鬼嫁で構いません! イジワル姑へのジワジワ効く復讐劇3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-22 06:00
投稿日:2019-06-22 06:00
 イジワルな姑にいつもいびられていると「いつか復讐したい……」と、心に決める女性も多いようです。しかし面と向かって仕返しをすると目立つので、こっそり・ひっそりと、誰にもわからないよう復讐するお嫁さんも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなお嫁さんたちの復讐劇を3選ご紹介します。

1:塩だらけのおかゆ

お嫁さんたちの密かな復讐とは(写真:iStock)
お嫁さんたちの密かな復讐とは (写真:iStock)

「姑と、二世帯住宅で同居を始めたんですけど、私のことを嫌いだと宣言し、とにかく朝から晩まで、これでもかってくらいに嫌がらせをされてきました。でも今は、そんな姑も高齢になって、だんだんと食欲も落ちてきています。ところが、口だけは相変わらず達者。私に毎日おかゆをリクエストしてくるのですが、その味付けが“薄い”と文句を言うので、それならばと、塩をドバドバに入れて食べさせています。

 舌が麻痺しているのか、辛い味付けが好きなのか、かなり塩を入れても平気で食べていますね。塩分過多なのは承知ですが、これまで私を散々いびってきた女の健康管理なんて、私の知ったことではありませんから」(42歳女性)

 毎日、塩分たっぷりの食事を平然と差し出す復讐劇とは……。想像しただけで背筋が凍りますが、姑の希望を叶えてあげているという大義もあるのでしょう。

2:虫を部屋にリリース

虫を姑の部屋にリリース(写真:iStock)
虫を姑の部屋にリリース (写真:iStock)

「舅の他界を機に、姑と同居を始めたのですが、とにかくキツイ姑で参っています。外出も許可制、服装や髪型にも口出しをしてきて、私のメンタルがおかしくなりそうです。夫はマザコンで頼りにならず、姑の言いなりで、もうウンザリ。

 そんなある日、庭で毛虫を見つけたので、なんとなく部屋に持ち帰って、姑の椅子に置いてみたんです。そうしたら、その様子を見て姑が大騒ぎ! 虫が苦手なようで、虫がいる間は、私へのイジメをストップさせ、虫と格闘してくれることがわかりました。これに味をしめた私は、それ以来、庭で虫を探しては、姑の部屋にそっと放っています」(39歳女性)

 庭の虫を部屋に放つのは、褒められた行為ではないものの、イジメから身を守るための術になってしまったようです。いろんな虫が部屋に増えていくと考えると、ジワジワと不気味です……。

3:孫に“おばあちゃま、嫌い”と言わせました

子供を巻き込むのは気が引けるけど…(写真:iStock)
子供を巻き込むのは気が引けるけど… (写真:iStock)

「孫の前ではよき祖母を演じるくせに、私の顔を見れば文句しか言わない姑に、ほとほと愛想が尽きてました。二世帯住宅を建てて一緒に住んでいるので、姑は朝から晩まで、うちのスペースに来て入り浸っているのです。どうにかして距離を置きたいと思った私は、悪いと思いつつも、子供に協力してもらうことに。

 それまでは、子供の前ではメソメソせずに明るい顔を見せるよう努めていたのですが、あえて子供の前で涙を流し、『ママ、どうしたの?』と心配させるよう仕向けました。『実は、おばあちゃまに、イジメられている』、『おばあちゃまが、ママにひどいことをするの』と子供に打ち明けてみると、その日から子供の姑への態度が一変。うちのスペースに来た途端に『シッシッ』と追い返そうとするうえに、面と向かって『おばあちゃま、大嫌い』と言うようになりました。子供には申し訳ないし、姑は慌てふためいていますが、ザマアミロです」(42歳女性)

 子供を巻き込むのはいけないとわかりつつも、どうしようもなくなり、禁断の復讐劇に出た妻も。孫がかわいくて仕方のない姑にしてみれば、これほどのダメージはないかもしれません。

  ◇  ◇  ◇

 イジワルな姑に「やられっぱなし」だったお嫁さんでも、あるときに復讐劇に出ることもあるみたいです。肯定できる行為ばかりではありませんが、それほどまでにお嫁さんを追い詰める姑も、どうなのでしょうか……。

ラブ 新着一覧


自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ