磯野貴理子さんの離婚に揺れる 年下男子と恋愛中の年上女性

内藤みか 作家
更新日:2019-06-17 06:00
投稿日:2019-06-17 06:00
 タレントの磯野貴理子さんが24歳年下のバーテンダーの男性と離婚したニュースに衝撃を受けている人が少なくありません。そのなかには年下男性と恋愛をしている女性たちもいます。心中おだやかでないのは離婚理由。年下の男性側が「自分の子どもを欲しい」と発言したところにありました。

子どもの件はわかっていたはずなのに

磯野貴理子さんの離婚は他人事じゃない(C)コクハク
磯野貴理子さんの離婚は他人事じゃない (C)コクハク

「子どもを持つことが難しいということは、結婚した時からわかっていたはずじゃないの!」

 20歳年下の男性と交際する40代の女性は、この離婚をどうしても他人事とは思えない様子で憤っていました。磯野さんがこの男性と再婚したのは48歳。出産はなかなか難しい年齢であるということは、最初からわかっていたはずだと彼女は主張します。

「子どもが離婚の理由だなんて、それは少しおかしい」というのが彼女の論。「子どもが欲しくても恵まれない夫婦のなかには養子縁組を選ぶ人もいる。それなのに自分の子どもが欲しいなんてワガママ言い出すなんて、常識を疑う」と言うのです。この離婚理由は多くの年上女性にモヤモヤを与えてしまったようです。結婚する前に2人で将来計画を話し合ったのではないかと思うのですが、磯野さんとその男性の間では子どもについてどのような話がされたのかは、たしかに気になるところです。

ほかの女性と結婚するということ

ただ子どもが欲しいから若い女性に?(写真:iStock)
ただ子どもが欲しいから若い女性に? (写真:iStock)

 子どもは、ひとりでは授かりません。つまり、この年下男性は「磯野さんより若い女性と再婚し、自分の子どもを産んでもらう」と考えているのではないでしょうか。こう考えると不可解ではあります。一度は生涯寄り添うつもりで結婚した仲の年上女性と、ただ子どもが欲しいからといって別れ、他の女性に走るなどということは、普通はしないだろうからです。

 それに、女性は子どもを産む道具ではありません。万が一その彼が若い女性と再婚したとして、その女性が体質などの問題で出産が難しいとわかった場合は、どうなるのでしょうか。この男性は再び「自分の子どもが欲しいから」と新しい妻に別れを切り出すのでしょうか。子どもが産めない女性とは別れるという考えかたであるとしたら、あまりにも自分勝手すぎるのではないでしょうか。

年下男性に抱く申し訳なさ

年上女性は申し訳なさを抱え交際している(写真:iStock)
年上女性は申し訳なさを抱え交際している (写真:iStock)

 今回の離婚が多くの年上女性の気持ちを揺らしたのは「年齢的に出産が難しいかもしれないけれど年下男性と付き合っている自分」という日頃の悩みを目の当たりにしたからかもしれません。年上女性たちは「私は彼の子どもを産むことができないかもしれない」という申し訳なさを抱えながら、年下男性と交際しています。彼に対して「子どもが欲しいのなら若い女の人のところに行ってもいいのよ」と語りかける女性は少なくありません。

 最近、筆者まわりでは、年下の男性に熱烈に結婚を迫られ、戸惑っている年上女性の話をちらほら聞きます。彼の母親とそう変わらない年齢の女性などは特に「彼の両親が結婚を許してくれないのではないか」と心配し、躊躇しています。そこにはやはり彼の子どもを産めないかもしれないという負い目があるのです。そうした繊細な問題が、今回の「自分の子ども欲しい離婚」で一気に表に出てきたからこそ、衝撃を受けているのでしょう。

真実は2人だけが知っている

年下男性がコメントを出す日は?(写真:iStock)
年下男性がコメントを出す日は? (写真:iStock)

 年下男性と年上女性との恋愛について長く取材してきた筆者にも「自分の子どもが欲しい」と別れ話を切り出した男性の話は過去に一度も聞いたことがありません。逆に「私は子どもが産めないから」としりごみする女性に「それでも構わない」と求愛を続ける男性なら何人もいます。フランスのマクロン大統領も24歳年上の高校時代の女性教師と結婚しましたが、彼の母親に子どもの件で忠告されても決して愛を諦めることはなかったのです。本当に愛し合う2人であれば、子どもがいてもいなくても、末永く幸せに暮らせるのではないでしょうか。

 ただ、今回の離婚についてコメントしているのは現段階では磯野さんだけ。年下男性はコメントを出していません。プライベートなことですので、離婚の本当の理由を知っているのは当事者の2人だけでしょう。離婚というのは双方の主張が大きく食い違うことがしばしばあります。なので、本当は年下男性のコメントを見て、公平に判断したいところですが、年下男性がコメントを出す日は来るのでしょうか。

ラブ 新着一覧


FILM
 昨今は共働きの夫婦も一般的。ですが、鬼嫁の中には、夫に寄生する人生を好む女性もチラホラ見受けられます。 そして、そん...
並木まき 2019-11-22 06:00 ラブ
FILM
 街はいよいよクリスマスムード。夜はイルミネーションがきらめき、ショーウインドーはクリスマスの飾りつけで華やいでいます。...
七海 2019-11-22 06:00 ラブ
FILM
 別れは突然訪れるものとはいえ、大好きな彼氏から前触れもなく別れを切り出された時には頭を金槌で打たれたような鈍い衝撃が走...
東城ゆず 2019-11-21 15:52 ラブ
FILM
 年下男性と出会いたい!だけどどこで出会ったらいいのかわからない。そんな悩みを抱いている女性が大勢います。そしてマッチン...
内藤みか 2019-11-21 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼氏と突然連絡が取れなくなったら、不安になってしまいますよね。この間会った時は普通に接していたのに……と、訳が...
孔井嘉乃 2019-11-20 06:00 ラブ
FILM
「美醜格差」という言葉が囁かれて久しい昨今、容姿の良さと性格の良悪に因果関係はあるのでしょうか。筆者自身、CA、モデル、...
蒼井凜花 2019-11-20 10:58 ラブ
FILM
「彼氏にするなら、頼り甲斐のある年上男性が良い!」そう思う女性は多いでしょう。でも、実は年下彼氏には良さがたくさんあるん...
FILM
 独身の人や婚活している人は、どうしても結婚がゴールというイメージになりがちですが、実は結婚してからの方が終わりなき長い...
田中絵音 2019-11-19 06:00 ラブ
FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ