまう夫婦のエピソード

ちょっとした習慣の違いから喧嘩に(写真:iStock)
ちょっとした習慣の違いから喧嘩に (写真:iStock)

 新婚時代に喧嘩を繰り返していたという3組のカップルのエピソードをご紹介します。

すれ違い生活が続いて…

「結婚する前から、私たちカップルは忙しさからデートの時間もあまり取れなかったんです。だから、結婚すればちょっとの時間でも顔を合わせられるし大丈夫、と思っていました。でも実際に結婚しても相変わらず忙しく、結婚生活による環境の変化にも動揺してしまって。顔を合わせても、少ない時間で何を優先して話すべきか分からないし……。新婚時代はラブラブなはずなのに、よく喧嘩してました」(K子さん・35歳女性)

ちょっとした習慣の違いが喧嘩に

「お皿洗いの時に、主人が水を出しっぱなしにするのが許せなかったんですよね。あと、私はニットは絶対に手洗いって決めているのにも関わらず、洗濯ネットに入れてドライモードで洗濯されたりとか。天気がいい日は私は外に干したかったり。そういう些細なことでよく小言をいい、主人も“やってあげてるのに”って喧嘩になっていました。今思うと、とっても些細なことなのですが(笑)」(E利さん・28歳女性)

家事の分担に困った意見も

「新婚生活の時って、デートの時のような二人を想像しがちじゃないですか。仕事から疲れて、二人で肩を並べてテレビ見てという穏やかな感じ。でも実際は、疲れ果てた双方が、家事をどっちがやるかで、めまぐるしいバトルが繰り広げられたりする。家事については“女がやるものでしょ?”という主人に、私も食ってかかるなど、お互い新婚という新生活に手いっぱいで、ゆっくり話すどころじゃなかったですよ」(M美さん・29歳女性)

新婚なのに喧嘩してしまう夫婦が試すべき3つのこと

まずは落ち着いて自分の意見を伝える(写真:iStock)
まずは落ち着いて自分の意見を伝える (写真:iStock)

 新婚であれば、多くの女性が「喧嘩したくないな」と感じるはず。新婚生活をできるだけ喧嘩しないで、ラブラブに乗り切る方法を3つお伝えしましょう。

結論から述べる

 新婚生活は、思い描いていた生活と違い、忙しいものだと気づくものです。これまで二人はデートの時間を、お互いの余暇の時間を使ってしていました。だからこそ、相手の話も熱心に聞くことができましたよね。大概のデートでは、楽しいスポットに行くカップルも多かったのでは?

 そんな二人が結婚した時に起こる違和感の根本には、時間のなさが関係していることが多いです。また「明日も顔を合わせるだろう」という安心感から、伝えることを控えてしまうカップルも多くいます。時間がない中でも、他人と暮らすからこそ意思疎通は十分に行うべきです。

 時間がない時は、まず結論から述べて、相手のこと意見を聞いてから自分の意見を述べるようにすると、短時間で話し合いが成立します。

最初からうまくいく夫婦はいない

 世間では連日、芸能人の不倫や離婚が持ちきりになっています。他人と生活することを選ぶ結婚では、こうした可能性も否定しきれません。一度、結婚したからとはいえ上手くいくとも限らないのに、多くのカップルが「自分たちは大丈夫」と結婚を決意します。それがなければ結婚に至らないのですから、大事な決意でしょう。

 ただ一つ、筆者がいえることは“最初から上手くいく夫婦は存在しない”ということです。期待した以上は、そのぶん見返りがほしいのが人間というもの。「自分たちは大丈夫」という、過信のしすぎはよくありません。「色々なことがあるけど、時間をかけてゆっくり解決しよう」と思っている新婚カップルの方が喧嘩しないものなのです。

自分の意見と相手の意見を分ける

 夫婦になったのですから、一つの目標に向かって足並みを揃えたいところでしょう。そのような考えの中で、相手の意見と自分の意見が食い違うことに違和感を覚え始めます。どうしても、妻サイドか夫サイドのどちらかに意見をまとめようとしがちです。

 喧嘩の多くは、相手のことを理解したかったり、自分の意見を言いたいところから発生します。いわば、“自分の意見を相手に知ってもらえればOK”です。夫婦になってしまうと、なぜかこの喧嘩の結論をどちらかの妥協のもと、一つにまとめようとします。「あなたはこう思うのね。私はこう思ったんだ」と穏やかに話すことができません。

 自分の意見と相手の意見が、どんな喧嘩をしようが結論に至らない時は“グレーもあり”ということを覚えておきましょう。

新婚生活は現実をみる瞬間でもある

お互いを思いやって幸せな結婚生活を(写真:iStock)
お互いを思いやって幸せな結婚生活を (写真:iStock)

 新婚生活は、二人きりの甘く穏やかな時間が流れると思いがちです。恋人の時は、お互いに時間を合わせてデートしていた、という自覚がないカップルが多いのです。そのために「こんなはずでは……」という事態に陥ってしまいます。

 結婚生活は、現実的にいえば“他人と生活を共にすること”です。過剰な期待は相手の重荷になってしまうことは念頭に置いておくようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ