こんな男なら別れて! 考える時間も惜しい“ダメ彼氏”の特徴

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-06-17 20:08
投稿日:2019-06-16 06:00
 女性のことを男は「理解できない」と言います。しかし、私たち女性からすると「男だって!」と憤慨したくなる時がありますよね。ただ彼氏という甘い響きや可能性を手放したくないという思いで、別れたくない時もあるはず。しかし、それが時間の無駄と思えるようなダメ彼氏もいます。
 そのようなダメ彼氏は、付き合っていて自慢になるどころか女性の未来をダメにする可能性も。そのような彼氏とは別れることを検討する必要もあります。そこでダメな彼氏を“嫌いになった瞬間”について、世の女性のエピソードを紹介します。

彼氏と別れることで得られる幸せがある

ダメ彼氏は時間のムダ?(写真:iStock)
ダメ彼氏は時間のムダ? (写真:iStock)

「趣味より俺でしょ?」

「私が次のデートで別れようと思っている彼氏は、私の趣味の時間を奪う人です。一人でカフェに行ったり、家に帰ってきてからもテレビを見たりと私は一人が好きなんです。それとなく彼に“今、テレビ見てるから後で連絡するね”と言ったことがあります。そうしたら“恋の駆け引きか何かかな? 趣味より俺なのは分かってるからね”って。自分が私を独占したいことを、私に押し付けてくる感じがイラってくる。無事に彼氏と別れることができたら、一人をしばらく楽しみたいです」(Uさん・25歳女性)

 勘違いしている男は「彼女は自分のことを愛してやまない」という自意識が過剰です。女性としては、すでに“付き合ってやってる感覚”なだけに余計イライラするようです。このような勘違い男は、自分が避けられているなんて思いもしません。

「デートに遅れたのは部長が…」

「仕事がありますから、デートに遅刻しちゃうのも分かります。でも元彼って、絶対謝らないんですよ。“部長が仕事を押し付けてきて”って。そのあとに“ごめん”はないんですよ。私は、2時間待ってるんですよ? 信じられないですよね。男の人だからこそ、きちんと謝ってくれる男性は好感が持てるもの。結局しっくりこなくてその彼氏と別れることを選択しました」(Iさん・32歳女性)

 責任を他の人になすりつける男は、誠実さがありません。女性は、結婚をして子供を育てたりと、パートナーの力を借りる場面もあります。しかし、このような男性は、“肝心な場面で逃げる男”でもあるので注意すべきです。

どれだけ待っても…(写真:iStock)
どれだけ待っても… (写真:iStock)

「お前は俺の女だろ」

「私は人と接する仕事をしています。今の会社では立場もあるし、仕事をやめる気はありません。仕事場にいても私が男性と話すのが気に食わないのか、デートの際には“男と仕事場で、なんの話してるの?”って聞いてくるんですよ。一回“なんでそんなこと聞いてくるの?”って聞いたら、“お前は俺の女だろ?”って。くだらなさすぎてその場で彼氏に“別れる”と切り出し帰りました」(Hさん・28歳女性)

 このような男性は、自分が一番優れていると思っている“プライド高き男”です。いつまでも中二病であるのが特徴で、自分が他の男より優れていると思い込んでおり、そのため彼女に対して見下した発言をしがちです。横柄な態度をとるわりには、大したことない男であることも多いですよね。

「片付けてくれるよね?」

「同棲して3年の彼氏がいました。3年目に交際が差し掛かったところから、彼がだんだんとだらしなくなってきたんです。洋服も脱いだら、そこに置いたまま。ムカついたので、ある日から放置しておきました(笑)。一週間後に彼から“片付けてくれるよね?”って。年齢的に結婚を考えていましたが、その場でキレてしまい……。今は別の男の人と付き合ってます」(Mさん・38歳女性)

 女性の母性本能を信じてやまない“だらしない男”も存在します。女性ならではの包容力や機転のよさを利用し、自分は楽な方向へ逃げる男でしょう。そもそも女性だって、いい男だから“やってあげようかな”ということもありますよね。女性だって、男性の身の回りをお世話する、ただのボランティアではありません。

「もう付き合えない」彼氏と別れる方法3つ

スムーズに別れたい(写真:iStock)
スムーズに別れたい (写真:iStock)

 彼氏との未来を諦めたはいいけど、ダメ男なだけに簡単に別れを受け入れてくれないこともありますよね。そんな時に使える別れの切り出し方をシェアします。

1. 嫌いなところを素直に指摘する

 気が弱い男は、女性の優しさに甘えてしまい、別れを受け入れてくれないこともあります。そのため、嫌いなところを素直にぶつけることで、たじろいで別れを受け入れてくれることも。

 なかには「直すから……」と、すがってくる男もいます。しかし、彼らは“一人になるのが怖いだけ”なので、真に受けないようにしましょう。女性の「こいつとは、付き合っていけない」という直感の方が、よほど信じられますよ。

2. 彼への連絡を徐々に減らす

 別れを切り出した瞬間に「もうこの話はやめよう」といって、自分勝手に別れ話を打ち切るダメ男は、別れるのが難しい男の一種です。このような男に、懇々と別れ話をしたところで時間の無駄です。このような男は連絡を徐々に減らすことで、自然消滅を狙いましょう。

 彼から「どうして最近、連絡くれないの?」と言われた時だけ「忙しいから」といつもの様子で返しておけば、話を逸らされる心配もないです。付き合っていて、なんのメリットもないので彼の気持ちが別れに傾くのも時間の問題でしょう。

3. プライドを粉砕してあげる

 何か勘違いしてる男性が、たまにいますよね。「俺の気を引きたいから、別れ話をしてんだろ?」と得意げになっている男性です。このような男性はプライドが高く、自分が否定されるのを拒む傾向があります。女性としては「いやいや、私は本心で別れたいと思ってるんだよ」とイライラすること間違いなしです。高圧的に話してくるので「またその話か……」と言われることもあります。

 この時に「そういう高圧的に話してきて、大人げないところと私の本心まるで無視な感じがいただけない。だいたい……」とプライドをズタズタに砕いてあげましょう。プライドを保てなくなった男性は別れを受け入れてくれることも。このような彼氏は自尊心の高さから逆ギレもありえるので、周囲の目があるところで別れることを切り出すのがベストです。

潔さも肝心! 彼氏と別れることで掴める幸せも

別れる選択で新しい人生を(写真:iStock)
別れる選択で新しい人生を (写真:iStock)

 女性は多くのことを処理し、同時に考えることができます。そのため別れる時も「付き合いきれない」と思いながらも、男性に対して後ろめたさや思いやりを持ってしまうものでしょう。とても素敵な心遣いですがダメ彼氏には、いつまでたっても別れることを理解されない原因になってしまうことも。

 ダメ彼氏の気持ちを考えてあげられるくらい素敵な女性だからこそ、別れる選択を選ぶことで他の男性と幸せになる権利もあることを自覚しましょう。ダメ男に搾取されすぎてはいけませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ