磯野貴理子さんの離婚に揺れる 年下男子と恋愛中の年上女性

内藤みか 作家
更新日:2019-06-17 06:00
投稿日:2019-06-17 06:00
 タレントの磯野貴理子さんが24歳年下のバーテンダーの男性と離婚したニュースに衝撃を受けている人が少なくありません。そのなかには年下男性と恋愛をしている女性たちもいます。心中おだやかでないのは離婚理由。年下の男性側が「自分の子どもを欲しい」と発言したところにありました。

子どもの件はわかっていたはずなのに

磯野貴理子さんの離婚は他人事じゃない(C)コクハク
磯野貴理子さんの離婚は他人事じゃない (C)コクハク

「子どもを持つことが難しいということは、結婚した時からわかっていたはずじゃないの!」

 20歳年下の男性と交際する40代の女性は、この離婚をどうしても他人事とは思えない様子で憤っていました。磯野さんがこの男性と再婚したのは48歳。出産はなかなか難しい年齢であるということは、最初からわかっていたはずだと彼女は主張します。

「子どもが離婚の理由だなんて、それは少しおかしい」というのが彼女の論。「子どもが欲しくても恵まれない夫婦のなかには養子縁組を選ぶ人もいる。それなのに自分の子どもが欲しいなんてワガママ言い出すなんて、常識を疑う」と言うのです。この離婚理由は多くの年上女性にモヤモヤを与えてしまったようです。結婚する前に2人で将来計画を話し合ったのではないかと思うのですが、磯野さんとその男性の間では子どもについてどのような話がされたのかは、たしかに気になるところです。

ほかの女性と結婚するということ

ただ子どもが欲しいから若い女性に?(写真:iStock)
ただ子どもが欲しいから若い女性に? (写真:iStock)

 子どもは、ひとりでは授かりません。つまり、この年下男性は「磯野さんより若い女性と再婚し、自分の子どもを産んでもらう」と考えているのではないでしょうか。こう考えると不可解ではあります。一度は生涯寄り添うつもりで結婚した仲の年上女性と、ただ子どもが欲しいからといって別れ、他の女性に走るなどということは、普通はしないだろうからです。

 それに、女性は子どもを産む道具ではありません。万が一その彼が若い女性と再婚したとして、その女性が体質などの問題で出産が難しいとわかった場合は、どうなるのでしょうか。この男性は再び「自分の子どもが欲しいから」と新しい妻に別れを切り出すのでしょうか。子どもが産めない女性とは別れるという考えかたであるとしたら、あまりにも自分勝手すぎるのではないでしょうか。

年下男性に抱く申し訳なさ

年上女性は申し訳なさを抱え交際している(写真:iStock)
年上女性は申し訳なさを抱え交際している (写真:iStock)

 今回の離婚が多くの年上女性の気持ちを揺らしたのは「年齢的に出産が難しいかもしれないけれど年下男性と付き合っている自分」という日頃の悩みを目の当たりにしたからかもしれません。年上女性たちは「私は彼の子どもを産むことができないかもしれない」という申し訳なさを抱えながら、年下男性と交際しています。彼に対して「子どもが欲しいのなら若い女の人のところに行ってもいいのよ」と語りかける女性は少なくありません。

 最近、筆者まわりでは、年下の男性に熱烈に結婚を迫られ、戸惑っている年上女性の話をちらほら聞きます。彼の母親とそう変わらない年齢の女性などは特に「彼の両親が結婚を許してくれないのではないか」と心配し、躊躇しています。そこにはやはり彼の子どもを産めないかもしれないという負い目があるのです。そうした繊細な問題が、今回の「自分の子ども欲しい離婚」で一気に表に出てきたからこそ、衝撃を受けているのでしょう。

真実は2人だけが知っている

年下男性がコメントを出す日は?(写真:iStock)
年下男性がコメントを出す日は? (写真:iStock)

 年下男性と年上女性との恋愛について長く取材してきた筆者にも「自分の子どもが欲しい」と別れ話を切り出した男性の話は過去に一度も聞いたことがありません。逆に「私は子どもが産めないから」としりごみする女性に「それでも構わない」と求愛を続ける男性なら何人もいます。フランスのマクロン大統領も24歳年上の高校時代の女性教師と結婚しましたが、彼の母親に子どもの件で忠告されても決して愛を諦めることはなかったのです。本当に愛し合う2人であれば、子どもがいてもいなくても、末永く幸せに暮らせるのではないでしょうか。

 ただ、今回の離婚についてコメントしているのは現段階では磯野さんだけ。年下男性はコメントを出していません。プライベートなことですので、離婚の本当の理由を知っているのは当事者の2人だけでしょう。離婚というのは双方の主張が大きく食い違うことがしばしばあります。なので、本当は年下男性のコメントを見て、公平に判断したいところですが、年下男性がコメントを出す日は来るのでしょうか。

ラブ 新着一覧


「ひとりが楽」って本心?1mmでも結婚したいならすべきこと
 おひとり様生活が長いと、心地よいライフスタイルが確立しますよね。「やっぱりひとりが楽!」なんて思いながらも、心のどこか...
恋バナ調査隊 2022-12-06 06:00 ラブ
婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ