あなたの友達はDVやモラハラの被害者かも…意外なSOSサイン

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-03 06:00
投稿日:2019-06-03 06:00
 夫からDVやモラハラの被害に遭っている女性ほど、周囲に出しがちなサインもあります。
 しかし一見すると、そうとは気づきにくいものもあるので「あの人、変わってる」なんて思われてしまっている女性も。
 元市議であり、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな周囲が気づいてあげたいサインを3選ご紹介します。

1:家庭内で言えばいい文句や不満を人前で言う

その言動、SOSサインかも(写真:iStock)
その言動、SOSサインかも (写真:iStock)

 食事会や飲み会など、複数人で会っている場で、妻が人前で夫に文句や不満を口にするとき、多くの人は「空気の読めない奥さん」「強い奥さんだなぁ。恐妻ってやつ?」なんて目で見てしまいがち。

 しかし、DVやモラハラに遭っている女性には、“人前以外で文句を言うと被害に遭う”という意識があることも。つまり、あえて人前で夫に不満を告げている可能性もゼロではないのです。

 DVやモラハラをする男には、人前では“いい人ヅラ”するタイプも多いので、人前であれば、被害に遭わない安堵感からの行動かもしれないと、周囲が察してあげたいところです。

2:人前で、やたらに夫のご機嫌をとる

不自然なほど人前で夫を過剰に褒めることも(写真:iStock)
不自然なほど人前で夫を過剰に褒めることも (写真:iStock)

 人前で、やたらに自分の夫のご機嫌をとっている様子が目立つ妻も、DVやモラハラの被害者である可能性が潜みます。

 一般的には、人前で自分の夫をヨイショしたり過剰に褒めたりはしない人が多く、まわりが不自然に感じるほどに夫に気を使っている様子があるときには、ちょっと疑ってみてもいいかもしれません。

 その場にいると「ご主人のこと大好きなんだろうな」「きっと亭主関白なのね」と深刻にはとらえない人も少なくないのですが「夫をご機嫌にさせておけば、自宅に帰ってからも、モラハラやDVをされなくて済む」という、妻の自己防衛策である可能性もあるのです。

3:「そこまでするの!?」というくらい世話をやく

世話をやきすぎているのも要注意(写真:iStock)
世話をやきすぎているのも要注意 (写真:iStock)

 みんなで食事をしているときなどに、夫に対して「そこまでする!?」というくらい、かいがいしく世話をやいている妻も、DVやモラハラの被害者である可能性が潜んでいます、

 本人が嬉々としている場合には、単なるラブラブ夫婦の可能性のほうが高いのですが、妻の顔に影があったり夫の顔色を見ながら気を使っていたりする様子が少しでもあれば、注意深くなってあげたほうがいいケースも少なくありません。

  ◇  ◇  ◇

 今どきは「男の後ろを3歩下がってついていく」タイプの女性も減少傾向なのが実情ですし、他人の前で夫に痴話喧嘩をふっかける女性も少数派でしょう。

 で、あるにもかかわらず、女友達のこんな様子が目につくようなら、密かなるSOSサインを出していると疑ってみてもいいと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ