磯野貴理子さんの離婚に揺れる 年下男子と恋愛中の年上女性

内藤みか 作家
更新日:2019-06-17 06:00
投稿日:2019-06-17 06:00
 タレントの磯野貴理子さんが24歳年下のバーテンダーの男性と離婚したニュースに衝撃を受けている人が少なくありません。そのなかには年下男性と恋愛をしている女性たちもいます。心中おだやかでないのは離婚理由。年下の男性側が「自分の子どもを欲しい」と発言したところにありました。

子どもの件はわかっていたはずなのに

磯野貴理子さんの離婚は他人事じゃない(C)コクハク
磯野貴理子さんの離婚は他人事じゃない (C)コクハク

「子どもを持つことが難しいということは、結婚した時からわかっていたはずじゃないの!」

 20歳年下の男性と交際する40代の女性は、この離婚をどうしても他人事とは思えない様子で憤っていました。磯野さんがこの男性と再婚したのは48歳。出産はなかなか難しい年齢であるということは、最初からわかっていたはずだと彼女は主張します。

「子どもが離婚の理由だなんて、それは少しおかしい」というのが彼女の論。「子どもが欲しくても恵まれない夫婦のなかには養子縁組を選ぶ人もいる。それなのに自分の子どもが欲しいなんてワガママ言い出すなんて、常識を疑う」と言うのです。この離婚理由は多くの年上女性にモヤモヤを与えてしまったようです。結婚する前に2人で将来計画を話し合ったのではないかと思うのですが、磯野さんとその男性の間では子どもについてどのような話がされたのかは、たしかに気になるところです。

ほかの女性と結婚するということ

ただ子どもが欲しいから若い女性に?(写真:iStock)
ただ子どもが欲しいから若い女性に? (写真:iStock)

 子どもは、ひとりでは授かりません。つまり、この年下男性は「磯野さんより若い女性と再婚し、自分の子どもを産んでもらう」と考えているのではないでしょうか。こう考えると不可解ではあります。一度は生涯寄り添うつもりで結婚した仲の年上女性と、ただ子どもが欲しいからといって別れ、他の女性に走るなどということは、普通はしないだろうからです。

 それに、女性は子どもを産む道具ではありません。万が一その彼が若い女性と再婚したとして、その女性が体質などの問題で出産が難しいとわかった場合は、どうなるのでしょうか。この男性は再び「自分の子どもが欲しいから」と新しい妻に別れを切り出すのでしょうか。子どもが産めない女性とは別れるという考えかたであるとしたら、あまりにも自分勝手すぎるのではないでしょうか。

年下男性に抱く申し訳なさ

年上女性は申し訳なさを抱え交際している(写真:iStock)
年上女性は申し訳なさを抱え交際している (写真:iStock)

 今回の離婚が多くの年上女性の気持ちを揺らしたのは「年齢的に出産が難しいかもしれないけれど年下男性と付き合っている自分」という日頃の悩みを目の当たりにしたからかもしれません。年上女性たちは「私は彼の子どもを産むことができないかもしれない」という申し訳なさを抱えながら、年下男性と交際しています。彼に対して「子どもが欲しいのなら若い女の人のところに行ってもいいのよ」と語りかける女性は少なくありません。

 最近、筆者まわりでは、年下の男性に熱烈に結婚を迫られ、戸惑っている年上女性の話をちらほら聞きます。彼の母親とそう変わらない年齢の女性などは特に「彼の両親が結婚を許してくれないのではないか」と心配し、躊躇しています。そこにはやはり彼の子どもを産めないかもしれないという負い目があるのです。そうした繊細な問題が、今回の「自分の子ども欲しい離婚」で一気に表に出てきたからこそ、衝撃を受けているのでしょう。

真実は2人だけが知っている

年下男性がコメントを出す日は?(写真:iStock)
年下男性がコメントを出す日は? (写真:iStock)

 年下男性と年上女性との恋愛について長く取材してきた筆者にも「自分の子どもが欲しい」と別れ話を切り出した男性の話は過去に一度も聞いたことがありません。逆に「私は子どもが産めないから」としりごみする女性に「それでも構わない」と求愛を続ける男性なら何人もいます。フランスのマクロン大統領も24歳年上の高校時代の女性教師と結婚しましたが、彼の母親に子どもの件で忠告されても決して愛を諦めることはなかったのです。本当に愛し合う2人であれば、子どもがいてもいなくても、末永く幸せに暮らせるのではないでしょうか。

 ただ、今回の離婚についてコメントしているのは現段階では磯野さんだけ。年下男性はコメントを出していません。プライベートなことですので、離婚の本当の理由を知っているのは当事者の2人だけでしょう。離婚というのは双方の主張が大きく食い違うことがしばしばあります。なので、本当は年下男性のコメントを見て、公平に判断したいところですが、年下男性がコメントを出す日は来るのでしょうか。

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、...
ミクニシオリ 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
 せっかく告白をするなら、誰だって「OK」をもらいたいものでしょう。告白に成功するためには、どんな伝え方をするかも重要。...
恋バナ調査隊 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ