新婚なのにケンカが絶えない 悩める夫婦が試すべき3つのこと

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-06-30 06:00
投稿日:2019-06-30 06:00
 新婚といえば、甘いラブラブな雰囲気を想像する人も多いはず。しかし、これまで違った環境で過ごしてきた男女が、一つ屋根の下で過ごすことによって生じるさまざまトラブルも付きものです。すれ違いを繰り返すことで、新婚なのに喧嘩しがちなことも。新婚時代に喧嘩してしまったカップルのエピソードと、喧嘩しないために試すべき3つの秘策についてご紹介しましょう。

新婚なのに喧嘩してしまう夫婦のエピソード

 新婚時代に喧嘩を繰り返していたという3組のカップルのエピソードをご紹介します。

すれ違い生活が続いて…

「結婚する前から、私たちカップルは忙しさからデートの時間もあまり取れなかったんです。だから、結婚すればちょっとの時間でも顔を合わせられるし大丈夫、と思っていました。でも実際に結婚しても相変わらず忙しく、結婚生活による環境の変化にも動揺してしまって。顔を合わせても、少ない時間で何を優先して話すべきか分からないし……。新婚時代はラブラブなはずなのに、よく喧嘩してました」(K子さん・35歳女性)

ちょっとした習慣の違いが喧嘩に

「お皿洗いの時に、主人が水を出しっぱなしにするのが許せなかったんですよね。あと、私はニットは絶対に手洗いって決めているのにも関わらず、洗濯ネットに入れてドライモードで洗濯されたりとか。天気がいい日は私は外に干したかったり。そういう些細なことでよく小言をいい、主人も“やってあげてるのに”って喧嘩になっていました。今思うと、とっても些細なことなのですが(笑)」(E利さん・28歳女性)

家事の分担に困った意見も

「新婚生活の時って、デートの時のような二人を想像しがちじゃないですか。仕事から疲れて、二人で肩を並べてテレビ見てという穏やかな感じ。でも実際は、疲れ果てた双方が、家事をどっちがやるかで、めまぐるしいバトルが繰り広げられたりする。家事については“女がやるものでしょ?”という主人に、私も食ってかかるなど、お互い新婚という新生活に手いっぱいで、ゆっくり話すどころじゃなかったですよ」(M美さん・29歳女性)

新婚なのに喧嘩してしまう夫婦が試すべき3つのこと

 新婚であれば、多くの女性が「喧嘩したくないな」と感じるはず。新婚生活をできるだけ喧嘩しないで、ラブラブに乗り切る方法を3つお伝えしましょう。

結論から述べる

 新婚生活は、思い描いていた生活と違い、忙しいものだと気づくものです。これまで二人はデートの時間を、お互いの余暇の時間を使ってしていました。だからこそ、相手の話も熱心に聞くことができましたよね。大概のデートでは、楽しいスポットに行くカップルも多かったのでは?

 そんな二人が結婚した時に起こる違和感の根本には、時間のなさが関係していることが多いです。また「明日も顔を合わせるだろう」という安心感から、伝えることを控えてしまうカップルも多くいます。時間がない中でも、他人と暮らすからこそ意思疎通は十分に行うべきです。

 時間がない時は、まず結論から述べて、相手のこと意見を聞いてから自分の意見を述べるようにすると、短時間で話し合いが成立します。

最初からうまくいく夫婦はいない

 世間では連日、芸能人の不倫や離婚が持ちきりになっています。他人と生活することを選ぶ結婚では、こうした可能性も否定しきれません。一度、結婚したからとはいえ上手くいくとも限らないのに、多くのカップルが「自分たちは大丈夫」と結婚を決意します。それがなければ結婚に至らないのですから、大事な決意でしょう。

 ただ一つ、筆者がいえることは“最初から上手くいく夫婦は存在しない”ということです。期待した以上は、そのぶん見返りがほしいのが人間というもの。「自分たちは大丈夫」という、過信のしすぎはよくありません。「色々なことがあるけど、時間をかけてゆっくり解決しよう」と思っている新婚カップルの方が喧嘩しないものなのです。

自分の意見と相手の意見を分ける

 夫婦になったのですから、一つの目標に向かって足並みを揃えたいところでしょう。そのような考えの中で、相手の意見と自分の意見が食い違うことに違和感を覚え始めます。どうしても、妻サイドか夫サイドのどちらかに意見をまとめようとしがちです。

 喧嘩の多くは、相手のことを理解したかったり、自分の意見を言いたいところから発生します。いわば、“自分の意見を相手に知ってもらえればOK”です。夫婦になってしまうと、なぜかこの喧嘩の結論をどちらかの妥協のもと、一つにまとめようとします。「あなたはこう思うのね。私はこう思ったんだ」と穏やかに話すことができません。

 自分の意見と相手の意見が、どんな喧嘩をしようが結論に至らない時は“グレーもあり”ということを覚えておきましょう。

新婚生活は現実をみる瞬間でもある

 新婚生活は、二人きりの甘く穏やかな時間が流れると思いがちです。恋人の時は、お互いに時間を合わせてデートしていた、という自覚がないカップルが多いのです。そのために「こんなはずでは……」という事態に陥ってしまいます。

 結婚生活は、現実的にいえば“他人と生活を共にすること”です。過剰な期待は相手の重荷になってしまうことは念頭に置いておくようにしましょう。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ